低温実験室の利用における安全教育
低温科学研究所、安全管理委員会 編
21.9.4現在
Ⅰ.共通編
(1)安全教育の受講の目的
(2)低温実験室の利用マニュアルの内容確認
(3)入退室ボードの表示
(4)非常時の対応について
(5)非常時呼出ベル配置図の確認
(6)誓約書、安全教育確認書の提出について
Ⅱ.実践編
1
(1)酸素濃度計の位置確認
(2)低温室の温度制御盤の位置確認
(3)夜間、休日使用しないことの確認
(4)一人で入室しないことの確認
(5)警備員室その他の確認
(6)特殊な用途で(薬品など)使用する場合について
安全教育の受講の目的(共通編-1)

低温実験室の利用される方は、低温科学研究所施設・
設備利用内規により、安全教育の受講が義務付けられ
ています。

低温室は極めて特殊で苛酷な環境であるため、非常時
における対応を円滑に行い、事故・事件の影響を極力
低くすることが必要です。そのためには利用者の安全に
対する意識、知識が不可欠です。安全に対する意識、
知識を高めることが安全教育の受講の目的です。
2
低温実験室の利用マニュアルの内容確認(共
通編-2)

入室前に低温室利用マニュアルをよく読んでください。
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/kyoudou/teionro
om/index.html
要点の抜粋
 体調は万全でしょうか?低温室作業は無理すると、本当
に体にこたえます。
 低温室では防寒具(防寒服、防寒靴、帽子、手袋)を着
用してください。
 2時間以上低温室内に留まらないようにしてください。ま
た、こまめに休息するように心がけてください。
3
入退室ボードの表示(共通編-3)

低温実験室に入室している間は、各低温実験室付近に
設置してある入退出ボードに、所定の方法に従って入
退出を掲示してください。
退室時は名札を赤
各自、利用している部屋
のボードを貼る。
この掲示が無い場合は、
低温実験室を使用して
いることが他人に認知さ
れないので、 緊急時の
対応に支障が出る。
入室時は名簿を白
入室ボードは警備員室
で借りられます。借りる
時には警備員室前の
ノートに記入してください
4
非常時の対応について(共通編-4)
監禁(低温室の中での異常)の場合は非常呼び出しベ
ルを押す。警備員室で非常ベルを感知し、連絡を受け
た関係職員が救出を試みます。
 操作盤が鳴動した(低温室外での異常の)場合は、警
備員室まで報告してください。窒息の恐れがあるので、
関係職員が許可しない限り、低温室には入室しない。

非常呼び出しベル
5
非常時呼出ベル配置図の確認(共通編-5)

使用する部屋のどこに非常呼び出しベルが配置されて
いるのかを確認しておいてください。
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/kyoudou/teionro
om/index.html#haichiを参照のこと。
6
非常時呼出ベル配置図
誓約書、安全教育確認書の提出について(共
通編-6)
低温研施設・設備利用内規に従って、安全教育終了後
に誓約書 (外部利用者のみ)、安全教育に関する確認
書にサインをして提出していただきます。
 これらの書類が所長(受け取りは会計担当)に受理され
た段階で、低温室の利用が許可されたことになります。

関連して事前に調べておきたい人たち
 低温室の利用責任者・・・使用する部屋の管理者
 安全主任者・・・・・・・・・・・各研究グループに1名います。
 低温室の運用責任者・・・低温室利用に関する長
 警備員さん・・・・・・・・・・・・緊急時に連絡がいきます
7
酸素濃度計の位置確認(実践編-1)
低温実験室は気密性が高いため、常に窒息の恐れが
あり充分に注意してください。目まいや息苦しさを感じた
場合は速やかに退出し室の換気を行ってください。
 酸素濃度計の値を確認してから入室する習慣をつけた
い。

利用する部屋の酸素
濃度計がどこにあるの
か確認しておきましょ
う。
警報は18%以下にな
るとなりますが、20%
を下回っていたら、入
室は控えて利用責任
者に問い合わせくださ
い。
8
低温室の温度制御盤の位置確認(実践編-2)
低温実験室の温度が高い場合は、冷凍機の故障など
が考えられる。不用意に入室することによって昇温し、
保管している氷試料などが損失する恐れがあります。
 温度制御盤の値を確認してから入室する習慣をつけた
い。

利用する部屋の温度
制御盤がどこにあるの
か確認しておきましょ
う。
各部屋ごとで設定温
度が異なります。
9
夜間、休日使用しないことの確認(実践編-3)
非常時に所として十分な対応がとれないため、20時か
ら6時までの 夜間または休日の低温室作業は、原則と
して禁止します。
 どうしても利用したい場合は、事前に利用責任者に相
談し、利用責任者の許可のもとで入室してください。

恋の町札幌には低温
室以外にも夜間にふさ
わしい場所があるかもし
れないです
10
一人で入室しないことの確認(実践編-4)
初心者は単独での低温室作業は極力避け、できるだけ
2名以上で入室してください。
 良く利用される方におかれましては、運用上1名での入
室がやむを得ない場合がありますが、緊急時の救出が
遅くなることを十分認識して入室ください。

せっかくなら、みんなで
なかよく低温室を満喫
しましょう。
11
警備員室その他の確認(実践編-5)

緊急時に連絡が行く警備員室の位置を入室前に確認
してください。正門から入ってすぐの右手にあります。
低温室へ
の回廊
警備員室
12
正面玄関
特殊な用途で(薬品など)使用する場合につ
いて(実践編-6)
低温室利用申請の段階で、安全性について利用責任
者とよく議論しておいてください。
 利用責任者は事前に運用責任者(受け取りは会計担
当)に特殊用途についての報告を済ませる(利用申請
書に記載)
 特に、液体窒素やドライアイスなど揮発性の高い物質、
メ タノール、燃料など引火性のある物質を用いる場合、
酸化や燃焼、呼吸など酸素を要する実験を継続して行
う場合には適時換気を行ってください。実験システムを
開放系とせず、不要なガスは低温実験室外に排出する
ような工夫をしてください。

13
まとめ
以上で安全講習は終わりです。
 ご不明な点はありませんか?もしありましたら、担当の安
全主任者または低温室利用責任者に納得がいかれる
までお問い合わせください。
 ご不明な点がなければ、入室前に誓約書(所外者の
み)、安全講習確認書にサインをしてください。担当の
安全主任者はこれらの書類を所長(受け取りは会計担
当)に提出してください。
 それでは、ルールを守って安全に実験・分析に取り組
んでください。素晴らしい成果が得られることを期待い
たします。

14
ダウンロード

パワーポイントファイル