グループ3企画書
米山、中川、高橋、小林、赤城
kokoro
プロジェクト
ターゲットユーザー
10代から30代の幅広い年齢層をター
ゲットとして1対1でのコミュニケーション
を目的とするツール。
幅広く設定することにより、より自然な形
でのコミュニケーション支援(きっかけ作
り)を想定している。
媒体とインターフェイス

携帯とストラップ型のオリジナル媒体を
使う

オリジナル媒体の説明
丸みがあって小さいもの
半透明で全体が光る
表現方法(概要)
・声のトーンを分析して感情を光で表現する
(リアルタイム|相手)
・メールの文章を分析して感情を光で表現する
(リアルタイム|相手)
・声とメールのデータをmicroSD等に保存する。
保存したデータを携帯のアプリで確認する。
・アプリで詳細分析を可能にする
(タイムラグ|相手)
表現方法(詳細)
アプリケーション上で分析をしたい相手
の電話番号、メールアドレスを登録する
 1日分のメールを喜怒哀楽別にマトリック
スで表示し、確認することができる。
 声(感情)の変化をアプリケーション上で
バイオグラムとして確認
 声は録音しておき、感情の変化を確認で
きる。

各種イメージ
哀
喜
哀
喜
平
常
怒
怒
楽
楽
マトリックス
色イメージ
※色は仮の設定です。
データと伝え方
文章のキーワードから感情を分析する
 行動からは声のトーンから感情を分析す
る


相手の感情はリアルタイムで表現
流れ図
データベース
解析結果をオリジ
ナル媒体で表現
声と文章の分析
サーバー
アプリを使って
データ解析
ダウンロード

グループ3企画書