格子QCDによる中性子電気双極子能率の研究
• 中性子電気双極子能率(NEDM)
代表:青木慎也(筑波大)
蔵増嘉伸、新谷栄悟
素粒子物理における基本的対称性の破れの研究
⇒ 新しい物理の探索
パリティ、CP対称性 : 経験的対称性。弱い相互作用では×
強い相互作用(核力)では?
NEDMが核力のパリティ・CP破れに関連
– 空間反転(パリティ変換):P
空間的電荷の配置が反転するため、電気双極子能率(d)の向きが反転
– 時間反転:T(もしくはCP)
回転運動(厳密にはスピン)が反転するため、磁気双極子能率(μ)の向きが反転
d ≠ 0, μ ≠ 0 ⇒ 核力のP,CPの対称性が破れている証拠
(μ ≠ 0 であることは知られているが、d ≠ 0 は非自明)
• 量子色力学(QCD)におけるP,CPの破れ
–
–
–
–
θ項の存在、ただしその物理機構は未解明(強いCP破れの問題)
θのオーダーは非常に小さいが定量的には分かっていない ← 非摂動的寄与が大
格子QCD:強い相互作用の寄与を第一原理的に計算可能
NEDMの格子QCD計算からθのオーダーを評価 ⇒ 物理背景の理解へ
ダウンロード

格子QCDによる中性子電気双極子能率の研究