HIS, RIS, PACS – モダリティ間
予約, 会計, 照射録情報連携 指針
JJ1017委員会
アロカ(株) 森村 晋哉
JJ1017委員会


MWM - モダリティワークリスト管理(補遺10 /1996)
MPPS- モダリティ実施済みプロセデュアステップ
(補遺17/ 1998)

HIS・RISと画像診断装置との連携
– JRS 日本医学放射線学会
– JSRT 日本放射線技術学会
– JAMI 日本医療情報学会
– JAHIS 保険医療福祉情報システム工業会
– JIRA 日本画像医療システム工業会
目的

患者情報入力の省力化・誤入力の排除
– 漢字入力への対応

検査予約・オーダーのオンライン化
– オーダーコードの共通語提供
– 全国的な集計の便宜


放射線照射録の電子化
会計情報の自動収集
– 検査内容、造影の有無
– 使用フィルム数、消耗品
JJ1017指針の履歴


Version 1.0 - 2001年3月
Version 1.1 - 2001年11月
– プロトコル・コード・シーケンスの繰返し数変更

Version 2.0 - 2003年4月(コメント受付中)
– プロトコル・コード・シーケンス内にプロトコル・コンテキスト・シーケ
ンスを追加
– 手技コードの再編、部位コードの区分追加、方向コードの再編
– 複合コード(JJ1017C)の新設

Version 2.1 - 2004年3月(予定)
– 複合コードの追加(外保連コードとの親和性)
JJ1017指針への適合

属性タグへの適合 → IHE-Jに従う
– 別表A - MWM一覧表
– 別表B - MPPS一覧表
– 別表C - 標準的な画像の属性表

コード運用
–
–
–
–
別表D - JJ1017T 検査(手技)コード一覧表
別表E - JJ1017P 部位コード表
別表F - JJ1017D 撮影方向コード
別表G - JJ1017C 複合コード(Ver 2.0より)
放射線照射録- CP226


MPPSの放射線量モジュールへの属性追加
照射線量シーケンス(0040,030E)
撮影
> 照射モード
(0018,115A) PULSED
> 管電圧
(0018,0060) KVp
> 管電流(μA)* (0018,8151) mA
> 照射時間
(0018,1150) mSec
> フィルタタイプ (0018,1160)
> フィルタの材質(0018,7050)
*管電流(mA) (0018,1151)
VR=IS
透視
CONTINUOUS
KVpの平均
mAの平均
透視の総秒数
オーダコード(Version 1)

プロトコル符号シーケンス(0040,0008)/(0040,0260)
検査内容
対象部位
撮影方向
(0008,0100)
>
>
>
>
CT.01.00,
55.1.100,
G-5200,
G-A100,
Ver 1.0
1
1~16
0~1
(0008,0102)
Ver 1.1
1
1
0~n
(0008,0104)
JJ1017T,
JJ1017P,
JJ1017D/SNM3,
JJ1017D/SNM3,
“CT.単純CT.NOS”
“頭部・脳“
“前→後”
“右→左”
オーダコード(Version 2 - CP326 )


プロトコル符号シーケンス(0040,0008)/(0040,0260)
>プロトコル・コンテキスト・シーケンス(0040,0440)
> CT.01.00, JJ1017T, “CT.単純CT.NOS”
> Context(123014, DCM, “対象部位”, VT=CODE)
>> 55.1.1000, JJ1017P, “頭部・脳“
> Context(123015, DCM, “撮影方向”, VT=CODE)
>> 011,
JJ1017D, “前→後”
> Context(123015, DCM, “撮影方向”, VT=CODE)
>> 015,
JJ1017D, “右→左”
プロトコル・コンテンツ修飾シーケンス(0040,0441)は使わない
検査(手技)コード - JJ1017T

モダリティ.大分類.小分類 [.細分化]
(英字2桁).(数字2桁).(数字2桁).(数字2桁)


モダリティ
CT, MR, GX, XA, NM, RT, US
大分類.
小分類
01(単純X線撮影).00(NOS)/01(ポータブル)
02(造影X線撮影).00(NOS)/01(消化管)/02(呼吸器)/…
51~(拡張領域) 51~(拡張領域)

細分化
01~(拡張領域)
部位コード - JJ1017P

大部位.臓器系.小部位
(数字2桁).(数字1桁).(数字3+1桁)

大部位
10(全身),20(躯幹部), 25(胸部), 30(胸腹部), 35(腹部), 40(腹部骨盤部),
45(骨盤部), 55(顔面), 60(頭頚部), 65(頚部), 75(上肢), 85(下肢), 00(NOS)

臓器系部位
1(実質), 3(骨格), 4(心血管), 5(消化器), 6(呼吸器), 7(泌尿生殖器),0(NOS)

小部位
100d~(割当/予約済み),
901d~(拡張領域)
d= 0(NOS), B(両), H(上), L(左), R(右), W(全)
複合コード - JJ1017C


診療保健請求との連携
HIS-RIS間のHL7接続で利用
CT0100001000011
– 手技コードから“.”を除く6桁+細分化2桁を予約
– 部位コードの小部位を抽出し、部位区分1桁を追加
• 0 = NOS, B = 両側, L = 左側, R = 右側, H = 上側, W = 全体
– 方向コードは3桁に再編成
– コード識別子はJJ1017C
– コード意味は臨床で使われる検査名を採用する
• 頭部・脳.単純CT
Version 2.1 (2004年3月?)
外保連(外科系学会 社会保険委員会 連合)
コードとの親和性
 Version 2.0へのコメントを反映

ダウンロード

HIS-RIS-画像診断装置の連携による医療情報の統合 - IHE-J