パッシブサンプラーを活用した
職場環境、実験室環境の改善と確認
教育支援センター 技術支援課
瀧井靖和
有害化学物質による健康被害が問題化
学内でも被害が発生!! ①
学内の職場で異臭、食物の香りが感じ
られなくなるなど嗅覚にも異常が!
↓
研究室のダクトからアンモニアガス
が漏出していたことが原因と判明
身近にある危険物質!
有害化学物質による健康被害が問題化
学内でも被害が発生!! ②
本学学生が大学近くの住居にて歩行困難と
なり、連絡を受けた教員によって救出!
↓
隣家の塗装工事中に発生していた
溶剤のガスが原因と判明
化学物質に過敏な学生の増加!
大学の抱える問題
大学の化学教育には化学物質を
取り扱う実験、研究が必要不可欠
↓
より健康被害に配慮した
大学環境の整備が必要
シックスクール症候群の防止!
シックスクール症候群防止のために

環境の向上
原因となる化学物質使用の減少や
拡散防止

環境の確認
化学物質の量を測定
パッシブサンプラー



簡便に特定気体の濃度を測定可能
吸着剤を変えることで測定気体を選択可能
被験者への曝露量を測定可能
分析方法

アンモニアガスの測定(インドフェノール法)
・捕集剤にリン酸を使用
・捕集されたアンモニアを溶媒抽出し、ニトロプルシッド
ナトリウムにより発色
・吸光光度法により定量

塩化水素ガスの測定
・捕集剤にトリエタノールアミンを使用
・捕集された塩化水素を溶媒抽出
・イオンクロマトグラフィーにより定量
捕集量から濃度への換算
C : 捕集時の平均濃度(ppm)
W:捕集量(mg)
t :捕集時間(min)
α:濃度換算係数
NH3: 55.789×10-6(mg/(ppm・min))
HCl: 29.53×10-6(mg/(ppm・min))
職場環境の安全確認
以前に環境被害があった事務室にパッシブサンプラー
を設置し、アンモニアガス・塩化水素ガスの濃度を測定
↓
塩化水素ガスは検出されず、アンモニアガスは
測定中の平均濃度で約0.02ppmと微量のみ検出
安心して就業できる環境であることを確認!
実験室環境の改善と確認
学生実験テーマ名
分析化学実験 吸光光度法
(今年度実験書の変更に伴って実験内容変更)
銅イオンにアンモニア水を加え生成した
2008年度
銅アンミン錯体を試料として測定
↓
鉄イオンにフェナントロリンを加え生成した
2009年度
鉄フェナントロリン錯体を試料として測定
両法の操作中のアンモニア曝露量を測定
実験室と分光光度計
測定方法

実験授業時の班の数に相当する4人の被験者が、
実験授業時と同様の場所・環境・時間・手順で操作

同じ被験者が両法により吸光光度法の実験を行い、
その間のアンモニアガスの曝露量を測定

各被験者の曝露量と共に、実験室内上部のアンモ
ニアガス濃度も測定

インドフェノール法にて定量した結果を比較
測定結果
銅-アンモニア法
1.4
鉄-フェナントロリン法
1.2
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
B
上
験
実
室
験
実
室
上
部
A
部
D
者
験
被
被
験
者
B
被
験
者
A
者
験
C
0.0
被
平均アンモニア濃度/ppm
1.6
吸光光度法操作中のアンモニア濃度
実験結果から

実験方法の変更により、実験中のアンモニアガスの
曝露量が大きく減少

実験室上部にはアンモニアが集中するが、空気の
流れによりその濃度は大きく変化

被験者の実験台に向かう方向により実験中のアン
モニアガス曝露量に変化の傾向
安全な実験方法になったことを確認!
空気の流れにより、より曝露量を減少へ
ご清聴ありがとうございました
ご協力ありがとうございました!
理学部化学科 関根嘉香准教授
関根研究室のみなさん
ダウンロード

パッシブサンプラーを活用した 職場環境、実験室環境の改善と確認