軟部組織欠損の湿潤治療
-保存的治療に限界はあるのか?-
石岡第一病院 傷の治療センター
夏井 睦
1歳男児。
熱湯による足
背熱傷で,某
大学形成外科
で2週間入院
治療
植皮をしないと
治らない,植皮
をしないと歩け
なくなると説明
を受けた
56日後
保存療法(湿潤治療)の原則
消毒をしない,消毒薬を使わない
創面の乾燥を防ぐ ⇒創傷被覆材を使用
創面破壊薬を使用しない(例:ゲーベン,ア
クトシン,カデックス,ユーパスタなど)
創感染に対しては,感染源の除去(デブリ
ードマン,ドレナージ)で対応する
創傷被覆材など
アルギン酸塩被覆材(アルゴダーム®,ソー
ブサン®など)

出血している創面。
ハイドロコロイド被覆材(デュオアクティブ® )

指尖部損傷,顔面の皮膚欠損創。
プラスモイストP ®

四肢,体幹の皮膚欠損創。膿痂疹。慢性湿疹。
「穴あきポリ袋+紙おむつ」

浸出液の多い皮膚欠損創。感染創。
電動カンナによる指尖部損傷
20歳男性
電動カンナで作業中に右
示指指尖部損傷
末節骨遠位部は欠損し,
骨断端は創面に露出
アルギン酸塩被覆材で被覆
し,直ちに止血が得られる
翌日の状態
11日目
28日目
42日目
7日目の状態
翌日からはプラスモイストのみ貼付
20日目の状態
33日目の状態
64日目の状態
20歳男性
作業中に右小指を
機械に巻き込まれて
受傷
直ちにアルギン酸塩
被覆材を貼付し,フ
ィルム材で密封
翌日からはプラスモ
イストで被覆
受傷翌日
10日目
15日目
25日目
30日目
57日目
犬咬傷による手背の広範囲皮膚欠損
受傷時
72歳女性
自宅の飼い犬に右手背
を咬み取られる
小指固有伸筋腱が露出
していたため当科を紹
介された
創洗浄後,アルギン酸
塩被覆材とフィルム材で
被覆
翌日からポリウレタンフォーム被覆材で被
覆し,患部を安静にせずよく使うよう指導
3日後
11日後
17日後
24日後
42日後でほぼ治癒。
関節拘縮なし。
86歳男性
転倒して右手背に裂
挫創を受傷。
創縫合したが皮膚は
極めて脆弱で薄く,剥
離した部分の皮膚の
血流はなかった。
縫合直後の状態
プラスモイストで被覆
9日目:皮膚は全て壊死した
14日目
20日目
30日目
37日目
43日目:手・指を普通に使っている。
68歳女性
交通事故で左下腿
開放骨折。受傷時,
既に皮膚は高度に
圧挫されていた。
主治医は手術終了
時より乾燥を防ぐた
めにワセリンを塗布
したラップで患部を
被覆
手術終了時
19日後
プレートと脛骨が見える
直ちにデブリードマン
25日後
27日後
34日後
41日後
62日後
90日後:退院した
以後は週1回の通院
111日後
入浴は自由とし,温
泉も許可。
抗生剤は使用しな
い。
ラップで覆うのみ
この状態で骨癒合
を待ち,3ヵ月後に
プレートを抜去。創
部も問題なく治癒し
た。
146日後
プレートが露出している
ドレナージが効いている
感染しない
プレートが露出していると安全
75歳女性
10日前に下腿を打
撲。腫脹はあったが
傷がないため放置。
3日前より疼痛が出
現。2日前より皮膚
が黒変し発熱。
壊死組織下に大量
の血腫あり。
1日後
4日後
19日後
49日後
70日後
103日後
40歳男性
作業中に機械
に右下腿を挟ま
れて裂挫創を受
傷。
直ちに縫合を行
ったが,血腫形
成のため創感
染を起こし,開
放創とした。
15日後
プラスモイスト貼付
22日後
50日後
85日後
137日後
83歳,男性
20年前より糖尿病で
治療中。5年前より腎
不全。車椅子生活。
アキレス腱部の挫創
が治らず,アキレス腱
が露出したため受診。
壊死した腱を少しずつ
切除し,プラスモイスト
で被覆。
28日後
61日後
82日後
166日後
238日後
348日後
38歳男性
3週間前,交通事
故で右殿部の裂挫
創を受傷。近医に
て創縫合を受ける
が,皮膚が壊死し
遊離筋皮弁移植が
必要といわれた。
インターネットで検
索し,当科を受診。
直ちにデブリードマン
穴あきポリ袋で被覆
5日後
皮膚壊死はその後も進行
12日後
18日目に退院
以後は自分でドレッシング交換
70日後
患者家族が撮影
以後はメールで状態
連絡してもらった。
近医も受診していな
い。
「穴あきポリ袋+紙お
むつ」で被覆
退院後,仕事に復帰
したが,特に困ったこ
とはなかったとのこと
ゴルフもしている
仕事は普通にし
ている。
温泉にも入って
いる。
スポーツには全く
支障なし。
全経過を通じ,感
染は起きなかっ
た。
90日後
患者家族が撮影
会陰部ガス壊疽(フルニエ壊疽)
69歳男性
数日前から食思不振があり,8月6日,突
然の高熱で当院受診。
会陰部~殿部に高度腫脹
直ちに切開し,黒色の膿汁が大量に流出
陰嚢部皮膚が壊死し,両側睾丸が露出
初診から16日目。
創部は「穴あきポリ袋+紙おむつ」で被覆。
ゲーベンなどの抗菌剤軟膏類は使用せず。
133日目
27日目
54日目
154日目
140日目
210日目
2度熱傷,3度熱傷241例中,湿潤治療で
治療できなかったのは1例のみ

未治療の糖尿病。下腿熱傷で急激に動脈閉
塞をきたし,下腿遠位が全壊死した症例
 他院(大学病院,熱傷センターなど)で植
皮が必要と説明された症例で,湿潤治療
で治癒しなかった例は皆無。
 瘢痕拘縮も皆無。
肥厚性瘢痕はないか,あってもごく軽度。
湿潤治療に限界はあるのか?
2度熱傷,3度熱傷241例中,湿潤治療で
治療できなかったのは1例のみ

未治療の糖尿病。下腿熱傷で急激に動脈閉
塞をきたし,下腿遠位が全壊死した症例
他院(大学病院,熱傷センターなど)で植
皮が必要と説明された症例で,湿潤治療
で治癒しなかった例は皆無。
瘢痕拘縮:ほぼゼロ
肥厚性瘢痕:ないか,あってもごく軽度。
湿潤治療に限界はあるのか?
肩甲骨,頭蓋骨,脛骨,指節骨露出は全
例湿潤治療で治癒した。
骨露出例,骨髄露出例で創感染,骨髄炎
を起こした例はない。
寝たきり患者で第1趾背側壊死からMTP
関節面が露出した症例も保存的に治癒し
た。
上皮化に長期間を要しても瘢痕拘縮は起
きない。
湿潤治療に限界はあるのか?
四肢軟部組織欠損で瘢痕拘縮,関節拘縮
を起こした症例はない。
指切断で断端に深指屈筋腱が露出してい
れば腱を短くする必要があるが,実際には
「指詰め」症例以外になかった。
手背伸筋腱露出は問題なく治癒。
手掌屈筋腱全長露出は治療経験なし。
ダウンロード

創傷被覆材による 急性創傷治療の実際