憲法第17条
数字17の意味
憲法の制定にあたり、どうして17という数字を用いたの
であろうか。陰陽思想によると数字にも陰と陽があり、陽
数の最高9に対して陰数の最高が8で、合計すると17となる。
聖徳太子は陰陽思想にも精通していたというから、根本法
典としての憲法制定にさいし陰と陽の極を合わせた17とい
う数字を用いたものであろう。のちにつくられた貞永式目
の51ヵ条は17の3倍であり、禁中並公家諸法度が17ヵ条から
なっているのはこれにならったものと思われる。
笠原一男 『詳説日本史研究』 53頁
憲法十七条は604(推古天皇12)年に、聖徳太子みずからが起
草して制定したといわれる。憲法とはいっても、今日のそれと
は異なり、主として官吏である豪族に与えた政治的・道徳的訓
戒ともいうべきものである。制裁条項は含んでいないが、法意
識の未発達な時代につくられたものであるから、成文法のはじ
めとみなしてもよいであろう。その内容は和を尊ぶべきこと
(第1条)、仏教を信ずべきこと(第2条)、天皇に服従すべき
こと(第3条)にはじまり、為政者として公平な政治を行なう
ための具体的な心得をさとしている。そこには儒教や仏教の思
想が強く現れており、賞罰の適正を論じたところなどには中国
の法家の思想もみられる。しかし、それらの根底に流れる観念
は強い国家意識である。君・臣・民のあるべき姿を指名し、国
家の進むべき道が、格調のある文章によって示されているので
ある。
笠原一男 『詳説日本史研究』 52~53頁
ダウンロード

十七条の憲法