テンシオメータの構造
脱気水
水銀柱
x
L
d
ポーラス
カップ
水銀溜
テンシオメータの測定原理
*最初設置したときはテ
ンシオメータ内は大気圧
x
L
d
Φm
*土壌水分は負圧な
のでカップ内の水に
吸引圧がかかる
*テンシオメータ内の圧力が大
気圧以下に下がる
*低下した圧力の分だけ,水
銀が上昇する
マトリックポテンシャル水頭の求め方
A点のトータル水頭
TA   pA   gA
x
A
 pA    m gx
 gA   w g x  L 
L
B点のトータル水頭
TB  mB   gB
d
B
 gB    w gd
マトリックポテンシャルの求め方
(A点のトータル水頭)= (B点のトータル水頭)
 w g x  L    m gx    w gd  mB
mB
  m 



m
 x  L  d 
  w g  x  L 
x  d    w g 1 
w


  w 

ポテンシャル水頭で表すと

H
w g
H mB
なので
mB   m 
 x  L  d

 1 
w g  w 
 12.6 x  L  d
水銀の密度は13.6x103 kg m-3
テンシオメータ測定例
Under crops
ダウンロード

テンシオメータの構造