小栗研究室の紹介
研究室の運営(1)
研究時間 10~16時(タイムレコーダ採用)
締切りホルモンで仕事をするか
– 逃れることの出来ない締切を設定する
– うまくいかないと恥をかいてしまうという緊張感
“もの”を作って仕事をするか
–
–
–
–
本は,問題意識がない状態で読んでもすぐ忘れる.
理解しないで“もの”を作っても動作しない.
問題がはっきりすると眠くならない.
“もの”を作ると次々と問題が発生して,たくさん本を
読むことに.
研究室の運営(2)
最初の2ヶ月は訓練 (NES,GB作成)
計算機環境は流行っているものを使う
– 従って現在はUNIXとWindowsの両方.
– ソフトウェアの開発は Visual C++
実験用にオシロスコープ,ロジックアナライ
ザ,トランジスタ,モータなどの部品多数
研究内容
ロボットの神経を作ろう
– 複数の回路が協調してロボットの動作を制御
再構成可能ハードウェア
– FPGA (Field Programmable Gate Array)による実験
増殖可能ハードウェア
– PCA (Plastic Cell Architecture)のメインターゲット
実物を動かそう
実現イメージ
カメラ(いずれは網膜チップ)
FPGA
(いずれはPCA)
パイプライン
ハードウェによる
立体視処理
駆動制御回路
パイプライン立体視処理
PCA
新しいコンピューティング・アーキテク
チャの研究 (Plastic Cell Architecture)
– 非同期回路 (クロックのスキュー)
– ビットシリアル (データのスキュー)
– 回路を動作中に追加・変更 (汎用性)
設計ツールの研究
– Tanoqs (再帰構造回路シミュレータ)
– QROQS (ペトリネットシミュレータ)
– SFL/PARTHENON
PCAの本質
構成情報
回路が
存在して,
この回路が
別の回路を生成し,
協調動作
ネットワーク
上に
近くと通信して
増殖する回路
PCAセル
圧力をかけて
スペースを作り
そこに新しい
セルを配置
任意の構造を作る
にはどのような順序で
増殖を行えば良いか
FFT回路の再帰表現
x(0)
X(0)
0
x(1)
-1
0
x(2)
x(4)
x(5)
x(6)
x(7)
X(2)
-1
2
x(3)
-1
0
-1
0
1
0
-1
-1
2
0
2
-1
X(5)
X(3)
-1
3
-1
X(6)
X(1)
-1
-1
X(4)
0
-1
X(7)
再帰構造のFFT
小栗研 卒業生の進路
博士後期課程
(永本)
SONYセミコンダクタ九州
(後藤、溝田、小佐々,竹本,井上,中尾,上田)
NECマイクロシステム
(河野)
九州松下
(村上)
日立システム九州
(小形)
富士通研究所
(佐藤)
デジタルプロセス
(高野)
東芝
(坂本)
キャノン
(川尻)
凸版デザイン(LSI設計)
(末永,汐留)
諫早電子
(畢)
インフォセンス
(中山)
研究体制
職員:小栗,本多
D2: 1名
M2: 4名
M1: 3名
B4: 4~名 ← 皆さん
連携研究拠点:NTT,慶応大学,九大,京
大,会津大学,アプリスター社,AOR
アルバイト---VOIP
アルバイト---IMBE,真空管アンプ
非同期回路によるビットシリアルFIRフィルタ回路
input
-2
8
-16
16+2
-16
8
-2
1 bit shif register
adder
output
23 bits shift register
a
b
20
c
18
d
e
f
g
h
i
j
14
12
10
8
6
2
0
*
*
*
*
*
*
*
*
23 bits shift register
input
output
45
90
*
45
*
46
*
3
*
43
*
シフトレジスタ
47
*
94
*
47
*
*
QROQSにより実装したMSB乗算器
メタステーブル発生・検出回路
6.4MHz
RCA
CD74HCT04E
1S1588
Toshiba
74HC00AP
Toshiba
74HC04AP
680KΩ
20PF
20PF
33PF
6.4MHz
RCA
CD74HCT04E
680KΩ
33PF
Toshiba
74HC86AP
33PF
Toshiba
74HC00AP
1S1588
Toshiba
74HC04AP
実物の写真
オシロスコープによる観測
A
B
91ns
OUT1
C
研究環境
アルテラ社
ケーデンス社
開発環境
PCA可変部
設計:竹本
PCA-1 Chip
PCA-1ボードによる実験
ダウンロード

小栗研究室の紹介