教育学部障害学生支援室の様子
障害学生支援室職員の本年度の勤務体制
週30時間(一日6時間×5日)…1名
 週30時間分を2名で交代勤務…2名
計3名による勤務体制
主業務:
 手話通訳,ノートテイク,PCテイク
 登録支援者や教職員間の連絡調整等のコーディ
ネート
 反省会,研修会,検討会等の実施,記録作成
*講義保障は,一日につき原則として連続しない2コ
マを上限。不足分は学生等の登録支援者に依頼。

群馬大学における情報保障の形態
ノ
ー
ト
テ
イ
ク
(
説
明
会
の
様
子
)
P
C
テ
イ
ク
手
話
通
訳
音声同時字幕システム
これまでの経緯
平成15年度
平成16年度
コーディネート
学生に依頼(謝金有)
ノートテイク
PCテイク
学生中心の登録制(時給による謝金)
職員(2名の交代勤
務)
手話通訳
職員と学外の通訳者
音声同時字幕シス
テム
研究費による試験運
用
平成17年度
職員3名によるシフ
ト
(ノートテイクの一
部を登録支援者に
依頼)
復唱者養成に
よる実運用へ
情報保障の質の向上を
目指した取り組み
授業者,通訳者,学生による検討会
講
義
終
了
後
の
反
省
会
PCテイク講習会(年間5回実施)
ビデオ分析をしながらの手話通訳の研修会
職員による「常駐」手話通訳体制のメリット

講義通訳だけでなく,教職員への相談など,
聴覚障害学生が必要な時に通訳ができる。

質の高い講義通訳に向けた取り組みが行え
る。
・教員,学生間の連絡が密にとれ,迅速な対
応が可能。
・反省会,研修会を継続的に実施できる。
反省会の主な成果





手話通訳者の技術向上
双方の要望をこまめに伝えあうことができる
講義通訳の際に曖昧だったり漏れてしまった
情報をフォローできる。
専門用語の手話を,吟味しながら固定化する
ことができる。
それぞれの講義の特徴に応じた対応を,皆で
検討することができる。
全学的な支援体制へ





「群馬大学障害学生修学支援実施要項」の制定(平
成17年6月10日)
視覚・聴覚・肢体不自由者等の障害のある学生に
対する支援の基準を明文化
手話通訳:原則として,障害者1人につき専門支援
者2人(内1人は専門支援補助者又は専門的技能
を持ったティーチングアシスタントでも可)
*専門支援者はパート職員
ノートテイクは2人体制
各部局から必要経費を本部に要求
現在,心がけていること

全ての授業等への情報保障
(テイカーや通訳者の突発的な都合も含めて)

聴覚障害学生のニーズに即した支援
・求める

学生が入りやすい支援室づくり
・障害学生間での交流 → 意識の変化
・学生テイカーの交流 → 登録者の確保

質の高い情報保障
・反省会,研修会,検討会の継続的な実施
検討すべき課題.1

どこまでが大学の情報保障の範囲なのか?
・現時点での対象外:研究室の「合宿」や「飲み会」
「範囲外」ではあるが,実際は重要

地域とのつながり
・学内の体制が整うほど,相談する必要が減っていく

学生ボランティアの活用と,質の確保
・専門支援者を雇用するよりも,質は下がる
検討すべき課題.2

今後,障害学生の数が増えたら…?
・学生数に応じて職員を雇用するには,どこかで無理が
生じる可能性がある。
→ 専門的なスキルを持つスタッフを養成するシステム
を構築する必要がある。

聴覚障害学生自身のエンパワーメント
→ 同じ仲間同士のつながり,教えあいの力
→ 支援者養成に携われ,ピアカウンセリングの
能力を備えた聴覚障害当事者の教員が必要
ダウンロード

支援室の様子