インターネット時代の
日本語入力技術
コンピュータと文字入力
 もともとコンピューター(computer)は数字を計
算(compute)するもの

文字情報を扱うのは「余技」
 日本語ワープロの革新性

日本で一番発達
コンピューターを使った文書作成
 ワープロ専用機の時代

1980年代
 パソコンワープロソフトの時代

1990年代
 インターネットの時代

2000年代
「文書」のイメージ
 ワープロ専用機の時代

紙に印刷されたもの
 パソコンワープロソフトの時代

ワードのファイル
 インターネットの時代

ウェブ上の文章
共同作業のスタイル
 ワープロ専用機の時代


紙のやりとり
手書きのドラフト→ワープロで清書
 パソコンワープロソフトの時代


文書ファイルのやりとり
ドラフトのファイル→別人が修正
 インターネットの時代


ウェブ上でやりとり
ディスプレー上での編集
特徴的な技術
 ワープロ専用機の時代

ワープロ内蔵のプリンター
 パソコンワープロソフトの時代

WYSIWYG
 インターネットの時代

CSS
ハードウェア
 ワープロ専用機の時代

メーカーにより異なる
 パソコンワープロソフトの時代

メーカーにより異なるがウィンドウズ・コンパチ
 インターネットの時代

様々なプラットフォーム(パソコン、携帯・・・)
OS
 ワープロ専用機の時代

ハードと一体
 パソコンワープロソフトの時代

ウィンドウズに収束
 インターネットの時代

多様化(Linuxなど)
アプリケーション
 ワープロ専用機の時代

ハードと一体
 パソコンワープロソフトの時代

ワードに収束
 インターネットの時代

ウェブブラウザに収束
文書の構造と見栄え
 ワープロ専用機の時代

見栄えが構造、ただし見栄えの技術は貧弱
 パソコンワープロソフトの時代

見栄えが構造、見栄えの技術は洗練したが使い
こなす技術が必要
 インターネットの時代

構造を重視、見栄えの技術は使いやすくなり情
報の受け手が選択することも可能
文書作成で重要な技術
 ワープロ専用機の時代

文字入力(清書)・・・速さ、正確さ
 パソコンワープロソフトの時代

見栄えを良くする・・・きれいで見やすい文書の作
成
 インターネットの時代

文字入力(創造)・・・快適さ
インターネット時代での文字入力
 基本的な技術として再び重要性が高まってい
る
 文字情報の「創造」が最重要
 重点が「速さ」や「正確さ」から「快適さ」に移っ
ている
 多様な環境(OS、ハード、アプリケーション)
で必要
親指シフトは・・・
 ユーザーに「快適さ」を提供する
 3つの時代を基本的な変化なしに生き延びて
いる(25年間の実績)
 多様な環境(OS、ハード、アプリケーション)
で使える
ダウンロード

インターネット時代の 日本語入力技術