舞
姫
博士か大臣か の時代における
東洋文明と西洋文明の間の悲劇
赵骐 200630400021
一番:社会の象徴としての
大臣
 そもそも森鴎外が『舞姫』を執筆した動機は、
当時の立身出世を至上主義とする血も涙もな
い社会に対する、身を挺しての抗議であると考
える。とすれば、そういう社会の象徴として存在
する「大臣」が最も悪いことになる。
二番:わが子をコントロールしようとする
母親
 社会制度としては高級官僚や一流企業を頂点とする
社会構造である。 「母」は0歳児教育から始まり有名
幼稚園・小学校・中高一貫教育の有名私立学校・東京
大学と、わが子をファミコンゲームのキャラクターのよ
うに こね繰り回す教育ママの元祖である。また、「母」
は幼少期ばかりでなく、二十を越えた大人になった
「豊太郎」のもとにまでおしかけ同居することでコント
ロールし、自我に目覚めようとするわが子を、自らの
死によって諌め、死んでもなおわが子を呪縛しようとし
ている所から考えても許すべからざる存在である。
三番:出世を第一とする国家官僚シス
テム を代表する
キャラクター 相沢
 母+官長=相沢。相沢はそうしたエリートコー
スの途上にある人物である。相沢は母の愛情
に代わる友情と、出世に導く仕事の両方を兼ね
備えたキャラ。相沢は、出世を第一とする国家
官僚システムをも代表する。
四番:精神的にわがままで成熟してい
ないところのあるエリート 豊太郎
 3人の中で、もっとも滑稽なピエロ役に徹しているのは
「豊太郎」である。「豊太郎」は「大臣」と「エリス」の間
で右往左往する主体性のない優柔不断な男として当
然非難されるべきである。しかし、「豊太郎」は鴎外の
分身であり、己の恥を誇張して曝してまで社会に抗議
しているのであるから4位である。
五番:悲劇のヒロイン エリス
 エリスは成長しきれず母親をはじめまわりに振
りまわれる男を恋人にもった不幸な女性
まとめ
 主人公太田豊太郎の弱さというか、立身を優先させる
考え方は、現代の価値観から見れば非常な違和感を
覚えるのも確かかと思います。ただ、これもこの物語
が書かれた明治20年代という時代背景を考えれば、
一方的に非難もできない部分があると考えます。つま
りは『末は博士か大臣か』の時代であり、『個人の人生
を国家のそれと、簡単に同一視できた、ある意味では
幸福な時代』とも言える時代であり、個人の幸福と、立
身出世というものが分離しては考えられなかった時代
だったとも言えます。その中で、主人公は、敢えて個
人の幸福と立身出世とは別ではないかとのテーマを
打ち出しつつも、最終的には時代の価値観に飲み込
まれていった。

以上、どうもありがとうございました
ダウンロード

舞 姫