(仮説)
「~できる力」をテストするためには?
2004年5月21日 ㈱ジェック ミーティングルームBにて
鈴木先生、楚さん、畑田、の3名の会話内容を
畑田が解釈しまとめました。
㈱ジェック 行動理論研究所
畑田 敏雄
2004年5月21日
1.「効果的な行動選択を行うための前提となる
知識(メタ知識)を問う」
•
•
•
•
•
•
•
「できる人」「できない人」の違いを生み出す分かれ道のひとつ(→これがすべてではない)は、「現状」と
「とるべき方法論」をメタ認知的に捉えることができるかどうか?である。
要するに、メタ認知的(鳥瞰的・客観的)に、この場面はどういう場面か?自分は今どこに居るのか?今、
自分がやっていることはいったい何をやっているのか?どうしたらよいのか?(方略・方法論)を認識・自
覚できるということである。
これらのことが認識・自覚できていなければ、人は状況に適した効果的な行動を選択することができず、
行き当たりばったり」に陥りやすい。だから成功確率が低くなる。これが熟達者と未熟者の違いを生み出
しているのだろう。
メタ認知的に現状を捉えるためには、現状を捉えるための考え方の枠組み(判断尺度)を持っている必
要がある。なぜなら、ある枠組み・ある尺度に照らし合わせることによってはじめて、現状を意味づけ・位
置づけることができる(定義できる)からである。(→また、枠組み・尺度を変えることによって、位置づけ・
位置づけを変えることが「再定義」ということである)
メタ認知的に現状を捉えるために必要な、考え方の枠組み・尺度についての知識を「メタ認知的知識」
(教育工学辞典より)という。
人が自分の行動選択を行う際に関わる「メタ認知的知識」には、「現状(事実)認識」のためのもの(**
観:)「方法論選択」のためのもの(因果理論:こうすれば、こうなるだろう:課題解決方略についてのメタ
知識)の二種類が含まれる。(これ以外にもあるかもしれない)
したがって、「メタ認知的知識」を問う質問は、次のような一般的な形式となるだろう。
–
場面をどのように捉えるか?(現状・状況の位置づけ・意味づけを判断するための知識)を尋ねる質問
•
•
–
例:「この場面(A)は、方針が浸透していると言えるでしょうか?」
例:「この場面(B)が、***という状態だと判断できるのはなぜでしょうか?
特定の場面で、どうしたらよいか?(やり方を選択するための知識)
•
•
例:「この場面(C)では、どのような行動(対応)を選択するか?」
例:「この場面(D)では、どのような手順・方法・プロセスで取り組みますか?」
2.内的なコンフリクト(葛藤)が生じる場面において、
特定の判断(A)を下した背景にある、「理由」を問う
A:「できる人」「できない人」の違いを生み出す分かれ道のひとつ(→これがすべてではない)は、自分の行動選択の判断基準
(なぜ、その行動を選択したか?という理由)をメタ認知的に自覚できるということである。
–
–
なぜならば、自分の行動選択を決めている「仮説」(「こうすれば、こうなるだろう、なぜならば・・・だから」)が自覚できるということは、日常の
行動選択が「仮説&検証」の繰り返しになるので、自分で軌道修正が図りやすく、結果的に成功確率の高い行動選択ができるように自分を
成長させることができるからである。
(まだ、本人の「信念」になっていなかったとしても)「こう考えるべきだ」(あるべき考え方)ということを知っている(=あるべき考え方につい
ての知識、たてまえの知識)があるということは、現状の自分の考え方と比較し、「二つの考え方(&認知)のギャップ」を自覚することから、
考え方の修正→行動選択の修正へと向かうことが期待できるからである。
•
論拠としては、認知的不協和理論(Cognitive Dissonance Theory)がある。この理論は、相矛盾する二つの認知が同時に存在するとき、それ
を解消するために一方の認知が、自然に変化することを説明する理論。既になされた行動に対しては、更に協和を高めるための、新たな情報を
積極的に収集したり、不協和を高めるような選択を避けたりする行動が説明できる。
B:特に、特定領域(例:個人情報保護マネジメント)のプロ(熟達者)によって、「ある程度検証された仮説」(成功確率の高い仮
説)を自分の仮説として内化(→ 単なる「たてまえの知識」ではなく「信念」になっている:「信奉理論」(信じているといっている価値観)ではな
く、「実践理論」(行動を左右している価値観))ことは、「できる人」になるためには重要である。
–
なぜならば、熟達者の体得した「信条」「信念」「価値観」「勘所」(方略、方法論)などを共有することになるからである。(徒弟的?)
1.そこで、Aについてテストするためには、「あるべき(たてまえとしての)考え方・価値観の知識」(こう考えるべきだ)を知ってい
るか?をチェックすることが考えられる。
2.そして、Bについてテストするためには、「本人の信念」(自分の行動選択を左右している価値観)をチェックすることが考えら
れる。
3.両方に共通する原則は表題のとおりであり、その場面設定や選択肢の「微妙さ加減」で(どれだけ迷いやすく、信念が問わ
れる場面や選択肢を設定するか)、「もつべき考え方」(知識)をテストできるか、あるいは「本人の信念」をテストできるかが
左右されるのだろう。
→ 楚さん 作ってみてね。(2004年5月21日)
鈴木先生への畑田からのメール(04年5月21日)
「パフォーマンス・テスト」という仮説について
岩手県立大学
教授 鈴木先生
2004年5月21日
コピー:楚さん
岡本さん
根本さん
徳村さん
*パフォーマンス・・・「成果をもたらす行動」のこと。
㈱ジェック
畑田より
鈴木先生、本日の午前中、貴重なアドバイスを
いただき、ありがとうございました。
本日午前のミーティングの内容を畑田なりに
解釈・整理してつくった「仮説」を、パワーポイント
資料にしてみました。
(鈴木先生に紙で差し上げたものを修正してあります)
→ 岡本さんへ:メタ認知の観点が入っています。
徳村さんへ:いったい何を測定するのか?という問題も含まれています。
現在、楚さんがこの仮説にもとづき、
(仮称)「個人情報保護マネジメント・パフォーマンス・テスト」
を作成中です。
ご意見・アドバイスをいただければ幸いです。
*パフォーマンス・テスト・・・「仕事上で求められる成果をだす行動」
がとれるかどうか?を測定するテスト。
要するに、「~ができる力」を測定する
テスト。
「行動(Action)そのもの」でもなく、
また、「成果(Achievement)そのもの」でもなく、
「成果を出す行動」のこと。
成果に結びつかない無駄な行動ではない。
「成果を出す行動」をちゃんとるから、
仕事上の成果を出せるということ。
たまたま幸運で成果がでた、業績が上がった
というのではパフォーマンスがあがったとはいわない。
これを行えば、こういう成果がでる・・という
行動と結果の間に正の因果関係がある行動を
行うこと。
=============
畑田 敏雄 (Toshio Hatada)
㈱ジェック 行動理論研究所
電話:03-3986-6365
FAX:03-3982-5894
[email protected]
http://www.jecc-net.co.jp
=============
(仮説)人のコンピテンシーとパフォーマンスと仕事上の成果の
因果関係の図
仕事上の成果
パフォーマンス
(成果の原因となる行動)
状
況
変
化
(
時
パフォーマンス
間
)
パフォーマンス
メタ認知的活動
(成果の原因となる行動)
メタ認知的活動
(成果の原因となる行動)
メタ認知的活動
課題に向き合う態度と、
活用する知識・技術を、
状況(文脈)に応じて選択・適用する
メタ認知的活動(行動理論が働いている状態)
コンピテンシー
(仕事上の成果を出す能力)
知識
技術
態度
ダウンロード

「~できる力」をテストするためには?