実践ロボットプログラミング
LEGO Mindstorms NXT で目指せロボコン!
WEB:http://robot-programming.jp/
著者:藤吉弘亘,藤井隆司,鈴木裕利,石井成郎
E-mail:[email protected]
■LEGO Mindstorms NXTについて
RCX vs. NXT
RIS
NXT
発売時期
1998年
2006年
CPU
H8(8 bit)
ARM7(32 bit)
クロック周波数
16MHz
48MHz
RAM
32KB
64KB
フラッシュメモリ
なし
256KB
転送方法
赤外線通信
USB/Bluetooth
ポート数
入力:3 出力:3
入力:4 出力:3
駆動
電池
電池/バッテリーパック
LEGOロボット構成
• 入力:タッチセンサ(2個)ライトセンサ、超音波センサ、
サウンドセンサ
• 出力:モータ(3個)
プログラミング環境
NXT-SW
NXC
■プログラムを作成するには
プログラム実行までの流れ
1.
PC上でプログラムを作成・コンパイル
2.
Bluetoothよりロボットへダウンロード
3.
ロボット上でプログラムを実行
プログラム言語NXC
• NXC (Not eXactly C)
– NXT用のプログラム言語
– C言語に似た文法を持つ
– WindowsとMacOS X,Linuxに対応
– フリーウェア
http://bricxcc.sourceforge.net/nbc/
• 開発環境
– MacOS X
– テキストエディタ(vi)でプログラム作成
– Windows
– テキストエディタ(メモ帳)
NXCの設定(Windows)
• NXCのサイトを参照
– http://bricxcc.sourceforge.net/nbc/
• テキストを参考
– 付録167ページを参考に
• Windows版のインストール
• プログラム保存方法
• MS-DOSコマンド
■音を鳴らしてみよう
音を鳴らすプログラムのPAD(p.30)
• 音を鳴らすアルゴリズム
処理の流れ
NXCプログラム (p.31: sound.nxc)
注意点:
・拡張子は.nxc
・関数でなくタスク(task)で構成
・main()というタスクが必要
■プログラムを実行してみよう
コンパイルとダウンロード
• NXCによるコンパイル
– ターミナル上でコンパイル
> nbc -O=sound.rxe sound.nxc
実行可能ファイル(rxe)をBluetooth経由でアップロード
NXTブラウザ(Mac)を使用する
Bluetoothによるワイヤレス通信
• 実行ファイルをBluetoothを介してNXTに転送
• Bluetoothとは
–
–
–
–
数m程度の機器間接続に使われる短距離無線技術の一つ
携帯情報機器やPCの接続に利用される
通信機器間の距離が10m程度なら障害物があっても通信可能
無線LANと同じ2.4GHz帯の電波を使用し,1Mbpsの速度で通信
PCとNXTの認証
•
•
•
•
•
•
NXT Browserを起動する
NXTの電源を入れる
NXT Browserの「Search」ボタンをクリック
自分のNXTを選び「Select」ボタンをクリック
NXT本体のオレンジ色(OK)のボタンを押す
PCにパスキー「1234」を入力する
NXT Browser
1234
NXT Browserによるアップロード
• NXT Browserのできること
– NXTの状態(名前,電池,メモリ)の確認
– ファイルのアプロードや削除
プログラムの実行と停止
• プログラムの実行
– NXT Browser
– NXT本体
Runボタン
Stopボタン
プログラムの実行
• 実行時の注意
– ロボットの動作より作成したプログラムのアルゴリズムが実現
できているか確認
– ロボットが目的に応じた動作をしないときは、ロボットの動きを
よく観察しデバッグすること
– NXT本体の空きメモリが足りなくなったら不要なファイルを消
す
ダウンロード

PPT - 実践ロボットプログラミング LEGO Mindstorms NXTで目指せ