2010年の夏期の高温による
水田土壌窒素発現への影響
○横山克至・齋藤寛*・中川文彦**・熊谷勝巳
(山形農総研セ・*同水田農試・**山形県村山総合支庁)
背景および目的

2010年は水稲生育期間が記録的な異常高温
となり、特に玄米品質や食味特性への影響
が大きかった。

穂肥の時期である7月に葉色が濃くなり、施
肥対応が難しかった。

異常高温年次における水田の土壌窒素発現
の特徴を明らかにし、対応技術構築の資とす
る。
2010年の水稲作柄の概要
乾土効果はやや小さい
 茎数は少なく、穂数は平年並~少、
1穂籾数は平年並~やや多
 ㎡当籾数は平年並~やや少
 作況指数:100(山形県)
 高温登熟となり品質は不良
(県1等米比率74.7%:2011年1月末現在)
 粗玄米中タンパク質含有率は高
(県作況圃はえぬき7.6%:過去13年間で
3番目に高い)

2010年の気温
地点
(観測期間)
山形
(1889.7~)
酒田
(1937.1~)
新庄
(1958.6~)
2010年の平均気温(℃)および観測史上順位
6 月
7 月
8 月
6~8月
21.7
(4位)
20.8
(6位)
20.6
(2位)
25.5
(8位)
25.5
(2位)
24.7
(2位)
27.7
(1位)
27.9
(1位)
26.7
(1位)
25.0
(1位)
24.8
(1位)
24.0
(1位)
方法(稲体窒素吸収量の年次間比較)





調査場所:山形県農業総合研究センター
(灰色低地土、山形市)
調査期間:1994~2010年
供試品種:はえぬき
耕種概要:【標準区】基肥60kgN ha-1
+幼形期追肥20kgN ha-1
【N-0区】N無施用
調査項目:稲体窒素吸収量
稲体風乾物重(g/㎡)
結 果
1,500
2010
2009
平年
1,000
500
0
6 / 2 0 6 / 3 0 7 / 1 0 7 / 2 0 穂揃期成熟期
図1 稲体風乾物重の推移
(はえぬき標準区、山形農総研セ)
結 果
稲体窒素吸収量(g/㎡)
14
2010
2009
平年
12
10
8
6
4
2
0
6/20
6/30
7/10
7 / 2 0 穂揃期 成熟期
図2 稲体窒素吸収量の推移
(はえぬき標準区、山形農総研セ)
結 果
稲体窒素吸収量(g/㎡)
16
2010
1999
1994
14
12
10
8
6
4
2
0
6/20
6/30
7/10
7 / 2 0 穂揃期 成熟期
図3 高温年次の稲体窒素吸収量の推移
(はえぬき標準区、山形農総研セ)
稲体風乾物重(g/㎡)
結 果
1,500
2010
2009
平年
1,000
500
0
6 / 2 0 6 / 3 0 7 / 1 0 7 / 2 0 穂揃期成熟期
図4 稲体風乾物重の推移
(はえぬきN-0区、山形農総研セ)
結 果
稲体窒素吸収量(g/㎡)
7
2010
2009
平年
6
5
4
3
2
1
0
6/20
6/30
7/10
7 / 2 0 穂揃期 成熟期
図5 稲体窒素吸収量の推移
(はえぬきN-0区、山形農総研セ)
方法(土壌窒素発現量の推定)



上野ら(1990)による「速度論的解析法による
土壌窒素発現予測システム」により、土壌窒
素発現量を推定
対象地点:山形県内5地点
(山形、鶴岡、酒田、新庄、南陽)
対象期間:山形:2008~2010年
その他の地点:2010年
方法(土壌窒素発現量の推定)
表1 土壌窒素発現推定地点の土壌型とCEC
地点名
土壌型
CEC(cmol kg-1)
山形
細粒灰色低地土
16.5
鶴岡
中粗粒強グライ土
17.7
酒田
細粒強グライ土
33.5
新庄
表層腐植質多湿
黒ボク土
32.9
南陽
細粒強グライ土
22.3
2.5
土壌窒素発現量(mg/100g)
土壌窒素発現量(mg/100g)
結 果
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
5下 6中 7上 7下 8中 9上 9下
乾土効果画分
4.0
2010
2009
2008
平年
3.0
2.0
1.0
0.0
5下
6中
7上
7下
8中
地温上昇効果画分
図6 土壌窒素発現量の推定値(地点:山形)
9上
9下
結 果
山形
鶴岡
酒田
新庄
4.0
南陽
土壌窒素発現量(mg/100g)
土壌窒素発現量(mg/100g)
5.0
3.0
2.0
1.0
14.0
山形
鶴岡
12.0
新庄
南陽
酒田
10.0
8.0
6.0
4.0
2.0
0.0
5下
6中
7上
7下
8中
乾土効果画分
9上
9下
0.0
5下
6中
7上
7下
8中
9上
地温上昇効果画分
図7 地点別の土壌窒素発現量の推定値(2010年)
9下
結 果
土壌窒素発現量の平年差
(mgN/100g)
1.5
山形
鶴岡
酒田
新庄
南陽
1.0
0.5
0.0
-0.5
-1.0
-1.5
-2.0
-2.5
6月中旬
まで
6月下旬
~7月中旬
7月下旬
以降
合計
図8 地点別・時期別の土壌窒素発現量
推定値(総量)の平年差(2010年)
まとめ



2010年の稲体窒素吸収量は7月10日から
20日にかけて大幅な増加がみられた。
速度論的解析による地温上昇効果画分の
の土壌窒素発現量を推定したところ、2010
年はCECが高い地点での発現量の増加が
大きいことが推察された。
高温年次は7月中下旬の地温上昇効果を
ふまえた施肥対応が必要であることが考
えられた。
ダウンロード

山形県における2010年の 水田土壌窒素発現の特徴