復習
変数とその種類
2000
変数とは何か?
→データ(数値)を入れておく箱
変数名とは何か?
→箱に付ける名前
100
x
200
y
変数の種類(変数の型)
変数名
→入れるデータによって箱の種類が異なる
int
char
float
double
その他たくさん
integer (整数)
floating point (浮動小数点→実数)
変数の宣言と printf()による値の表示
#include
復習
<stdio.h>
int main(void)
変数の型
{
int x ;
x = 15;
変数名
変数の宣言
値の代入
printf(‟変数の値は%dである\n‟, x);変数値の表示
}
変数の値は15である
変数名(識別子)のルール
→ 付録スライド
ソースプログラムの書式
#include<stdio.h>
int main(void){
int x;x=15;printf(‟変数の値は%dである\n‟,
x);}
#include <stdio.h>
復習
OK!
基本的にどこで改行
してもよいし,ブランク
(スペース)はあっても
無くてもよい
int main(void)
単語の途中で改行してはダメ!
{
#include<stdio.h>
int x ;
int mai
intとxの間にスペースがないのでダメ!
x = 15;
n(void)
{
printf(‟変数の値は%dである\n‟, x);
intx;
単語の途中にスペースがあるのもダメ!
}
x=15;
pri ntf(‟変数の値は%dで
ある\n‟, x);
}
ダブルクォーテーション内で
改行するのもダメ!
復習
printf()関数による変数値の表示
x = 15;
printf(‟変数の値は%dで,その2倍は%dである\n‟, x, 2*x);
*は乗算
を表わす
変数の値は15で,その2倍は30である
%d は int型変数の値を表示する
float型変数の値を表示するには?
→ %f %e %g などを用いる
→ 詳しくは,付録スライド
【付録】 変換文字の例
• printf中で%で始まる文字には変数の値が表示される
• 変換文字の例(詳細は参考文献を見よ)
%d 整数型(int型)の変数を10進数で表示
%o 整数型(int型)の変数を8進数で表示
%x 整数型(int型)の変数を16進数で表示
%f 実数型(浮動小数点型,float型)の変数を
小数点形式(mmm.ddddddd)で表示
%lf 実数型(浮動小数点型,double型 )の変数を
小数点形式(mmm.ddddddd)で表示
%e 実数型(浮動小数点型,float型,double型 )の変数を
指数形式(m.ddddddd e ±xx)で表示
%g %fと%eの形式の内,適切なほうを自動的に選択して表示
%c char型の変数を文字で表示
%s char型の配列(ポインタ)を文字列で表示
復習
浮動小数点数の代入と表示
int型で表す
ことができ
ない数値は
おかしな結
果になる
int bb = 1300.5;
printf("bb = %d\n", bb);
int型に実数(浮動小数点数)を代
入すると,少数以下は切り捨て
bb = 1300
int cc = 10.56e20;
printf("cc = %d\n", cc);
コンパイラからの
メッセージ
warning = 警告
1344274432
warning C4244: '=' : 'double' から 'int' に変換しました。データが失われているかもしれません。
float xx = 100.56e-20, yy = 10000;
printf("xx = %f, yy = %f\n", xx, yy);
xx = 0.000000,
yy = 10000.000000
printf("xx = %e,
yy = %e\n", xx, yy);
xx = 1.005600e-018,
printf("xx = %g,
xx = 1.0056e-018,
変換文字%fは小数点形
式で表示
変換文字%eは指数形式
で表示
yy = 1.000000e+004
yy = %g\n", xx, yy);
yy = 10000
変換文字%gは適切と思
われる形式を自動的に
選んで表示
変数の宣言いろいろ
int aa;
最後はセミコロン
int aa, bb;
途中の区切りはコンマ
int aa = 10 , bb = 20 ;
宣言と同時に代入
float xx = 1.0, yy = 2.0;
float型でも同じ
いろいろな変数型(1)
1バイト = 8ビット
0000 0000
0000 0001
~
1111 1111
0
1
~
255
4バイト = 32ビット
0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0001
~
1111 1111 1111 1111 1111 1111 1111 1111
0
1
~
4,294,967,295
【付録】 アスキーコード表
アスキーコード(値)
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
!
"
#
$
%
&
'
(
)
*
+
,
.
/
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
:
;
<
=
>
?
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
@
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
[
\
]
^
_
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
`
a
b
c
d
e
f
g
h
i
j
k
l
m
n
o
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
p
q
r
s
t
u
v
w
x
y
z
{
|
}
~
いろいろな変数型(2)
char
1バイト → 英数字1文字を入れるのにぴったり
アスキーコード → 付録
int
4バイト もっとも標準的な整数型
float
2進法で10進実数を表わすので誤差がある
(有効数字8桁程度)
4バイト 単精度実数型(単精度浮動小数点型)
double
floatより高精度(有効数字15桁程度)
8バイト 倍精度実数型(倍精度浮動小数点型)
計算機における計算精度の問題点
有効数字
数学
3
計算機 3
×
1
3
= 1
× 0.33333333
=
0.99999999
2進法による小数点以下の数値の表現
2進数
1111.1111
123 + 122 + 121 + 120
= 8 + 4 + 2 + 1
= 15
= 15.9375
12-1 + 12-2 + 12-3 + 12-4
= 0.5 + 0.25 + 0.125 + 0.0625
= 0.9375
少数以下の2進数による10進数値の表現
(100)2
(10)2
(1)2
(0.1)2
(0.01)2
(0.001)2
(0.0001)2
=
=
=
=
=
=
=
1×22 = 4
1×21 = 2
1×20 = 1
1×2-1 = 0.5
1×2-2 = 0.25
1×2-3 = 0.125
1×2-3 = 0.0625
少数以下の10進数値
には,有限桁数の2
進法では表せない数
値がある.
丸め誤差
問題: 10進数の 0.1 は2進数で表せるか?
(0.001)2 = 1×2-3 = 0.125
大きすぎ!
(0.0001)2 = 1×2-4 = 0.0625 小さすぎ!
(0.00011)2 = 1×2-4 + 1×2-5 = 0.0625 + 0.03125 = 0.09375 まだ小さい!
(0.000111)2 = 1×2-4 + 1×2-5 + 1×2-6
= 0.0625 + 0.03125 + 0.015625 = 0.109075
大きすぎ!
(0.0001101)2 = 1×2-4 + 1×2-5 + 1×2-7
= 0.0625 + 0.03125 + 0.0078125 = 0.1015625 まだ大きい!
(0.00011001)2 = 1×2-4 + 1×2-5 + 1×2-8
= 0.0625 + 0.03125 + 0.00390625 = 0.09765625 惜しい!
課題の考察
課題1-3
次に述べるプログラムを作成し,ソースプログラムと実行結果を提出せよ.
float型変数 aa と bb を宣言し,それぞれに15.1と1.0105の数値を代入す
る.代入したこれらの数値を次のように表示する
15.100000と100000.000000をかけると,その答えは
1510000.038147だ
問題: 計算結果が1510000.000000とならずに端数が出るが,これは間違
いではない. でも,これはなぜだろうか? どうすれば,もっと正確な答え
がでるだろうか? 考察をレポートの最後に記述せよ.
考察
10進実数は2進法で完全に表わせないため誤差がある.float型変数の
有効数字は8桁程度のため,より精度の高いdouble型を使用すれば改
善される.
定数値の書式
int aa;
aa = 35605;
char ss, cc;
ss = 135;
cc = ‘a’
//整数値
//整数値
文字aのアスキーコード(97)
float xx, yy;
xx = 1300.5; //実数値
yy = 5e8;
8
510
double zz;
zz = 10.56e120;
10.5610120
定数値でよくある間違い
int aa, bb, cc = 1;
aa = 1/3*30;
bb = cc/3*30;
printf("aa = %d bb = %d\n", aa, bb);
どんな結果になる?
aa = 0
bb = 0
int aa;
aa = 1.0/3*30;
printf("aa = %d", aa);
aa = 10
1 / 3 * 30
= 0 * 30
= 0
整数同士の演算なので中
間結果も整数値
1÷3 = 0.333… = 0
プログラムの世界では…
1.0 浮動小数点数(double型)
1
整数
1.0 / 3 * 30
= 0.333... * 30
= 10
浮動小数点数と整数の演
算結果はdouble型
いろいろな演算子(1)
代入演算子
x = 10;
x = x + 1;
'='は等号ではな
く代入の意味
x の解は不定???
= は ← の意味
x = x + 1;
x ← x + 1
変数(箱) xから値を取り出して,1を足して変数xに代入する
10
11
x
10+1
いろいろな演算子(2)
算術演算子
+
*
/
%
足し算
引き算
掛け算
割り算
剰余算 (例) x = 5 % 3 → x=2
++
インクリメント演算子
aa++ は aa = aa+1 と同じ → aaの値を1増やす
デクリメント演算子
aa-- は aa = aa-1 と同じ → aaの値を1減らす
-aa = 10;
aa++;
/* aaの値は11になる */
いろいろな演算子(3)
その他の演算子
+= -= *= /= %=
<< >> ^ , etc....
これらは授
業では使わ
ない
関係演算子と論理演算子
> >= <
&&
||
<=
!
==
!=
選択制御文(条件分岐)
で学習
scanf()関数による数値の入力
int x;
printf("値を入力してください.");
scanf("%d", &x);
printf("入力された値は,%dです.\n", x);
値を入力してください. 15
入力された値は,15です.
int aa;
scanf(" %d ", & aa );
キーボードから入力
整数値の入力では%dとする.
変数名の前には&をつける
float bb;
scanf("%f", &bb );
scanf()関数の注意
ダブルクォーテーション内に%d
や%f以外の文字を入れてはダメ
値はいくらですか?15
int x;
scanf("値はいくらですか?%d\n", &x);
int x;
printf("値はいくらですか?\n");
15
scanf("%d\n", &x);
値はいくらですか?
15
int x;
printf("値はいくらですか?");
scanf("%d", &x);
値はいくらですか?15
\nで改行して、次の行で
入力されるのでダメ
ダブルクォーテーション内に%d
や%f以外の文字を入れてはダメ
一つの値の入力には,
一つのscanf()を使う.
(複数の変数に一気に入
力することはできない)
Warning!!
warning C4996: 'scanf': This function or variable
may be unsafe. Consider using scanf_s instead. To
disable deprecation, use _CRT_SECURE_NO_WARNINGS.
See online help for details.
⇒ この関数は安全でない!
これは主にシステムプログラムを書くプログラマへの警告
「この関数を用いたプログラムは,プログラマがしっかり
してないとウィルスの餌食になります」
⇒ 学習には無関係なので無視する.
ダウンロード

Document