A search for Charmed Nuclei
Charm
Next flavor
quarks
常見俊直(つねみとしなお)
京都大学理学研究科
原子核ハドロン研究室
動機
• 普通の物質は、陽子と中性子からなる。
• ハイパー核(ストレンジネス)は、中性子星に
ある。現在の宇宙に存在。
• チャーム核は、質量が重すぎるため、中性子
星におそらくない。現在の宇宙にない。宇宙
初期のみに存在。
137億年のときを越え、
宇宙初期物質(チャーム核)を、
地球上で作る。。
design of detectors(very preliminary)
ダブルハイパー核のgeneral scan
• エマルジョンのみを使った画像処理方法
Hybrid scanによる
NAGARAイベントのvoxel表示
3頂点認識に成功
同じラベルグループ(隣接するpixcel)に
3頂点あることを認識。
最初のgeneral scanアルゴリズムを
確立成功
(NAGARAイベント認識可能)
注:結果は数値で得られる。
画像表示は手書き
まとめ
• フレーバー・チャームをもった原子核をつくり
たい。
• ゆっくり進行中。
ダウンロード

A search for Charmed Nuclei