Overview on
PCB Waste Management in
Hong Kong
By Vivian TSUNG
Research & Survey Officer
Hong Kong Consumer Council
香港の
PCB廃棄物管理
香港消費者委員会
ビビアン・ツン
Importance of Proper Disposal of
Chemical Waste
Chemical wastes may pose serious
environmental and health and safety hazards
if not stored and disposed of in an
appropriate manner.
3
適切な処理の重要性
廃棄物は
適切な方法で処理されなかった場合、
環境や健康、安全性に
深刻な問題を引き起こす。
4
Hazards of Improper Disposal
of Chemical Waste




toxic effects to workers;
adverse effects on air, water and land
from spills;
fire hazards;
biological disruption to sewage
treatment works where waste enters the
sewage system.
5
適切な処理をしなかった場合

労働者への被害が出る

大気、水、土壌が汚染される

火災の危険性が増す

下水に廃棄物が入り、微生物による下水
処理ができなくなる
6
Use of PCBs

products containing PCBs are no longer
available in HK market

PCBs waste originate only from electrical
capacitors manufactured since 1930s and
are still in use
7
PCBの使用

香港では、PCBを含む製品は現在販売さ
れていない。

PCB廃棄物が出るのは、過去に販売され、
現在まだ使用中の製品からのみ。
8
Small PCB capacitors
manufactured in the past
They have been used in:
 starter
units of fluorescent lights
 fractional horsepower motors (domestic)
 light-industrial electrical equipment
 contain
about 50g of the lower chlorinated PCBs.
 Wastes which may contain PCBs should be treated
as hazardous unless and until laboratory tests
prove their absence
9
過去に生産された
小型コンデンサー
 蛍光灯のスターターユニット
 馬力モーター
(家庭用)
 軽工業の電気製品
これらには、小型のコンデンサーが使用され
低塩素のPCBが約50g含まれている
検査によって、
PCBを含まないことが証明されない限り、
危険ゴミとして扱わなくてはならない。
10
Identification of PCB
containing products
 Nameplates
(Trade Names)
 Suppliers or Manufacturers
 Analysis by qualified laboratory.
11
PCBを含む製品の判別
 ラベル(商標)
 メーカー、もしくは販売元
 検査による分析
12
Removing PCBs
 required
only when the equipment is no
longer in use, and
 when
it has been confirmed that equipment
contains > 50 ppm PCBs by weight.
13
PCBの除去が課される条件
 製品がもう使用されていない
 50ppm以上のPCBを含有することが確認
された場合
14
Removing PCBs by Drainage
Repeated draining and flushing with mineral
oil will eventually lower PCB content to
acceptable levels (2mg/kg) at the expense of generating large volumes of
contaminated oil.
15
鉱物油によるPCB除去
繰り返し鉱物油で洗い流すことで、
PCBの濃度を許容値(2ppm)まで
下げることはできる。
しかし、それと引き換えに
多量の汚染された鉱物油が生産される。
16
The Waste Disposal
(Chemical Waste) Regulation 1992
 PCB
waste is classified as a chemical waste
 the packaging, labelling, storage, collection and
disposal of PCB waste is controlled
For example
 handling by trained operators
 transport only by licensed carriers,
 storage in secure premises away from sensitive
areas.
17
廃棄物処理(化学物質廃棄物)法令
(1992年)
 PCB廃棄物は「化学物質廃棄物」に分類
 PCB廃棄物の梱包、表示、保管、回収および処
理が規制されている
例えば
 訓練された者による取り扱い
 許可されたもののみによる移動
 安全な場所での保管
など
18
Registration required before
Disposal
(1)as PCB waste producer (produces or causes
to be produced PCB waste including old
PCB equipment)
(2)when they intend to dispose of any PCB
waste including old PCB equipment
so that suitable disposal arrangements
will be directed
19
義務付けられている
環境保護省への届け出
(1)PCBを含む製品を保有している場合
(製造者や古い機器の使用者)
(2)そして、それらを廃棄する場合
これらの届け出により、
最適な処理方法が決められる
20
廃棄物を
出す者
廃棄物が な
ぜ発生したか
廃棄物の
発生場所
廃棄物の詳細
環境保護省への
届け出用紙
廃棄物処理の方法
21
廃棄物を
出す者
廃棄物が な
ぜ発生したか
廃棄物の
発生場所
廃棄物の詳細
環境保護省への
届け出用紙
廃棄物処理の方法
22
Before Disposal Method is
Directed
PCBs waste producers are required to store
the PCBs waste in a designated storage area.
Designated
Storage
Area
Notify EPD
for Disposal
Specified
Disposal
Method to
be directed
23
届け出後は所定の場所で保管
処理方法が決定されるまでの間
PCB廃棄物は所定の場所に保管
決められた
場所に保管
環境保護省
に届け出
処理方法が
決められ、
通知される
24
Storage area for PCB Waste
 not
 be
be used for any other purposes ;
enclosed on at least 3 sides;
 have
adequate ventilation to prevent the formation
of any dangerous or harmful concentration of
vapour in the event of spillage or leakage.
etc.
25
所定の場所の条件
 化学物質ゴミの保管以外の目的で使用し
ないこと
 最低3方が壁で囲まれていること
 万が一漏れ出ても、室内に有害なガスが
充満しないよう、適切な換気設備が整備さ
れていること
など
26
PCB containers:
Double bung metal drums
 Clearly
marked with
black indelible ink,
against yellow
background both on the
top as well as on the
curved surface
27
PCB用のコンテナ
2箇所の留め具付き金属製容器
PCBであること、
危険物であることが
一目でわかるよう、
黄色い容器の上部と側面に
黒の消えない文字で
その旨を明記
28
Labelling for PCB Waste
29
PCB廃棄物の表示
30
Safe disposal of PCBs
 By
–
incineration
( > 1100oC with a mean residence time of
2s and a min. excess O2 content of 3 %.
 Arrangements
–
–
could be made with
the Chemical Waste Treatment Facility or
experienced overseas waste disposal
contractors (prior approval required)
31
PCBの安全な処理方法
焼却による処理
( 1100℃以上で2秒以上、
酸素含有量が3%を超える条件で焼却)
処理が行える施設
‐国内の廃棄物(化学物質用)処理施設
もしくは
‐海外の実績のあるPCB処理施設(環境保
護省の許可が必要)
32
PCB wastes accepted at landfill sites
Decontaminated PCB articles and small PCB
capacitors (incorporated as a component of
domestic appliances), which includes:
–
–
properly decontaminated containers and
mechanical equipment such as pumps,
heat exchangers, etc.
33
埋め立て処理が認められているもの
PCBを浄化した部品
小型のPCB含有コンデンサー
(家庭で使用されているものなど)
例えば
PCBを浄化したコンテナ
ポンプや熱交換機などの機器
34
Keeping Track Record
Cradle-to-Grave control :
–
The Trip-Ticket System
35
記録による移動の管理
ゆりかごから墓場まで :
ー「トリップ・チケット」システム
36
The Trip-Ticket System
Keeping track of the movement of chemical waste
from its point of arising to its final disposal site.
37
「トリップ・チケット」システム
廃棄物の発生時点から、最終処分場に至るまでの
すべての動きを記録するシステム
38
PCBs alternatives
 By
retrofilling with mineral oil - most
common, but concern of increased
flammability and fire risk
Other alternatives:
 to blanket the dielectric fluid with inert
gases to reduce the risks of fire when
electrical equipment overheats.
 use of alternative organo-chlorine materials
and of some new formulations
39
PCBの代替品
 鉱物油‐最も一般的。しかし、燃えやすい
ため、火災の危険がある。
その他の代替品:
 絶縁液を不活性ガスで覆い、オーバーヒー
トによる火災のリスクを減らす
 その他の有機塩素化合物や新しい物質
40
Replacement of PCBs in HK
 non-PCB
materials are gaining wider use
(e.g. fluorescent light fittings)
 use
in domestic appliances diminishing due
to design changes
41
香港におけるPCBの代替品への交換
 ノンPCB製品が多く使われてきている(蛍
光灯の安定器など)
 デザインチェンジにより、家電からPCB含
有製品が消えてきている
42
Education and Training
Accessible at the government web sites:
 The
Waste Disposal (Chemical Waste)
(General) Regulation
 A Code
of Practice on the Handling,
Transportation and Disposal of PCB Waste
43
教育と訓練
 廃棄物処理(化学物質ゴミ)(一般)法
令
 PCB廃棄物の取り扱い・移動・処理の
実行規範
香港政府のホームページから
アクセス可能
44
Looking Forward…...
 With
the wider recognition of the potential
hazards associated with PCBs, the use of
PCB equipment is diminishing.
 However,
PCB wastes will continue to be
produced for many years from the gradual
replacement of existing PCB equipment and
retrofilled equipment.
45
今後も出るPCB廃棄物
 PCBの使用に伴う危険性を、多くの人が認識す
るようになってきた。そのため、PCB含有製品の
使用は減ってきている。
 しかし、代替品への交換には何年もかかる。今
後もPCB廃棄物は出続ける。
PCB廃棄物を適切な方法で処理し、
環境への影響を最小限にすることが重要。
46
Conclusion
(1) Safe disposal of PCB waste and
(2) Guidelines on Proper PCB waste
disposal
important
to ensure PCB waste be
disposed in an appropriate manner, in
order to minimize the impact on the
environment.
47
結論
(1)PCB廃棄物の安全な処理
(2)PCB廃棄物の安全な処理に関する
ガイドライン
PCB廃棄物を適切な方法で処理し、環境へ
の影響を最小限にすることが重要。
48
ダウンロード

プレゼンテーションのダウンロード