持続可能な中国環境ビジネス
~循環型社会の構築に向けて~
日本大学経済学部 米澤聡士ゼミナール
日下部 裕隆
西河 紀仁
増山 直子
金本 千晶
張 丹
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
概要
Ⅰ.中国環境と『夢』
Ⅱ.産業廃棄物処理の重要性
Ⅲ.産業廃棄物の現状
Ⅳ.現行の処理システム
Ⅴ.ビジネスモデル
Ⅵ.問題点に対する打開策
Ⅶ.ビジネスメリット
Ⅷ.将来像
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
NASA人工衛星による一酸化炭素排出マップ
中国環境の悪化
http://visibleearth.nasa.gov/view_rec.php?vev1id=25042
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
中国環境問題解決と「夢」
「夢」
環境問題の解決・向上は、中国国民全体の「夢」
人類全体にとっての「夢」
「ビジネス」により実現する事が、私たちの「夢」
世界環境の改善に繋がり世界の人々の「夢」
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
環境問題解決のために・・・
環境問題解決→ 3Rへのシフト → 産業廃棄物の適正中間処理
産業廃棄物処理の選択要因
①短いスパンでの環境改善効果が期待できる
②製造業が活発な中国で重要性が大きい
③中国進出している企業は処理事業のみのビジネス展開
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
産業廃棄物処理状況
96.6%
1.8%
1.3%
埋立て処理
焼却処理
コンポスト処理
*環境省(http://www.env.go.jp/policy/env.business/index.html)による統計から作成
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
産業廃棄物運搬量
120,000
6%の増加
100,000
長江デル
タ地区
15~20%
増加
7%の増加
80,000
60,000
廃棄物量
40,000
20,000
0
1999年
2001年
2003年
*環境省(http://www.env.go.jp/policy/env.business/index.html)による統計から作成
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
長江デルタ地帯
工場数:
22735
*中国政府公式発表
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
日系企業の参入障壁
Ⅰ.中国でビジネスをする上での事業コストが高い
Ⅱ.日本企業が価格面で競争優位を保つことが困難
→技術面の優位性に価値を認める排出企業が少ない
Ⅲ.ソフト面でのシステム構築がなされていない
Ⅳ.中国法規制の未整備
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
現行の廃棄物処理システム
排出企業
A
a
b
c
排出企業
B
a
b
c
排出企業
C
排出企業
D
積み替え
ステーション
a a
b b
c c
a
a
a
物質A
処理企業
b
b
b
物質B
処理企業
c
c
c
物質C
処理企業
a
b
c
a
b
c
積み替え
ステーション
c c
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
現行の廃棄物処理システム問題点
≪排出企業≫
各廃棄物を多くの処理企業に委託する必要性
収集・運搬企業は小規模であり高価格
→効率面・コスト面での圧迫に繋がる
≪処理企業、収集・運搬企業≫
積み替えが総コストの60%~80%を占める
廃棄物量が確保しにくい
積み替えステーションに廃棄物が蓄積
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
ビジネスモデル
【処理事業と収集運搬事業を包括したビジネスプラン】
長江デルタ地区を取り囲み、規模の経済性の利用
規模の経済性から低価格での取引の可能
→顧客の確保
多数の処理プラントの建設
→より効率的な廃棄物処理を行うことが可能
積み替え作業をなくし、同じ廃棄物のみを収集
→最適化を図ることが出来る
今までに無い市場の形成
→Blue Ocean 戦略の実現
→Value Innovation からの高利益の確保
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
ビジネスモデル
長江デルタ地帯
収集・運搬
排出企業
A
a
b
c
排出企業
B
a
b
c
排出企業
C
a
b
排出企業
D
a
a
a
物質A
処理プラント
b
b
b
物質B
処理プラント
c
c
c
物質C
処理プラント
c
a
b
c
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
ビジネスモデルの問題点(企業リサーチの結果)
問題点
①大規模なビジネス展開でのコスト面
→日本と異なる産業集積=規模の経済性
②多項目の処理プラントの建設からのコスト負荷
→建設コストは高い。しかし、上回るメリットが!
が必要!
③初期段階での顧客の確保の困難
→顧客の選択条件は価格面であるが価格・技術面
での優位を確保することが出来る
Risk Taking
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
ビジネスメリット
環境とビジネスとのWin-Winの関係の構築
排出企業側
①廃棄物排出コストの低下
②企業価値の向上に繋がる
③各廃棄物を多くの業者に頼む必要が無くなる→効率化
ビジネスと環境のWIN-WINの関係
環境
①動脈産業から静脈産業へのシフト
②CO2排出量の減少
③廃棄物適正処理から3Rへ、そして持続可能な発展へ
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
クリーナープロダクション(小循環)
将来のビジネスモデル【持続的循環型社会の形成】
長江デルタ地域
排出企業a
b
A
c
排出企業 a
b
B
c
a
排出企業 b
C
c
排出企業 a
b
D
c
収集・運搬
有機肥料
a
a
a
物質A
処理プラント
b
b
b
物質B
処理プラント
c
c
c
トウモロコシ農家
バイオエタノール
バイオ発電
物質C
バイオプラスチック
処理プラント
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
バイオディーゼル
環境の改善へ
循環型社会
技術(ハード面)
•静脈産業の発展
•廃棄物の有効利用
•再生可能エネルギーの利
用
•日本企業の技術力
→環境負荷を少なくす
る技術
循環型社会の
形成
•廃棄物の適正処理
•技術的プッシュ
中国環境問題解決へ
システム(ソフト面)
•ロジスティックス
→地域環境を考慮したシス
テム
システム
(ソフト面)
技術
(ハード面)
•法制度による義務化
•排出企業の環境への
意識の向上
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
まとめ
人類の「夢」
中国国民の「夢」
私たちの「夢」
Nihon University College of Economics Yonezawa Seminar
ダウンロード

Document