3.4 商標権



目的:公正な流通秩序を維持するため。
古くは、刑法・不法行為法の対象だったが、規制
が不完全だったため商標法が制定された。
登録が必要な標識権(登録の日から10年間独
占的使用権。期間更新可能であるため、事実上、
半永久権である)
登録した商標を正当な理由なしに3年間継続して使用して
いないとき、第三者が商標登録取り消しの審判を特許庁に
対して行うことができる(商50)。但し、連合商標のうちひと
つを使用していれば良い。
3.4.1 商標とは
「商」(あきない)の「標」章
 マーク(標章):文字、図形若しくは記号若
しくはこれらの結合又はこれらと色彩との
結合(商2Ⅰ)
 商品商標と労務商標(サービスマーク)が
ある(前述2.7節)

3.4.2 商標の機能
識別機能 : ある商品・役務を他の商品・役
務から識別させる。
 出所指示機能 : どの会社の商品・役務で
あるかを識別させる。
 品質保証機能 : マークが付けられた商品
に対して、消費者が一定の品質を期待し、
マークの所有者はそれに応えようとする。
 広告機能 : マーク自体が広告機能を持っ
ている(標章の識別力からの派生)。

3.4.3 商標の登録要件
新規性・進歩性は必要ない(特許との違
い)。
 他の商品・役務と区別できる力を持ってい
なければならない(特別顕著性)。

顕著性を欠く商標の例(その1)

商品または役務の普通名称を普通に用い
られる方法で表示したもの
わらびだんご(団子),清水焼(陶器),か
みなり(おこし),宅急便(輸送)、サラ金(金
融)
顕著性を欠く商標の例(その2)

商品・役務の慣用商標
正宗(清酒),プレイガイド(興行場座席の
手配),幕の内(弁当),かきやま(あられ)、
観光ホテル(宿泊施設の提供)
顕著性を欠く商標の例(その3)

商品の産地・販売地・品質・原材料・効能・
用途・数量・形状・価格・生産または使用方
法・時期を普通の方法で表示した商標
犬山焼(産地・菓子),パーフェクト(品質・
染料),ポケットラジオ(形状・電気用品),
肩に貼り薬の図形(使用方法・薬品)
顕著性を欠く商標の例(その4)

労務の提供の場所・質・供用物・効能・用
途・数量・態様・価格・提供方法・時期を普
通の方法で表示した商標
定期(預金受入),美顔(美容),コードレス
(無線呼び出し),エアードーム(建築),サ
マーレッスン(語学の教授)
顕著性を欠く商標の例(その5)

ありふれた氏・名称を普通に用いられる方
法で表示した商標
鶴屋(足袋類),モーリ(幼児用自転車),
佐藤写真館,長崎屋
顕著性を欠く商標の例(その6)

きわめて簡単でありふれた商標
40(ホテル),45(飴),GN(石鹸)、GM
(自動車)、他、アルファベットの1字または
2字,数字,丸・四角形・三角形
顕著性を欠く商標の例(その7)

(その1)~(その6)までにあげるもの以外
で、需要者が誰の商品・役務であるか認識
できないような標章
サインでOK(被服),召し上がる化粧品
(食肉),友の会(布団)、あとくち(酒類)、
地模様(繊維),標語,現在の元号・平成,
味よし(和風飲食店),エンゼル(喫茶店)
例外:
使用による識別力ないし顕著性

(その3)~(その6)のうち、特定のものが
続けて永く使用したり、強力に広告したた
め、そのものの商標として知られるように
なった(識別力が出てきた)と、認められた
とき、登録を受けられる。
4711(香水),クボタ(機械),ホンダ(車両),ミル
クドーナツ(ドーナツ),BS(タイヤ),東京羊かん
(羊羹),三井(保険),大林(建設)
3.4.4 消極的要件・登録障害要件
公益に反するもの。
 他人の権利と抵触するもの。

次の標章と同一または類似の商標は
登録不可(その1)







国旗・菊花紋章・勲章・褒賞・外国国旗など
パリ条約の同盟国の紋章・記章など
国連その他の国際機関の標章など
赤十字の標章または名称
国・地方公共団体・外国の監督用・証明用の印章
または記号
国・地方公共団体・非営利公益団体などの標章で
著名なもの(オリンピック・都バス・YMCA・JETRO)
公序良俗に反するもの(過激な文字・卑猥な図形・
他国の尊厳を傷つけるもの)
次の標章と同一または類似の商標は
登録不可(その2)






他人の肖像・氏名・名称・芸名など(出願時標準)(例
外:本人の承諾があれば可能)
政府等の開設する博覧会や国際的な博覧会の名称
他人の商品・役務の標章として需要者間に広く認識
されているもの(出願時標準)
出願時に他人が同一・類似商品・役務に出願し、登
録を受けているもの
他人の登録防護標章(後述)と同一のもの
商標権が消滅した日から1年たっていない他人の商
標
次の標章と同一または類似の商標は
登録不可(その3)




種苗または類似商品・役務については農産種苗法
の品種登録名称
他人の業務にかかる商品・役務と混同を生ずるお
それのあるもの(例:「わかもと」(石鹸)大判昭和14
年6月28日)(出願時標準)
商品の品質・役務の質の誤認を生ずるおそれのあ
るもの(例:「HOLLYWOOD」(化粧品)東京高判昭
和37年6月19日)
ワイン・スピリッツの地理的表示に誤認を生ずるお
それのあるもの(原産地保護)
3.4.5 商品・役務の類似と商標の類似
商標権侵害は、他人が権限なしに「同一の
商品・役務」に「同一の商標」を使用したと
き適用される。
 他人が権限なしに「類似の商品・役務」に
「類似の商標」を使用したときも適用される。
 「商品・役務」区分は、商標法施行令別表
で分類。

(1) 商品・役務の区分
商品34分類(第1類:工業用,科学用又は
農業用の化学品、第34類:たばこ,喫煙用
具及びマッチ)
 役務8分類(第35類:広告,事業の管理又
は運営及び事務管理、第42類:飲食物の
提供,宿泊施設の提供,医療,衛生及び
美容……電子計算機のプログラムの作成,
その他の他の類に属しない役務)

(2) 商品・役務の類似



登録出願は、それぞれの類の中で、1つまたは2
つ以上の商品・役務を指定して、商標ごとに行う。
但し、商品・役務区分は、類似の範囲を定めたも
のではない(商6Ⅱ)。両商品に同一の商標を用
いた場合に出所混合誤認が生じるかどうかの社
会通念で決まり、時代によって変化する。
基準として、「商品・役務類似審査基準」(特許庁
商標課編・発明協会)がある。実務は、この基準
で処理されるので、無視はできない。
(3) 商標の類似
外観類似
: 商標の見た目が同じかどうか
呼称類似 : 商標を口で発音したときの音
が同じよ うであるかどうか
観念類似 : 商標の持つ意味が同じかどう
か
商標類似の例
「キスミー」と「キスミ」,「テイオン」と「ライオ
ン」(外観)
 「シンガー」と「SINKA」(呼称)
 「キング」と「王」,「タイガー」商標と「虎」の
図形(観念)
 「橘正宗」(清酒)と「橘焼酎」(焼酎)。(観
念は離れているが、出所誤認のおそれを
勘案)

色々な考え方
「氷山」と「しょうざん」は非類似とされた(最
判昭和43年2月27日)
 ラジオ全盛期には、外観類似より呼称類
似が重視されるべきだとの主張があった。
 商標類比の判定は、外観と呼称は類似で
良いが、観念は同一でなければならない
(大判昭和2年6月7日)
 結局、全体的・離隔的観察で決定。

3.4.6 連合商標

自己の登録商標と同一または類似の商標
を、指定商品・労務と同一または類似の商
品・役務に使用する商標について、別個に
商標登録を受けること(商7)
例:「タイガー」という基本商標がある場合
に、「ゴールドタイガー」という商標に、連合
商標を登録する。
3.4.7 著名商標の不当利用



商標のただ乗り(Free Ride) :商標権が指定また
は類似の商品・役務にのみ禁止権が及ばないこ
とを利用して、指定または類似でない商品・役務
に使用すること。
商標の希釈化(Dilution) :商標のただ乗りの結
果、その商標の広告力が弱くなり、企業・商品・
役務を表現するイメージが薄められること。
商標イメージの損傷(Pollution) :他人の名声を
不当に利用して商標が持つ良いイメージを損傷
すること(商標の希釈化のひとつ)
商標希釈化・イメージ損傷の例
商標希釈化
ロールスロイスせんべい,ロールスロイス
理容店,ソニー・コーヒー
 商標イメージの損傷
ディズニー・ノーパン喫茶,ニナ・リッチ・ポ
ルノランド

3.4.8 防護標章
登録商標が需要者の間に広く知られて著
名である場合において、その商品・役務に
登録商標を使用されると混同を生ずるおそ
れがある場合に防護商標の登録ができる
(商64)
 商標権の指定商品・役務とは非類似の商
品・役務であっても適用される。

防護商標の例
 ナショナル
石鹸・化粧品・香料類(4類),織物・編物等(16類),被服
等(17類),日用品(19類),装身具等(21類)等
 PORA化粧品
工業用油脂(5類),マークで手動利器(13類)
 武田薬品(ウロコ印)
金属・ナトリウム(6類),原料繊維(14類)
防護商標の限界
他人が防護商標を使用すると商標権の侵害とな
るが、同一のものに限られ、類似のものには及
ばない。
 登録が難しい(登録不成立の審決が出たこともあ
る)わりには侵害防止に役立たない(侵害事件の
際、そっくり同一で使われることが少ない)。
 著名商標の異業種間での不当使用の場合、防
護商標による訴えより、不正競争防止法に基づく
訴えが多い。

3.4.9 不正競争防止法による保護

周知商品等表示の保護(不2・1・1号)
需要者に知られた他人の商品表示・営業表示と
同一・類似の表示を使用して、他人の商品や営
業と「混同」を生じさせる行為を禁止。

著名商品等表示の保護(不2・1・2号)
他人の著名な商品表示と同一・類似の商標を、
自己の商品等表示に使用する行為を禁止。

いずれも差止請求権と損害賠償請求権が
認められる(不3・4)
商品等表示とは
「表示」は、商品商標,役務商標,商号等
を含む広い概念。
 「商品表示」と「営業表示」の2つからなり、
「人の業務に係る氏名,商号,商標,標章,
商品の容器若しくは包装その他の商品又
は営業であることを表示する」すべてを指
す。

周知商品等表示の保護
現実に混同を生じていなくても、そのおそ
れがあれば侵害行為として認められる。
 周知度が低い場合、表示の特徴が少ない
場合、業種・商品間が遠く離れている場合、
表示の所有者があまり多角的に業務を
行っていない場合等は認められない。
 スーパーの名称など地方的に知られた表
示も周知表示にあたる(全国的に知られて
いる著名商標も周知表示にあたる)

周知商品等表示の例
三菱グループ以外による「三菱建設株式
会社」(昭和41年)
 住友グループ以外による「住友地所」(昭
和41年)
 カメラのヤシカによる化粧品の「ヤシカ」と
いう商標(昭和41年)
 ジョニーウォーカーの図形マークを鏡の意
匠に使用(昭和57年)

著名商品等表示の保護
全国的に著名であることが必要。
 周知表示の保護と異なり、他人の商品・営業と
混同を生じさせる行為である必要はない。
 広義の混同(両者間にいわゆる親会社,子会
社の関係や系列関係などの密接な営業上の
関係が存するものと誤信させる)が生じる場合、
表示の希釈化をきたす場合、著名表示のイ
メージを損なう場合、他人の名声を不当に利用
する場合に、2号が適用できる。

3.4.10 商標の普通名称化
商標もあまり有名になりすぎると、同種製
品の代表名となり、普通名称化することが
ある(シャープペン,セロファン(デュポン
社),エスカレータ,六神丸)。
 普通名称化すると、商標権の効力は普通
名称には及ばない(商26Ⅰ)ので、有名ま
たは良い商品ほど対策を講じる必要があ
る。

商標の普通名称化への対策例
コマーシャル等で「○○は××の登録商標
です」と宣伝する。
 一般名の言葉の宣伝に力を入れる(「味の
素」の「家庭化学調味料」、「仁丹」の「口中
芳香薬」等)。
 普通名詞として記載した辞書発行者に対し
て修正要求を出す(ベネルックス統一商標
法の辞書発行者に対する修正要求権)。

3.4.11 登録商標の使用義務
登録主義(登録して権利発生)と使用主義(商標
使用で権利発生)がある。
 日本は登録主義。
 出願時に使っていない商標でも使用意志のみで
登録できる国(日本、ドイツ、フランス、イギリス
等)と使用していないと(出願はできる)登録でき
ない国がある。
 使用意志だけで登録できるので、思い付いた商
標を登録し、希望者に売りつける弊害が発生。

商標売却行為の是正
正当な理由なしに、3年間継続して使用し
ていないとき、第三者は特許庁に対して商
標登録取消の審判請求ができる(使用強
制:商50)
 自分が使用しなくても、実施権者が使用し
ていれば良い。
 連合商標の場合、その一つを使用してい
れば良い。

商標の使用強制の強化




商標の不使用による登録取消をやりやすくするた
め、使用の立証責任を権利者にあることを明確に
した(昭和50年改正)。
更新登録の出願3年以内に、商標権者等が正当
な理由なく商標を使用していないとき更新登録は
認められない(商19Ⅱ・Ⅲ)。
更新登録出願のとき、商標使用証明を提出っしな
ければならない(商20の2)。
商標出願にあたっての出願人の業務を記載する
よう商標法施行規則を改正。
3.4.12 役務商標(サービスマーク)保護




第3次産業の発展に伴い、重要となってきた。
1946年米国で登録制度で保護して以来、フィリッピン、
韓国、フランス、ドイツ、イギリス、日本(1991年:平成
3年4月)で登録制度採用。
役務商標を出願していなくても、不正競争の目的がな
ければ、平成4年10月までに使用していたものには、
継続的使用権(先使用権)がある。
未登録の場合は、不正競争防止法で、登録の場合は、
不正競争防止法と商標法の重複的保護がなされる。
ダウンロード

3.4 商標権