心理学における災害情報研究
慶應義塾大学商学部
吉川肇子(きっかわとしこ)
情報に対する考え方の変化
情報なし(専門家にお任せ、パターナリズム)
情報の公開と共有(自己責任、自助・共助)
災害時の人々の心理
• 楽観主義バイアス(自分だけは大丈夫だ
ろう・・・)
• 正常化バイアス(大変なことではないに違
いない)
↓
リスク専門家のコミュニケーション戦略の
誤り?
コミュニケーション戦略の誤り
•
•
•
•
•
•
人々はパニックを起こす
警告は短くすべき
誤報が問題
情報源は一つにすべき
人々は直ちに防衛行動をとる
人々は自動的に指示に従う(cf.同調)
パニック「神話」
• パニックが起こるのはきわめてまれ
生存の危機がある
生存できる可能性がある
脱出口が限られている
時間が切迫している
• むしろ、情報をきちんと伝えて正しい対処
行動を知らせることが重要
情報を知ってもらう重要性
• 「自分のこと」とわかってもらうことには非
常な努力を要する
• 日常的な(頻繁な)訓練が必要
まさかの時に、やりなれていない行動は
できない(ドライブ理論)
ドライブ理論
緊張
不適合
もっともやりなれている行動
適合
成功
(避難できる)
失敗
(避難できない)
ダウンロード

Document