生体情報論演習
- PowerPoint の使い方 2011. 4. 22.
京都大学 情報学研究科 杉山麿人
演習の進め方
• 4月22日(今日)
– PowerPointの使い方
– 課題出題
• 5月6日(次回)
– 課題を進める
• 締め切り 5月12日18:00
– メールで提出: (at)は@
mahito+seitai(at)iip.ist.i.kyoto-u.ac.jp
• 5月13日~
– 1人2回前で発表する
PowerPoint の用途
• 人前で発表する(プレゼン)
– 研究室のセミナーで,自分の研究を発表するとき
に使う
– 学会で自分の研究を発表するときに使う
– 会社で自分の企画を説明するのに使う
• 自分のメモ用として使う(ノート)
– 考えをまとめるのに使う
– レジュメ,資料などの作成に使う
– 論文の図などを描いたり,レイアウトしたりすると
きに使う
概要
1. 箇条書きでまとめる
2. 背景を設定する
3. マスタを利用する
– タイトルの大きさ
– フォントの設定
4. オブジェクトを配置する
– 形,色,線の太さ
5. アニメーションを使う
箇条書きでまとめる
• 長い文は使わず,短く箇条書きでまとめる
– 短い時間でスライドの内容を理解してもらうため
• 京都大学は,京都市の左京区にある大学で,生
徒の数は12000人くらいである.また,様々な
学部がある総合大学で,各学部で活発に研究活
動がおこなわれている.
• 京都大学の特徴
–
–
–
–
場所:京都市左京区
生徒数:12000人
多くの学部を持つ総合大学
活発な研究活動がおこなわれている
箇条書きのテクニック
• Tabで1段階中に入れる
– Shift+Tabで1段階外に出す
• テキストの見た目を変える
– 色を変える
–大きさを変える
– 太くする,影をつける,上付き,下付き,…
背景を設定する
• 書式 → スライドのデザイン
• 字が見にくくなるような,うるさいデザインは避
ける
• 白基調がよく使われる
– 無難で見やすい
マスタを利用する
• 表示 → マスタ → スライドマスタ
– ここで設定すると,全てのスライドに反映される
– デザインの統一を簡単に実現できる
• タイトルの大きさを変える
• フォントを変える
–
–
–
–
最低でも 24pt の大きさにする
欧文に和文フォントを使わない
明朝体よりゴシック体のほうが目立つ
例.「MS Pゴシック + Arial」 (Windows)
「メイリオ + Arial」 (Windows Vista, 7)
「ヒラギノ角ゴ Pro + Helvetica」 (Mac)
オブジェクトを配置する(絵を描く)
• 線や四角を描く
– 太さ,色の調節
• オートシェイプを利用する
• テキストボックスを作る
• 図形の調節 → 配置/整列が便利
時計台
アニメーションの作成
•
•
•
•
アニメーションは,PowerPointの強力な機能
その他は,OHPでも実現可能
注目してほしい場所を強調できる
流れに沿って説明できる
Start
課題 (1/2)
• 下のテーマを一つ選んで発表(1回目)
– パッチクランプ法
– 細胞内カルシウムイオン濃度の測定
– 免疫組織化学的手法
– コンフォーカル顕微鏡
– 生化学的手法
– 分子生物学的手法
• 自由にテーマを決めて発表(2回目)
(生命科学に関すること)
課題 (2/2)
• 条件
1. 表紙のスライドに学籍番号・所属・名前を書く
2. 最低1枚テキスト,1枚イラストの2枚を用意する
3. アニメーションを使う
• 締め切り: 5月12日 18:00
• PowerPointのファイルをメールで提出
– ファイル名は ”自分の名前_0422.ppt”
– 本文に学籍番号・所属・名前を入れる
– アドレス:
mahito+seitai(at)iip.ist.i.kyoto-u.ac.jp
参考になりそうな情報源
• Wikipedia
• ライフサイエンス辞書
– http://lsd.pharm.kyotou.ac.jp/ja/service/weblsd/index.html
• PubMed
– http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/
ダウンロード

生体情報論演習 第1回 - Introduction -