TOMYに対する
新商品の提案
チーム Newton
河原亮 小島徹也
末広美樹 角田享也
1
発表の流れ
背景
 商品概要
 販売方法

2
背景
大学生は、たくさんの人達の中から、価値観
の合う友達を探そうとする年代にあたる。
→しかし、一人の力で、価値観の合う友達を見
つけるのは困難だという現状がある。
そこで!
共通の趣味、価値観を持つ友達を探すことを
補助するツールを考案した。
3
4
やだよー・・
来いよー!
5
6
7
!
8
9
10
11
12
13
やったー!
14
商品概要
新型ストラップ
Newton
!
話題提供
→コミュニケーションのきっかけ
!
反応
ストラップ
ストラップ
情報
①恋人がいる・いない
②趣味(分野)
③趣味(詳細)
15
商品詳細
価格 1000円
 形状

約
8
c
m
約3cm

情報内容
①恋人の有無
②趣味(分野)
③趣味(詳細)
・ 各項目ごとに
ランプが点灯+振動
・ 購入時から内容は固定
・ 女性向けに、キャラクター
デザインを充実
16
ケース(飲み会)


これまで
Newtonを使うと!
飲み会で全ての人と
話せるわけではない
話せたとしても、共通
の話題を見つけるま
でには時間がかかる
趣味が合う人がいれば、
自分のストラップが反応
する
→機会損失
→より話が合う人を見
つけやすくなる
17
他のケース

大学生
 学園祭
(他大学との交流)
 入学式 (友達探し)
 教室内 (友達探し)

社会人
 合コン
 結婚式2次会
18
販促方法概要
J智大学の女子大生モデルなど、同年代で影響
力のある学生に無料で配布し、つけてもらう
他の女子大生もそ
れを見て購入する
他の男子大生もそ
れを見て購入する
→大学生なら全員持っているという状態にする
19
チャネル
大学生が足を運ぶところ
 大型量販店(ドンキホーテなど)
 大学生協
20
自社分析(TOMY)


新しい遊びの創出
新しい年齢層を対象と
した、新市場の開拓
「経営方針」


キャラクターに強い
小さい製品に強い
「強みを生かす」
「若者を対象としたストラップ型おもちゃ」の提案
21
22
市場規模
大学生
18~21歳の人口 586万人
進学率 47.3%
大学生の数 277万人
大ヒット
 目標
大学生の30%に所持してもらう。
売上 1000円×83万個=8.3億円

23
収益性
値段
 原価
 その他費用
 1個あたり利益

IC外注
 最終利益

1000円
200円
250円
550円
× 83万個=4.6億円
1.0億円
3.6億円
24
財務状態とリスク

連結B/S (H17)
 流動資産
449億円
 固定資産 106億円
→事業のリスクを吸収できるだけの財務体力
25
展開力と継続性

ターゲットの拡張
 大学生→社会人

バージョンアップ
 時代に合わせた新バージョン(W杯、韓流など)
26
ダウンロード

当日のプレゼンテーションはこちら