新開発・新機構高機能車いす
<ラリー>の主軸部ANSIS解析
乗り心地の追求・4輪サスペンションの
主軸部・強度・応力解析
力:500N
全変形量
相当応力
安全率
●開発した車いす<ラリー>は3つの基本構成で“乗り心地”を追求しています
1.新開発Θ型断面のAl-Zn-Mg高力合金A7003ツインチューブパイプによる独自のフレーム構成
2.コイルスプリングキャスターと主軸部のウレタンリングによる4輪サスペンション機構
3.弾性メッシュファブリックのシーティングフレームによる体圧分散効果で姿勢保持・衝撃軽減
●サスペンションの、主軸部の安全率を高めるために、ANSYSにて、材質・形状を解析しました
軸に作用する力を500N、安全率を5として主軸部の設計を行い、製品化しました
連絡先 (有)ムーヴ
住所
電話
横浜市中区新山下3-15-2-208
045(625)3621
FAX 045(625)3622
神奈川県産業技術総合研究所
〒243-0435 海老名市下今泉705-1
支援担当責任者:機械制御技術部 機械制御チーム
増田信次 萩原哲夫
E-mail:[email protected]
TEL (046) 236-1500 FAX (046) 236-1526 http://www.kanagawa-iri.go.jp/
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション