ディベートの準備:
オープンデータ編(1)
オープン化の功罪
背景:オープンデータ政策
政府が保有するデータを広く公表し、かつ利用させることで、次のよう
な目標を達成したい
・経済成長、新産業創出、雇用創出など経済効果
・政府の透明性、政府への理解や信頼向上、政府の無駄の削減
・様々な場面での情報活用による生活の利便性向上
データは、
・利用に厳しい制約条件をつけない(CCライセンスのような許諾をつ
ける)
・使いやすいフォーマットで提供
・基本的には無料
※単に公開するだけでなく、そのデータを誰でも自由に使えるように、
ライセンスもつけることが、オープンデータには必須です。
背景(2)
「データ」の範囲:
・数値データや地図データは主力
・報告書や政府の文書も広く含む
・政府の内部資料も役に立つなら出してもらう
詳細は「電子行政オープンデータ戦略」などを参照
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/denshigyousei.
html
問い:オープン化は素晴しい?
・オープン化すればするほどよいのか?
・オープン化は必ず便益を生むのか?
・オープン化はそもそも、そんなに望ましいの
か?
課題
1.オープン化に対して、政府が抱きうる懸念を考えて下さい。
基本的なリストは次ページ以降に示します。
ほかに主要な懸念として何がありそうかを、考えて下さい。
2.これらの懸念を、データの公開を断念したり、利用条件を
厳しく制限するせざるを得ない、「本質的な懸念」と、オー
プン化を制限する理由にならない「本質的でない懸念」と、
2種類とに分けてください。(次ページ以降の懸念リストに
あるものも含めて)
3.「本質的でない懸念」については、必要な対策や本質的で
ないと考える理由を考えて下さい。
4.「本質的な懸念」については、その懸念に基づいてオープ
ンデータを制限する範囲について、考えて下さい。
メモ作成
前ページの4点を整理したメモを各人作成して
下さい。
授業に持参して下さい。終了後に回収します。
※文章やポジションペーパーは不要。
考えを磨くことと、関連資料を読むことに時間を
使ってください。
懸念のリスト
・テロ対策や犯罪捜査・摘発の方法についての情報は
出せない。
・プライバシーに関わる情報も
・データ販売などから得ていた政府収入の減少
・オープン化にともなう行政のコスト負担増がいろいろあ
る
データを整形するコスト
データに詳細な解説をつけるコスト
データ公表前にエラーがないかチェックするコスト
公表したデータについての質問に解答するコスト
データを公開していいかどうか、チェックするコスト
懸念リスト(2)
・データをめぐる賠償責任の懸念
-データに誤りが含まれている場合の責任
‐データが正しく示した事実によって不利益を被る人がいる場合の責任
(例:地盤データを公開したところ危険な住宅地が判明し、地価が下がる。
犯罪多発地域が避けられる)
・データ公表をめぐる政府への責任追及
- 政府の公表したデータが誤解され、風評被害や差別が発生する。
- 政府の公表したデータが犯罪やテロに使われる
- 政府の公表したデータが改ざんされ、誤解が広がる
- 政府の公表したデータが変更されたにも関わらず政府由来のものとして
広がる
- 政府の公表したデータが、ヘイトスピーチやアダルト作品、カルト宗教の
宣伝など、論議を呼ぶような議論に使われる
→これらの結果として市民やメディアから、政府に責任の一端があると批判
される。
懸念リスト(3)
・国益問題: データが外国の事業者に利用され、
外国企業の収益増に大いに貢献するが、国
内企業にはあまり貢献しない。
・一部の独立行政機関はデータの販売収入を
重要な財源としている。
議論のフォーマット
議論でとりあげる懸念事項を基本的に各チームから2-3
件募ります。加えて、1件はジャッジ側が指定します。
1.選定された各懸念事項毎に、
本質かどうかで議論
そこで両チームの意見が対立しない場合は、
どちらが優れた対策案を出せるかを競います。
懸念事項ごとにジャッジして行きます。
2.チーム分け→チーム毎に議論したい懸念事項の選
定→各チーム内で立場協議→各懸念事項について議
論→最後にレビュー と進めます。
※または、渡辺1人 vs クラス全員チーム もアリです。
ディベートの準備:
オープンデータ編(2)
オープンデータの成功・失敗要因
基本的な問い
「オープンデータは成功するのか?」
今日本で進めている政策を題材に、悲観論と
楽観論を考えて行きます。
・行政が十分にデータを提供したがらない
(前回の議論で扱ったたくさんの懸念材料を考
えてみて下さい!)
・効果が出ない
・効果が出ているかどうか、計測・捕捉できない
・・・失敗のシナリオはたくさんあります。
課題1: 成功条件
1.オープンデータの成功のためには、どういう条件が満たされる必要があり
そうか、考えて下さい。
2.その中で、特に満たされなさそうな、つまづきやすいポイントはどこでしょ
うか?
これを考える上で、データの提供から利用による効果発生までの流れを想
定して、それらが全部成立する可能性を考えてみて下さい。
例えば、政府が介護関連サービスや介護関連の支援制度のデータを提供
→技術者がアプリケーションに加工→介護関連の事業者が活用→よりよ
い介護が提供されて、要介護者が便益を得る、といった流れを考えること
ができます、
この全てが起こらないと、ここで想定しているオープンデータの「効果」は出
ません。
次のページにより抽象的な例を挙げます。
オープンデータの成功条件
・オープンデータなるものがあることを多くの人が知る
・豊富なデータが提供される
・データを使いたいと思う人が簡単にデータを見つけられる
・データが使いやすいフォーマットになっている
・データの利用条件が厳しくない
・データの解釈・取り扱い上の注意がきちんと解説されている
・データが正確性や細かさの点で使い物になる
・データを利用したアプリケーションが、利用者のニーズに応
えるものになっている
→こうしたあれこれの条件が満たされた結果、オープンデー
タの実現にかかる費用を上回る便益が得られる。
※あくまでも参考例なので、自分で条件を考えてみて下さい。
課題2:大きなトラブル
・オープン化によって起こりうる大きなトラブルを、1つ考えて下さい。
「これは確かに起こりそうだ・・・」と思わせるような具体的なものを目
指してください。
例:「国が提供した犯罪統計が元で、ある町にいる外国人の多くが犯
罪予備軍であるかのように猜疑の目で見られてしまう。地域別の
様々な疾患の発症率データが元で結婚差別が起こる。更に悪いこ
とに、政府データやその他のデータから作られた数々の指標で手
軽に地域別の比較ができるようなアプリとウェブサイトが流行し、
オープンデータが差別の温床に、と週刊誌が書く。日本人は民度
が低いのだから政府も出してよい情報とそうでない情報をわきま
えるべきだ、と主張する大学教授のコメントも掲載される。一部の
議員がこれに反応し、差別や偏見を助長する可能性のあるデータ
の公開は大幅に見直され、学術研究機関、報道機関など一部の
公益性の高い利用者に限定される。」 →政策として期待されてい
たような効果を出せないままに終わる。
メモ作成
・課題1:満たすことが特に難しい成功条件2つ
・課題2:大きなトラブルのシナリオ
※授業に持参して下さい。終了後に回収します。
議論のフォーマット
1.チーム分け
2.課題1:各チームが、「この条件でつまづきそ
う」という成功の条件を2つ特定→反対チーム
はそれに有効な対策があると反論
3.課題2:各チームで1つ「大きなトラブル」シナ
リオを作成・選定→反対チームはそれが起こ
りにくいか、対処可能であると反論
4.レビュー
ダウンロード

資料 - WordPress.com