OpenGLを使ったプログラム作成
澤見研究室
S96M501 荒木 優子
S96M596 波多江 学
S96M649 吉永 雄高
はじめに
テキストファイルに入力したデータが
OpenGLを用いて3次元グラフィクッ
スを作成することについて順次説明
していく。
OpenGLとは
• OpenGLグラフィックス・システム(GLは
"Graphics Library"の略)は,グラフィックス・
ハードウェアに対するソフトウェア・インタ
フェースです。このインターフェースは,およ
そ120種類のコマンドから成り立っており,
それらを使用してオブジェクトやインタラクティ
ブな2次元グラフィックスアプリケーションを
作成するために必要な操作を指定する。
OpenGLの基本機能
•
•
•
•
•
•
•
•
•
グラフィックスプリミティブの描画
座標の変換
照光処理
フレームバッファによる処理
ディスプレイリスト
エバリュータ
テクスチャマッピング
色の変調・混合処理
セレクション機構
グラフィックスプリミティブの描画
• 点,線,多角形(ポリゴン)を描画するには,
glBegin()とglEndの間にglVertex()でプリミ
ティブの各頂点を指定する。指定できるタ
イプには10種類ある。
コールバック関数を使用した
プログラムの流れ
• OpenGLは,ウィンドウ環境下で動作する
ように設定されている。したがって,目的の
プリミティブを表示するためには,通常の
ウィンドウシステムでプログラムするのと同
じく,イベントドリブン方式(イベント駆動型)
でプログラムすることを必要としている。
各種コールバック関数の指定
• ウィンドウのリシェイプ
(サイズ変更,移動,アクティブ化時)
• マウスボタンのクリック時
• キーボードのキーが押された場合
• アイドリング状態時
C++とは
• C++を使う上でまず理解しておきたいのは
「CはC++のサブセット」ということです。
C++のプログラムの中では,Cのスタイル
で記述可能なものなら,いつでも記述をす
ることが出来ます。例えば,ファイル処理
やprintf関数など,C流の記述をすれば意
図通りに動作します。迷ったらC流の記述
をすればいいのです。
プログラムについて
今回のプログラムは、テキストファイル上に第三者が色の指定
や画像(POINTS,LINES,POLYGON)の指定ができるプログラ
ムを作成した。まず最初に、テキストファイルをOpenGLを用いた
プログラムにリンクするためのプログラムをC++言語で作成した。
次に
まとめ
今回は,OpenGLを用いて簡単な3次
元画像プログラムしか作成できな
かったが,今後の課題としてより複雑
な3次元画像プログラムを作成するこ
とを課題としたい。
ダウンロード

OpenGLを使ったプログラム作成 澤見研究室