ハードウェア
「コンピュータ概論」でやった
①コンピュータの種類
②入力装置
③出力装置
④入出力インタフェース
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
1
①コンピュータの種類(p208)
企業
B.汎用コンピュータ
A.スーパーコンピュータ
(事務処理用+科学技術計算用)
(出典)コンピュータ博物館
E.パーソナルコンピュータ
C.ビジネスサーバ
『ハードウェア』
D.ワークステーション
(ソフトウェア開発、CAD)
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
2
サーバの形状
タワー
ブレード
ラックマウント(19inch)
(出典)コンピュータ博物館、IBM
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
3
②入力装置(p209)
キーボード
ポインティングデバイス
位置を指示
ディジタイザ
マウス
ディジタイザ、ペンタブレット
タッチパネル
イメージ入力
スキャナ
バーコードリーダ
OCR、OMR
ディジタルカメラ
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
ペンタブレット
4
③出力装置(p210)
ディスプレイ(RGB)
CRT(電子銃、労働衛生)
液晶(TFT、STN)
• 電圧で分子配列を変える、発光しない
• バックライト
有機EL
これから
• 電圧で自ら発光
解像度(VGA、SVGA、・・・)
• XGA:1024x768(画素数、p222)
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
(SXGA)
5
プリンタ(CMY、p210)
インパクト
ノンインパクト: インクジェット、レーザ
性能:
• dpi(p210)
印字単位:
• cps
• ppm
『ハードウェア』
Dots/inch
文字、ページ
Characters/秒
Pages/分
ページ単位
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
6
④入出力インタフェース
(p176~)
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
7
(1)シリアルインタフェース(p176)
1ビットずつ転送する
規格
RS-232C
• モデム、マウス
USB
• ホットプラグ
• バスパワー方式もある
IEEE1394
• ホットプラグ、63台まで
• 画像、DVDなど大容量高速
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
8
(2)パラレルインタフェース(p177)
複数ビットまとめて転送する
長距離転送には不向き
規格
IEEE1284(セントロニクス)
• プリンタ
SCSI(スカジー)
• 直列
• ターミネータが必要
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
9
(3)無線インタフェース(p178)
IrDA(赤外線)
1m
Bluetooth(電波)
10m
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
10
(4)インタフェース・ソフトウェア(p177-178)
デバイスドライバ
周辺装置を利用できるようにするソフトウェア
• OS・コンピュータの機種に応じて
• 利用に先立って“インストール”する
プラグアンドプレイ(PnP)
OSが自動認識する仕組み
• 事前“インストール”は不要
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
11
ヒューマンインタフェース
①ヒューマンインタフェース技術
②インタフェース設計
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
12
①ヒューマンインタフェース技術
(p214~)
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
13
GUI(p215)
⑦リストボックス
②ポップアップ
メニュー
①プルダウン
メニュー
③ラベル
⑤ラジオボタン
(vs⑥チェックボックス)
④テキスト
ボックス
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
14
②インタフェース設計
(p215~)
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
15
(1)画面設計技術(p215)
画面レイアウト
標準化
画面遷移
体系化(迷子にならないように)
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
16
入力データのチェック(p216)
ニューメリック(数値)チェック
シーケンスチェック
重複チェック
フォーマット(様式)チェック (例:2014/5/24)
論理チェック
(例:2月30日)
レンジ(リミット)チェック
チェックディジットチェック
照合(マスタ)チェック
『ハードウェア』
入力データにミス
→結果は不正確
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
17
CheckDigit
コード入力の際の「入力ミス」を防ぐ
コードにCheckDigitを付加しておく
方式
7チェック
• (コード ÷ 7) の余り を付加する
近大の
MailAddress
0711510318t
@kindai.ac.jp
例(12345の場合)
• 12345 ÷ 7 =1763 余り 4
• コード=123454
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
18
(2)Webデザイン(p216)
Cascading Style Sheetの利用
Webの見栄えを統一するシート
HTMLとは分離して設定する
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
19
(3)ユニバーサルデザイン(p217)
国、文化
性別、年齢
障害の有無
Webアクセシビリティ
すべての人が使えるような設計
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
20
End
『ハードウェア』
(C)Copyright, Toshiomi KOBAYASHI,2009-2015
21
ダウンロード

ハードウェア