平成16年度プロジェクト研究
「障害のある児童生徒等の教育の総合的情報提供体制
の構築と活用に関する実際的研究」
肢体不自由に関するアクセシビリティ上の配慮・
工夫
国立特殊教育総合研究所 研究員 渡邉正裕
磯田医院 理事 磯田真一
ユーザテスト
• CMS 型 Web サイトにアクセスし,いくつかの
作業内容が達成可能か,または達成しやす
いか確認する
– 目的のページ にたどり着く
– 情報を得る
– 書き込む
– …等
• 11月中に実施
ユーザテスト(2)
• テストをしてもらう際に:
– 普段利用しているデバイス(トラックボール等)を
使用する
– 利用者本人が使いにくさに気づいていない場合
もあると考えられるが,実際に操作しているところ
を録画・検証することによって問題を明らかにす
る
フリーウェアを利用した工夫
• キーボードのキーの割り当てをユーザが自由に変
更できるフリーウェアを利用
例)左手に麻痺がある場合,通常キーボード上の左側
にあるキー([Esc] [Tab] [Alt+F4] 等)を,右側
([Home] [Page Up] [Page Down] 等)に配置し直
すことで,右手で操作しやすいように工夫できる
http://www.remus.dti.ne.jp/~kurotora/
磯田による提案
Tab
Shift+Tab
Space
PageDown
PageUp
End
Webのフォームやダイアログの中で、選択したり
チェックボックスにチェックをつけたりするときに便利
である。Enterはしばしばフォーム全体を送信してし
まうように設定されているため、意外とSpaceキーの
存在は重要である。TabのとなりにSpaceがあると、
非常に選択しやすい。
磯田による提案
全角/半角
Home
Homeも筆者はあまり使わないので、「全角/半
角」にしている。「全角/半角」も通常キーボードの
左側にあるので、右側にしている。
磯田による提案
Alt+Esc
Esc
Alt+F4
PrintScreen
Scroll Lock
Pause
アプリケーションの切り替え、および終了。切り替え
ようと思って、誤って終了してしまうことが多いため、
間にEscを置いてある。Escも通常左側に配置され
ているため、筆者にとっては使いづらい。
磯田による提案
Shift+2
Shift+7
:(コロン)
Shift+:(コロン)
:(コロン)
Shift+;(セミコロン)
筆者はASCII配列のキーボードになれてい
るため、このような設定にしている。
磯田による提案
Shift+8
Shift+9
Shift+0
F6
F7
F8
「しゅ」「しょ」「を」などをShiftキーなしで出すようにしたもの。小さ
い「や」がF5に来ても良いが、前述のASCII配列の設定と重なっ
ていて、必要ない。不自然ではあるものの、覚えておけば不便は
感じない。また、IEのF5は「最新の情報に更新」となっているた
め、よく使う。「猫招き」は現在使用しているアプリケーションに
よってキー配列変えることもできるようだが、筆者はすべて同じ
にしている。
磯田による提案
Ctrl+A
Ctrl+X
Ctrl+C
Ctrl+V
F9
F10
F11
F12
コピーやペーストを単一キーでできるようにしてある。
磯田による提案
右Ctrl
右Alt
右Alt
右Ctrl
筆者はCtrlよりAltをよく使う。Altを他のキーと間違って
押してしまうことが多いため、Altを一番端にしている。
ダウンロード

肢体不自由のアクセシビリティについて