淀川キリスト教病院 ホスピス
緩和ケア認定看護師
杉田 智子
発表内容
 当院でのLCP導入の経緯
 導入に向けての準備
 運用手順の内容
 使用状況と看護師のアンケート結果
 LCPを活用するための工夫
当院でのLCP導入の経緯
 2009年3月
LCP日本語版のプレテストを実施
・LCPによって看取りに必要なケアを
もれなくチェックできる
・看取りの時期に必要なケアを適切に
提供できる
LCPは看取りのケアに役立つ!
当院でのLCP導入の経緯
 当ホスピスの現状
2009年度:入院患者数402名
死亡患者数306名
平均在院日数16.3日と非常に短い
ケアの質を保ちながら、看取りの時期に
必要なケアを効率よく提供できること、
記録時間の短縮を目的として、2010年8月
よりLCP日本語版Ver.1.0導入を決定!
導入に向けての準備
 LCPの導入をグループ活動として開始
 LCPグループ内でプレテストの経験も踏
まえ、導入で問題になることがないか、
更に使いやすく工夫できることがない
かを検討
 LCP運用手順を作成
 病棟ミーティングでLCP導入を説明
 LCPの使用方法ついての勉強会を開催
運用手順の内容①
●LCPの開始の判断は、医師と看護師
複数名で行う
入院時
週1回
予後の評価
カンファレンス
毎日の評価
タイミング
を
逃さず開始
● 記録はLCPとグラフィックチャート
(熱計表・温度板)のみとした
運用手順の内容②
●入院時からLCPを開始する場合
初期アセスメントに従来の入院時の聴取する
アナムネーゼから看取りに必要な情報のみを
追加記入する
主な記入内容:家族構成、キーパーソン、
主な介護者、経済的な問題等
その後も、家族から得られた情報は適宜追加
運用手順の内容③
●初期アセスメント
「目標9ケア計画を説明し
ている」「目標10ケア計画
の理解している」では
OPTIM「これからの過ごし
方について」の パンフ
レットを利用した。
●説明内容の可視化、読み
直すことで、看取りに向け
た患者の変化やそれに対す
るケアがイメージできる。
運用手順の内容④
●LCPは紙媒体であるため、使用後は
電子カルテにスキャナーで取り込む
運用手順を整えることで
・LCPが適切な時期に開始できる
・LCPを使用によって適切なケアを行う
・スタッフの負担感を軽減する
LCP使用状況
導入から3か月間
 LCP平均使用期間:4日間
 死亡退院数70名中、51名に使用
・導入当初は、LCPへの移行に慣れず開始に至ら
なかった事例
・入院当日の看取り・急変…など計19名
現在は、スムーズにLCPに移行しほぼ全例に
開始している
(入院当日の看取り・急変は除く)
LCP使用状況
導入から3か月間
 記入漏れがあった目標:
・目標2:各施設のガイドラインや手順書に従い頓
用指示を記載する
・目標6:看取りにあたっての宗教上の要望や信条
を確する
・目標9:今後のケア計画を説明、相談している
・バリアンス発生時間
その場で評価できなかった目標は記入が抜けやすい
見落としではなく評価ができなかった理由を
記録に残す必要がある
LCP使用状況
導入から3か月間
 バリアンスの記入状況:
・バリアンスに対処した結果が記入していない
・継続アセスメントのA・Vとバリアンス分析
シートの内容が一致していない
・バリアンス分析シートに情報共有のための内
容が記載されている
バリアンス記入のルールが必要である
看護師の感想
LCPを導入
して良かった
こと
工夫が必要
なこと
•看取りの時時に必要なアセスメント
とケアができる
•継続アセスメントによって患者・家
族の状況が経時的に把握できる
•看取りに向けてスタッフの意識が統
一される
•記録時間が短縮する
•
•
•
•
家族の情報の追加が必要
(例:家族の情報、看取りの場面)
記入方法の統一されていない
手書であることの負担感
LCPを活用するための工夫
運用手順の追加
内容
家族の情報
伝達方法の追加
●LCPに家族の情報を記入する
・家族の患者に対する思い
・看取りの状況
●電子カルテの掲示版を活用
・次の勤務者に引き継ぐ内容
記入もれのチェック
記入方法の統一
●文章のみでなく記入例を作る
手書きの負担
●記録委員、電子カルテ委員会に交渉
LCPを活用するための工夫
例:継続アセスメントの記入例の作成
達成された場合はA、達成されない場合はVに○をつけ、達成されない場合は、それ
ぞれの欄に具体的な問題を記入して下さい
セクション 2 勤 務 帯
(時刻)
を右欄
に記入
不穏、興奮
目標:患者が強い
不隠、混乱、興奮
状態ではない。
2時
A
6時
V
A
一目見てどのようなバリ
アンスが生じているか分
かることが大切です。バ
リアンス発生の時間と内
容を記入してください。
10時
V
A
14時
18時
22時
Vに○した場合、必ず
バリアンス分析シートに
記入してください。
Ⓥ A
V A
V A
V
例)7:00
身の置き
所のなさ
LCPを活用するための工夫
例:看取りの状況を記載する
例)1:30呼吸停止
妻は「よく頑張ったね、ありがとう」、長女
は「今までありがとう、これからのことは心
配しないでも大丈夫だからね」と声をかけて
いる。
1:50医師死亡確認、妻と長女に見守られ永
眠される
看取り時の家族の反応などチームで共有する
・デスケースカンファレンス
・遺族ケアにつながる
導入のための取り組み
①LCP
グループ活動
の開始
②LCPによる
看取りのケア
を理解する
③運用手順
を整備する
④使用状況か
ら手順を追加
LCP導入の目的:
●ケアの質を保ちながら、看取りの時期に必要
なケアを効率よく提供する
●記録時間の短縮する
目的は達成し
つつある
LCPの活用によってより適切な看取りのケア提供と
質の向上をめざす
ご清聴ありがとうございました
ダウンロード

淀川キリスト教病院ホスピスでの継続使用経験(杉田