表計算ソフトの活用
マクロ機能を利用した情
報処理作業の効率化
マクロとは?

本来は,手作業で行うべき表計算ソフトでの操作を,私
たちに代わって自動で実行してくれる機能。
(例)
売上データ入力
データの並び替え
データの集計
データのグラフ化
データ・グラフの印刷
売上データの入力
並
び
替
え
~
印
刷
ま
で
を
自
動
化
売上データ入力
マクロが私たちに
代わって操作
マクロとVBA

マクロとは・・・
表計算ソフトを自動化するためのプログラム
VBAとは・・・
マクロというプログラムの1つ1つのコードを記
述するためのプログラム言語

マクロとはVBAというプログラミング言語で記述
されたプログラム
マクロの機能と特徴

繰り返し行う定型処理を自動化

セルの内容に応じた処理を自動で実行

複雑な操作を間違いなく実行

時間のかかる操作を自動で実行
マクロ開発手順
①マクロを記録
マクロは正常に動くか?
いいえ
②マクロを編集
はい
③マクロの動作確認
④マクロを登録する
日常業務でマクロを使う
実習1
マクロの記録
記録内容
①セルB2に「VBA」と入力
②フォントの変更
①と②の操作を自動化
※ 表計算ソフトのツールバーを確認
記録の手順
①マクロツールバーの記録開始
ボタン●をクリック
②マクロの記録ダイアログが表示
されたらマクロ名を書式変更と入
力し,OKをクリック
③セル「B2」に「マクロ」と入力し
てEnterキーを押す。
④再びセルB2をクリックして選択
⑤[書式O]をクリックしメニューの「セル」をクリック
⑥[フォント]タブをクリック
⑦フォント名をMSゴシック
スタイルを太字,サイズを14に設定
⑧記録の終了ボタン■をクリック
マクロの実行
・マクロの実行ボタンを押す。
マクロに記録した内容
表計算ソフトにて書式変更というマクロを実行する
フォント名・スタイル・サイズが変更される
本時の内容を応用して,次回は,データ入力から印
刷までを自動化するマクロを作成。
ダウンロード

パワーポイント:165.0KB