障害福祉サービス基準設定の基本的考え方について
岡山市は,総合福祉の拠点都市として,障害者が安心して生活できる福
祉サービス供給体制の整備を進め,より質の高いサービスの提供を目指
して,次のような独自基準を定めます。
第1 公正,公平,適正の確保のため
第3 サービスの質向上のため
1 暴力団員の排除
2 管理者の資格要件を設定
6 別居親族への訪問系サービス提供を制限
3 入所,居住施設は耐火,準耐火構造を義
務付け
10 記録の保存期間は5年間を明確に規定
4 多様な手法を用いた評価
7 運営規程の整備
第2 プライバシー保護,人権擁護のため
8 研修の機会確保
5 成年後見制度の活用支援
9 非常災害対策の充実
注:項目の番号は,検討項目の№と同じです。
ダウンロード

障害福祉基準条例の基本的考え方