JR東日本の
躍進と展望
千葉大学法経学部経済学科
内山ゼミナール
1
はじめに



現在に至るまでJR東日本は運輸業を主にやってき
たが、人口減少などの社会構造の変化や、様々な
生活変化によって運輸業だけでは発展することがで
きなくなってきた。
それに対して、JR東日本は現在までどのように対
応し発展してきたのか?また今後どのように対応し
ていくべきか?
JR東日本がこれまで行ってきた取り組みを詳しく見
ると共に、さらに発展していくための提言を行う。
2
目次




第1章 現在までの展開
第2章 事業戦略
第1節 鉄道事業
第2節 Suica事業
第3節 エキナカビジネス
第3章 財務諸表分析
終章 今後の展開
課題・提言
3
第1章
現在までの展開
担当 鈴木明子
4
企業は常に環境の変化に対応していかなければ
ならない。
<過去>
問題
鉄道事業 が主
1960年代
輸送力の限界
高度経済成長で経済復興が目覚ましく、人も動
くようになった
東海道新幹線開業
新幹線路線拡大、高速化
広範囲な人の移動
5
<現在>
1990年代
環境問題への取り組み
企業の社会的責任への期待
鉄道事業

しかし

鉄道輸送事業の伸び悩み
鉄道以外の交通手段の発達
少子化による人口減少
+
磁気式自動改札機の莫大なメンテ
ナンスコスト
切符との接触部が多く、ロー
ラーやベルトの磨耗が激しい
コスト削減のため、
新たなICによる改札
システムの必要性
Suica

鉄道以外のビジネス
を育てる必要性
+
ライフスタイルの変化
「時間」
増
・パソコン中心の生活
・女性の社会進出
減
・ショッピングや食事の時間とそれに伴う移動時間
ex.インターネット
通勤や乗換えの
「すきま時間」の利用
駅スペース活用事業 その一つとして
エキナカ
導入
6
形は違うけれど、昔も今も環境変化に対応している。
JR東日本
生活サービス事業
鉄道事業
Suica事業
駅スペース活用事業
エキナカ
:
:
現在では鉄道事業、Suica事業、生活サービス事業はJR東日本の3つの柱
になっている。
7
第2章 事業戦略
第1節 鉄道事業
担当
鈴木明子
8
鉄道事業
鉄道事業では安全・社会・環境という3つの観点で様々な活
動に取り組んでいる。
安全
社会
環境
9
安全
安全
社会
環境
JR発足以来の最重要課題

地震‥
2004年 新潟県中越地震
高架橋などの耐震補強
新幹線脱線後の被害拡大防止

台風‥ 2005年 羽越本線脱線事故
規制強化
風速30メートルを超えると運休
風速25メートルを超えると運休
10
安全
社会
社会
環境
地方

旅行需要の拡大、地方路線の利便性向上
人口減少、地域経済の停滞
都会よりダメージ
が大きい
対応
・新幹線の延伸(東北・北陸新幹線)
・地域のバス・鉄道事業者との連携
・地方幹線の車両の若返り
11
安全
首都圏

通勤ラッシュ、電車の混雑
社会
東京近県から東京へ出勤する人が多い
出勤・帰宅時間が集中する
対応
・東京都心との直通輸送
・東北縦貫線の整備
・列車の増発
・編成車両数を増やす
・拡幅車両の投入

環境
乗換えがないので
移動時間も短縮される
京浜東北線 上野→御徒町
2001年度 混雑率230%
2007年度
209% に減少
女性専用車両の導入
車内における痴漢行為が社会問題化
12
安全
環境

社会
環境
鉄道事業と環境問題の親和性に注目
2008年度で約
企業の社会的責任
86%が省エネル
ギー車両
対応
・省エネルギー車両への置き換え
・ハイブリッド車両を投入する路線の拡大
・蓄電池電車の研究開発
現在は1本
2010年に新たに4本
投入予定
13
安全
新幹線の高速化

社会
環境
世界最高レベルの高速化、航空機との競争力強化
技術面では世界の高速鉄道
フランスTGV
320km/h
速さの面では航空機 というライバル
JR東日本の最高速
度は東北新幹線の
275km/h
高速化と同時に
・環境への適合(騒音の低減)
・快適性の向上(振動の低減・車内静粛性の向上・カーブ通過
時の乗り心地向上)
・信頼性の確保(ブレーキシステムなどの安全性)にも
努めている。
「安全」、「社会」、「環境」の3つすべてに関連している
14
まとめ
鉄道事業では、安全・社会・環境
という3つの観点から、環境の変化
や顧客のニーズに合わせて
対応し、展開している。
安全
社会
環境
今後の課題



高齢化→高齢者のニーズに応える
人口減少→どのように鉄道事業を
維持するか
自動車との競争
終章で!
15
第2章 事業戦略
第2節 Suica事業
担当 山口亜佑子
16
Suicaとは?

ICチップ(集積回路)が内蔵されたカードを、改札機に軽
く触れさせるだけで改札を通過できる画期的なシステム。
2001年 11月 Suicaサービス開始
2004年 3月 Suica電子マネーサービス開始
2007年 3月 首都圏ICカード相互利用サービス開始
Suica事業は、鉄道事業、生活サービス
事業とともに、JR東日本の事業の柱とな
りつつある。
17
Suicaのメリット
利用者側

券売機に並ぶ必要が
ない

スムーズに改札を通
過できる

定期区間外で乗り降
りするときも、不足額
が自動精算される
企業側
 コストの削減ができる
 セキュリティを高められ
る
 駅業務が効率化する
 鉄道以外の新たなビジ
ネスを展開できる

定期券をなくしても再
発行される
18
ICカード展開
街ナカ
エキナカ
鉄道事業
IC乗車券
電子マネー
電子マネー(クレジットカード)
19
Suicaの発展・展開
機
能
モバイルSuica
ビュー・スイカ
+ クレジットカード
+ 携帯電話
電子マネー対応
Suica
+ 電子マネー
Suica
利用者 20

電子マネーサービス
•
乗車券の次のステップとして、生活サービス事
業の展開をめざし、ショッピングの機能を付加。
•
「エキナカ」の店の支払いが可能。
•
「エキナカ」から「街ナカ」へ。
コンビニ、スーパー、書店、タクシーなど使える
場所の増加。
手数料ビジネス
21
「ビュー・スイカ」
• クレジットカードである「ビューカード」とSuica
の機能を一体化したもの。
• 残額が少なくなるとクレジットカードから自動的
に積み増しされるオートチャージ機能を持つ。
• 他企業との提携の軸となる。
22
「モバイルSuica」
• 携帯電話を使ってSuicaのサービスを行う。しか
し利用には会員登録が必要。
• 利用情報などを携帯電話の画面で確認できる。
• 通信機能を利用したオンラインチャージ(入金)、
定期券やSuicaグリーン券の購入が可能であり、
駅の窓口や券売機に並ぶ必要がない。
• ネットショッピングの決済ができる。
• 2009年4月、会員数150万人突破。
23
Suicaの将来
•
電子マネーとしての発展
対応
•
2010年度には電子マネー利用件数、1日当たり800万件を実
現する (2009年6月時点で、151.4万件)
Suica事業を総合的なIT事業へ
対応
現金決済をSuicaにシフトさせることにより消費をデータ化し、
マーケティングデータとして活用する
―Suica事業を経営の第3の柱として確立する―
24
まとめ

Suicaは、鉄道乗車券としての機能を中心に、エキナカビジ
ネス、さらに、他企業と結びつくことで、JR東日本の主要な
事業の柱となりつつある。
今後の課題
利用者獲得
〈電子マネー〉
 ポイント付与は、「ビュー・スイカ」と「モバイルSuica」のみ
〈モバイルSuica〉
 利用者数が少ない
終章で!
手続きが煩雑
ビュー・カード会員以外は年会費、手数料が必要
駅の券売機で現金チャージができない
25
(参考)他の主要な電子マネーとの比較
2009年8月末時点
発行元
発行枚数
利用可能店舗数 月間決済件数
Suica
JR東日本
約2,710 万枚
約69,700 店
約2,887万件
ICOCA
JR西日本
約486万枚
約57,960店
約118万件
PASMO
パスモ
約1,321万枚
約57,000店
約1,240万件
Edy
ビットワレット
約5,140万枚
約153,000店
約2,500万件
nanaco
セブン&アイHD
約890万枚
約27,541店
約3,600万件
WAON
イオン
約1,090万枚
約29,000店
約2,610万件
※JR東海が発行する「TOICA」は2010年春に電子マネーサービス開始予定。
2009年2月時点の発行枚数は約68万枚。
26
第2章 事業戦略
第3節 エキナカビジネス
担当 本間一江
27
エキナカ誕生まで
元々鉄道事業の副業にとって「駅」というインフラは、
副業を行う場所として極めて重要
これまで発展してきた「駅ビジネス」は基本的に
しかし!!
「改札口の外」=「エキソト」
理由
⇒「エキナカ」・・・「ダサい店舗」で時間をかけずに買い物ができる
 需要確保の側面
駅構内に造るより外に面して造れば地域の利用客も確保できる

鉄道事業者としての事情
駅構内は鉄道運営の施設が主体で店舗なんか作るスペースはない

鉄道事業者の先入観念
切符を買って駅に入れば利用客は目的地に急ぐから、 長くとどまって買い物はしない
その考えを変えたのが「ステーション・ルネッサンス」
28

「ステーション・ルネッサンス」
駅の役割をもっと高度化させ、今まではエ
キソトで提供してきた総合的なサービスを駅
の改札口の中でも提供しようとする考え方
元々駅の中に展開している
鉄道会社の副業
キオスク
あじさい
「鉄道会社の雇用対策」
エキナカ誕生!!
Dila
ecute
改善!
「外のテナントを呼び込み」
「外に負けない洗練された
ショッピング・ゾーン」をつく
る
駅空間をトータルプロデュース
「テナントビジネス」として店舗の選定や運営を行う
=「駅構内開発小売業」
=
JR自らが「営業の主体性」を
持った運営形態
29
「エキナカ」ビジネスの位置
駅スペース
活用事業
大
駅
ビ
ル
ミル
ネ・
、百
ア貨
ト店
レ
な開
ど発
(
「エキナカ」
ビジネス
(Dila、ecuteなど)
小売業
)
開
発
規
模
-物の契約
既存の駅構内店舗
賃貸業
(キオスク、あじさいなど)
‐場所の契約
小
改札外
改
札
改札内
30
JR東日本とJR他社との違い
エキナカビジネスへの取り組み

JR西日本、JR東海ともに既存の駅構内店舗
開発や、駅ビル・百貨店開発は行っている
ex. JR西日本の大阪駅新北ビル開発など

しかし、JR東日本のように大規模な改札内
の店舗開発(=エキナカビジネス)は行ってい
ない
JR東日本独自の取り組み!!
31
開発実績の例~ecute品川~
ステーション・ルネッサンス
「通過する駅」から「集う駅」へ
開業 2005年
開発面積 5300㎡
畳1600畳!!
デリ、スイーツ、雑貨、飲食、サービス(73ショップ)
高品質な商品
エキナカ全体 商品と施設
の統一感
の可変性
あ
る
天
井
開
放
感
の
ト 快
イ 適
レ な
32
エキナカビジネスー成功の要因ー
1.
2.
3.
エキナカに統一的なコンセプトの店舗構成
を実施した
乗換人員の多い場所でエキナカ店舗を
作った
エキナカに、多くの店舗の入れる大規模な
場所を確保した
⇒JR他社はもはや改札の外に駅ビルなどを建ててしまい、
東日本のような大規模かつ統一的に駅の改札の中に店
を作るスペースがなかった
ステーションビジネスの開
拓の遅れが、逆にエキナカ
ビジネス成功の要因に!!
対応
ecute、Dilaの積極的な事業展開!!
33
まとめ
JR東日本は鉄道というインフラを利用し、JR
東日本運営者自らが営業の主体になることで、
「スペース」と「利用客」という要素を最大限に生
かし、エキナカビジネスを成功させた!
今後の課題
 従来駅周辺の商店へ流れていた顧客を取っ
てしまう
⇒地域住民との関わり
終章で!
 エキナカの集客力の向上
34
第3章
財務諸表分析
担当 猪田恵里
35
売上高(連結)
ダントツで
高い売上高!!
3 ,0 0 0 ,0 0 0
2 ,0 0 0 ,0 0 0
東日本
東海
1 ,5 0 0 ,0 0 0
西日本
1 ,0 0 0 ,0 0 0
5 0 0 ,0 0 0
度
20
08
年
度
20
07
年
度
20
06
年
度
年
05
20
04
年
度
0
20
百万( 円)
2 ,5 0 0 ,0 0 0
36
売上高伸び率・営業利益伸び率
売上高伸び率
安定した利益獲得
114.0%
140.0%
112.0%
120.0%
110.0%
100.0%
108.0%
106.0%
80.0%
104.0%
60.0%
102.0%
100.0%
営業利益伸び率
東日本
東海
西日本
40.0%
98.0%
20.0%
96.0%
0.0%
2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
東日本
東海
西日本
2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
37
(単体)事業別売上高
関連事業の
売上高の伸び
2, 000, 000
1, 950, 000
1, 900, 000
雑収入
1, 800, 000
不動産賃貸事業
1, 750, 000
1, 700, 000
度
鉄道事業
2
0
0
8
年
度
2
0
0
7
年
度
2
0
0
6
年
度
年
5
0
2
0
0
4
年
度
カ ー ド 事業 0
2
百万(円)
1, 850, 000
38
(単体)事業別売上高伸び率
カード事業の売上高の
伸び率が高い
1 0 0 .0 %
9 0 .0 %
8 0 .0 %
7 0 .0 %
6 0 .0 %
鉄道事業
5 0 .0 %
カ ード事業 4 0 .0 %
3 0 .0 %
2 0 .0 %
1 0 .0 %
0 .0 %
2 0 0 5 年度
2 0 0 6 年度
2 0 0 7 年度
2 0 0 8 年度
※2004年度比
39
(単体)事業別営業利益
5 0 .0 %
4 5 .0 %
関連事業の
効率的な利益獲得
4 0 .0 %
3 5 .0 %
鉄道事業
3 0 .0 %
関連事業
2 5 .0 %
2 0 .0 %
※関連事業には、
カード事業、
不動産賃貸業等が
含まれます。
1 5 .0 %
1 0 .0 %
5 .0 %
0 .0 %
2 0 0 4 年度 2 0 0 5 年度 2 0 0 6 年度 2 0 0 7 年度 2 0 0 8 年度
40
無形固定資産比率
豊富な無形固定資産
↓
利益獲得に貢献
2 .0 %
1 .8 %
1 .6 %
1 .4 %
1 .2 %
東日本
東海
西日本
1 .0 %
0 .8 %
0 .6 %
0 .4 %
0 .2 %
0 .0 %
2 0 0 6 年度
2 0 0 7 年度
2 0 0 8 年度
41
事業別売上高(連結)
事業区分の違い
エキナカの売上高割合が
圧倒的に多い!
東日本
東日本
東海
東海
運輸業
東海・西日本
運輸業
駅スペース活用事業
エキナカ
のみ
ショッピング・オフィス事業
エキソトの
み
エキナカ
と
エキソト
その他事業
流通事業
不動産事業
その他事業
西日本
42
事業別営業利益率(連結)
2 0 .0 %
駅スペース活用事業などの
生活サービス事業が
営業利益率を伸ばしている
1 8 .0 %
1 6 .0 %
1 4 .0 %
1 2 .0 %
1 0 .0 %
運輸業
生活サー ビ ス事業
8 .0 %
6 .0 %
※生活サービス事業は、
駅スペース活用事業と
ショッピング・オフィス事業を
合わせたものです。
4 .0 %
2 .0 %
0 .0 %
2 0 0 5 年度
2 0 0 6 年度
2 0 0 7 年度
2 0 0 8 年度
43
従業員1人当り売上高
70
60
百万( 円)
50
東日本
40
東海
30
西日本
20
10
0
2 0 0 6 年度
2 0 0 7 年度
2 0 0 8 年度
44
まとめ
弱み

効率的な収益獲得
ができていない
強み





環境変化に対応して
きたことの表れ

環境変化への対応力
経営規模の大きさ
安定した利益獲得
利益率の大きな関連事
業が、売上高に占める
割合の大きさ
無形固定資産の豊富さ
45
終章 今後の展開
課題・提言
担当 及川夢野
46
46
グループ経営ビジョン2020ー挑むー

鉄道事業





地方路線に活力を吹き込み、地域と地域交通の活性化に貢献する
東京圏鉄道ネットワークを磨きぬき、沿線価値向上につなげる
地球環境問題に積極的かつ長期的に取り組む
新幹線ネットワークを拡大し、鉄道事業の収益を伸ばす
Suica事業


第二章各節の 対応
より
Suica事業を経営の第三の柱として確立する
エキナカビジネス

生活サービス事業を積極的に展開し、営業収益を全収益の4割程度まで
に引き上げる
47
各事業の課題と提言 1

鉄道事業
①人口の減少による運輸収入の減少
課題
②高齢利用者の増加
③自動車との競争
提言 ①びゅう商品の充実、普通列車グリーン車の増結
②大人の休日パスの充実
③特急・新幹線も含めた乗り放題パスの作成
48
各事業の課題と提言 2
 Suica事業
課題
提言
利用者の獲得
サービスを充実させる
通常のSuicaにもポイントを付ける
EASYモバイルSuica会員サービスに定期券を加
える
49
各事業の課題と提言 3

エキナカビジネス
課題
①地域住民との関わり
②エキナカへの集客
提言 ①地域イベントへの参加、地域物産展の開催
②エキナカの存在のアピール
(看板、通路整備等)
⇒鉄道利用客がもっと立ち寄りやすいように
50
おわりに
JR東日本は、これからますます拍車のかかる
人口減少などの社会構造の変化などに対応し
ていかなくてはならない。
JR東日本だからこその『鉄道事業』という最大
の強みである鉄道インフラを最大限に利用し
て、3本柱を中心に発展していくべきであろう。
生活サービス
事業
Suica事業
エキナカ
鉄道事業
51
参考文献






あずさビジネススクール(編)『超図解 ビジネス 財務諸表と
経営分析』
エクスメディア 2004年
岩田昭男『Suica一人勝ちの秘密』
中経出版 2005年
岩田昭男『クレジットカード これだけ知れば怖くない』
実業之日本社 2005年
鎌田由美子 『ecute物語ー私たちのエキナカプロジェクト』
株式会社かんき出版 2007年
川口勉『Q&A 経営分析の実際』
日本経済新聞社 2005年
椎橋章夫『Suicaが世界を変える』
東京新聞出版局 2008年
52
参考文献





高野雅晴『新しいお金 電子マネー・ポイント・仮想通貨の大
混戦が始まる』
アスキー新書 2007年
竹内一正『電子マネー・ビジネスのしくみ』
ぱる出版 2006年
西山茂『企業分析シナリオ(第二版)』
東洋経済新報社 2006年
日本経済新聞出版社(編)『日経業界地図(2009年度版)』
日本経済新聞社 2008年
平林亮子(編)『ポイント図解式 財務諸表分析入門』
アスキー・メディアワークス 2008年
53
参考HP






「国土交通省」
http://www.mlit.go.jp/ (2009,12,2 閲覧)
「社団法人日本民営鉄道協会」
http://www.mintetsu.or.jp/index.html (2009,12,2 閲覧)
「東日本旅客鉄道株式会社」
http://www.jreast.co.jp/ (2009,12,2 閲覧)
「西日本旅客鉄道株式会社」
http://www.westjr.co.jp/ (2009,12,2 閲覧)
「東海旅客鉄道株式会社」
http://jr-central.co.jp/ (2009,12,2閲覧)
「livedoorニュース」
http://career.news.livedoor.com/ (2009,12,2 閲覧)
54
参考HP






「nikkeiBPネットon Yahoo!」
http://event.media.yahoo.co.jp/nikkeibp/(2009,12,2 閲覧)
「日経ビジネス Associe Online」
http://www.nikkeibp.co.jp/associe/ (2009,12,2 閲覧)
「EDINET」
http://info.edinet-fsa.go.jp/ (2009,12,2 閲覧)
「J-STORE」
http://jstore.jst.go.jp/ (2009,12,2 閲覧)
「商標出願・登録情報」
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_AREA_A.cgi
(2009,12,2 閲覧)
「電子マネー「Edy(エディ)」」
http://www.edy.jp/index.html (2009,12,2 閲覧)
55
ダウンロード

JR東日本 駅スペース活用事業