2011年11月13日
~市民が広げる自然エネルギー~
「おひさま発電所」
特定非営利活動法人 きょうとグリーンファンド
(認定NPO法人)
大西 啓子
特定非営利活動法人(認定NPO法人)
きょうとグリーンファンド
会員数 約80名
設 立
2000年11月(NPO法人認証)
認 定
2008年5月認定NPO法人に
 事務所 京都市下京区五条高倉角
 理事
11名
 事務所スタッフ
4名

めざすもの
 定款:
持続可能な社会の実現を目指し、幅
広い市民の参加により自然エネル
ギーの地域への普及、及び省エネル
ギーの促進に関する事業を行い、もっ
て社会全体の利益の増進に寄与する
ことを目的とする。
主な事業
 おひさまプロジェクト
市民参加型おひさま発電所設置に関するサ
ポート/アドバイス
 おひさま基金の管理・運用
 環境学習
既設 おひさま発電所
1号機:法然院・森のセンター/左京区(4kW)・・・01.3
2号機:あけぼの保育園/伏見区(5kW)・・・・・・・・02.2
3号機:清仁保育園/城陽市(5kW)・・・・・・・・・・・・03.1
4号機:清心保育園/城陽市(5kW)・・・・・・・・・・・・03.2
5号機:夢窓幼稚園/右京区(5kW)・・・・・・・・・・・・04.1
6号機:陵ヶ岡保育園/山科区(5kW)・・・・・・・・・04.12
7号機:春日野園/伏見区(5kW)・・・・・・・・・・・・・05.1
8号機:大宮保育園/北区(10kW)・・・・・・・・・・・・・06.1
9号機:かがやき保育園/伏見区(10kW)・・・・・・06.12
10号機:妙林苑/北区(10kW)・・・・・・・・・・・・・・・07.5
11号機:つくし保育園/伏見区(4kW)・・・・・・・・・・08.2
12号機:向島保育園/伏見区(10kW)・・・・・・・・・09.1
13号機:アースガーデン/美山町(5kW)・・・・・・・・09.9
14号機:大宅保育園/山科区(10kW)・・・・・・・・・・10.1
15号機:自然幼稚園/右京区(10kW)・・・・・・・・・・11.3
おひさま基金の仕組み
~無理なく続けて参加できる仕組み~
会員
幼稚園
保育園 など
おひさまプロジェクト
参加者
京グリーン電力制度
などからの寄付
おひさま基金
補助金
おひさま発電所
設置のながれ
1 設置場所の選定・決定 ← 公募
2 協議テーブルをつくる
(設置施設・きょうとグリーンファンド)
3 補助金申請
4 説明会・ミニ学習会
(スタッフ・関係者・保護者対象)
5 プロジェクト参加キャンペーン
6 点灯式/ミニ学習会
7 まとめ
8 環境学習のプログラム実施
おひさま発電所 資金計画
 市民からの寄付・・・プロジェクト寄付
 おひさま基金・・・一般寄付、既設発電所
 補助金、助成金
 設置予定施設の資金
きょうとグリーンファンド
市民参加型おひさま発電所の
 オリジナルの電力表示盤 ポイント
日常的に関心を持ち続けるためのツール

寄付金方式
市民から(省エネ分)の寄付「おひさま基金」

継続した環境学習
 設置後はおひさま基金に協力
環境学習のテーマ
地球温暖化
自然エネルギー
 太陽光発電
省エネ/節電
 雨水利用
ごみを減らす
 グリーンコンシューマーになるには
 どんな食べ物を選ぶ?
 教材づくり
など

どんな幼稚園、保育園に・・・
 環境マインドを持った職員に
 環境配慮型の施設に
 地域に発信できる施設
 子どもから家庭へ、地域へ
おひさま発電所は
無理なく誰もが参加できる仕組み(市民参加方式)
で、日ごろの暮らしを見直すきっかけをつくる
 地域の環境学習拠点として
教材づくり、行事のエコ化、エコな生活習慣
園児→家庭→地域へ波及
 環境に配慮する施設として整備が進む
雨水タンク設置、野菜作りなどに発展
 ハードを活かしながらソフト面で工夫をこらす

ダウンロード

ダウンロード