日本における
外資系保険会社の存在感
2008年2月28日(木)
格付投資情報センター(R&I)
格付本部チーフアナリスト
植村 信保
1
自己紹介

植村信保(うえむらのぶやす)

格付投資情報センター(R&I)格付本部チーフアナリスト







R&Iは日本最大の格付会社
1997年以降、格付けアナリストとして生損保の経営分析を担当
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科で博士号取得予定
外部有識者として金融庁の各種委員会メンバー(健全性規制
など)に参加
参議院委員会で参考人としてスピーチ(予定利率引下げ問題)
著書は「生保のビジネスモデルが変わる」(東洋経済新報社、
2003年)など。経済誌にも寄稿多数
新聞、テレビ等へのコメント多数
2
本日のテーマ
1.外資系保険会社の存在感
2.主なプレーヤー
3.成功のポイントと今後の展望
4.質疑応答
3
1.外資系保険会社の存在感

参入規制など

現状では国内会社と同等の規制




支店形式と現地法人による参入



免許制
保険業法
金融庁による監督
支店形式でも国内に複数の拠点を持つことは可能
いずれの場合も、日本の保険会計による業務報告や情報
開示が求められ、健全性規制が適用される
1990年代前半までは外資系保険会社の存在感は
小さかった
4
1.外資系保険会社の存在感

生保

外資系生保の存在感は大きい

個人保険新契約年換算保険料の約3割を占める
なかでも「第三分野」における存在感は大きい
cf. 近年まで大手生損保の参入が制限されていた

2002年からの銀行を通じた個人年金販売では、預り資産
の5割以上が外資系と見られる


「自前戦略」と「買収戦略」


大手・中堅生保の信用力低下や市場ニーズの変化を捉え、
成長を続けている
買収戦略では破綻生保の買収が目立つ
5
1.外資系保険会社の存在感

損保

外資系損保の存在感は小さい




ダイレクトマーケティング



コマーシャル分野では国内系が圧倒的
cf. 日本でブローカー制度は普及していない
パーソナル分野で一定の存在感を示しているのはAIUのみ
ただし、大手損保の株主の約4割は外国人投資家
自動車保険では1997年に外資系損保が開始
都市部を中心に徐々に浸透しているものの、個人向け自動
車保険に占めるシェアは5%程度にすぎない
再保険を通じ、日本の自然災害リスクが海外へ
6
2.主なプレーヤー

AIG

日本における外資系最大手



アリコジャパン



生保のアリコジャパン、AIGスター生命、AIGエジソン生命、
損保のAIU保険、アメリカンホームなど複数社で展開
中堅損保の富士火災にも出資(22.1%)
1973年に日本人向けの営業を開始
独自商品の開発とマルチチャネル戦略が特徴(営業職員、
独立代理店、銀行、通信販売)
AIU保険


1946年に営業を開始した日本最大の外資系損保
国内系に比べて自動車保険のウエートが低い
7
2.主なプレーヤー

AFLAC(アメリカンファミリー生命保険会社)

「第三分野」のトップカンパニー



1974年の営業開始以来、がん保険、医療保険といった
「第三分野」に特化した戦略で成功
本国よりも日本の利益が大きい
Prudential Financial

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命の二本柱



グループ国際部門の利益の大半は日本の生保事業
プルデンシャル生命は質の高いライフプランナー(営業職
員)チャネルによるコンサルティングセールスで成長
ジブラルタ生命は破綻した旧協栄生命の顧客基盤(教職員
団体など)を引き継ぐ
8
2.主なプレーヤー

AXA

アクサ生命が中核



生保のアクサ生命、アクサフィナンシャル生命(旧ウイン
タートウル生命)、ダイレクト自動車保険のアクサ損害保険
アクサ生命は買収した日本団体生命の顧客基盤を中心に、
第三分野に強みを持つ
Hartford(ハートフォード生命)

金融機関を通じた個人年金事業に特化


本国では生損保ともに大手だが、日本では個人年金事業
に経営資源を集中
ハートフォード生命の設立は2000年だが、短期間のうちに
変額個人年金の資産残高で業界トップに
9
3.成功のポイントと今後の展望

成功のポイント

買収よりも「自前戦略」で成功


独自のビジネスモデル


アリコジャパン、アフラック、プルデンシャル生命など、外資
系生保の成功例はいずれも自前戦略
国内系のような画一的なビジネスモデルではない
(=セールスレディによる死亡保障パッケージ商品の販売)
恵まれた事業環境


中堅生保が次々に破綻し、大手の信用力も悪化
=格付けの高い外資系には追い風
「第三分野」への「逆」参入規制があった
10
3.成功のポイントと今後の展望

現状と今後の動向

大手生保の信用力回復


ここ数年でソルベンシーはかなり回復した
過去のビジネスモデルから脱却を目指す動きもある

保険流通の変革(次ページ参照)

今後の展望




「外資だから成功する」ということはない
経営の舵取りが難しくなる
これまでのような高収益を上げるのが難しくなる
買収による参入が増える?
11
3.成功のポイントと今後の展望

日本の保険流通は大変革期にある

市場の変化



巨大チャネルの登場




生保新契約は10年前の3分の1の水準
「生きるための保障」へ
銀行窓販の全面解禁
郵政民営化(郵便局会社)
保険ショップ(来店型代理店)の台頭
「シンプルでわかりやすい」戦略の台頭


支払い問題の影響
比較情報の整備=保険も「比べて買う」時代に
12
END
13
ダウンロード

生保格付けの現状と見通し