第六課 世界を歩く
黒岩徹
言葉
•
•
•
•
•
•
•
•
•
説
ア(名)論理的にねられた意見、主張
◆ 新しい~を立てる。
学説 社説 定説 天動説
イ(造語)
(1) 道理を立てて述べる。
◆ 説得 説明 解説
(2) 話、物語
◆ 説話 伝説
•
•
•
•
•
•
•
•
発する
ア(自サ)
(1) あることを源として物事が起こる。生
じる。また、始まる。
◆ 条約の効力が~。
(2) 出て行く、出発する
◆ 特急列車が大阪駅を~。
(3) 外へ現れ出る。
◆ 怒りが心頭に~。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
イ(他サ)
(1) 物事を起こす。生じさせる。
◆ 境界争いに端を~した事件
(2) 出発させる。差し向ける。
◆ 特使を~。
(3) 外へ向かって出す。
◆ 光を~
(4) 気持ちや考えを明らかにする。また、口か
ら言葉を出す。
◆ 怒りを~
一言も~しない。
(5) 矢、弾丸などを打ち出す。放つ。
◆ ミサイルを~
•
•
•
きたす
結果としてある状態を生じさせる。多く好
ましくない事態に言う。
◆ 不便を~
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
当てる
あるものを移動させて他のものに強く接触させる。ぶつける。
◆ 的に矢を~
あるものが体に触れるようにする
◆ 額に手を~
あるものに木片、布、紙などをあてがう。
◆ 吸い取り紙をあてて、インクの乾きを早める。
光、熱、風などの作用があるものに及ぶようにする。また、意図しな
いのに、その作用をあるものに及ばせてしまう。
◆ 洗濯物を風に~。
敵などに立ち向かわせる。対抗させる。
◆ 主戦に最強の代打を~
ある目的にあてはめて使う。割り振る。
◆ 余暇を読書に~
関係付けて対応させる、
外来語に漢字を~
•
•
•
•
•
吹き飛ばす
(1)風などが強く吹いてものを飛ばす
風で帽子が吹き飛ばされる。
(2)いっぺんに払いのける。
暑さ/不安を吹き飛ばす。
•
•
•
•
•
居所
(1)座っているところ。
家が狭くて~がない。
(2)すんでいるところ。
~を知らせる。
• 浮気
• (1)心がうわついていて、変わりやすいこと。
移り気。~な性分
• (2)ほかの異性に心移しやすいこと。特に配
偶者があるのに(軽い気持ちで)他の異性と
情を通じること。
~性(しょう)
~心(ごころ)
•
•
•
•
おちおち
(打ち消しを伴って)
落ち着いて、安心して。
うるさくて夜も~眠れない。
• 粋
• (1)容姿、気風などが洗練されていて、しゃれ
た色気があること。
~な姿
(2)義理人情を解し、物分りのよいこと。
~なはからい。
(3)江戸の町人が理想とした美的な生活理念。
↔野暮(やぼ)
文型と表現
• 1、~かねない
•
マイナス状況が出る可能性、危険性があ
るという意味。
• かぜだからといってほうっておくと、取り返し
のつかない病気になりかねない。
• ~のみ
•
限度を表す副助詞、文章語的な言い方。
限定を表す「だけ」とほぼ同じ意味。
• 経験のみに頼っていては成功しない。
•
•
•
•
のみ/だけ
相同点:仅仅,只是
不同点:
(1)意义上:のみ意义单一,只有限定的
意义。だけ除限定意义外,还具有程度,比
例等意义。
• (2)用法上:だけ可以构成很多具有特殊
语法的惯用形。如~だけあって、~すれば
~するだけ、~だけに
• (3)文体上:のみ具有文言色彩,否定时
也和文言判断助动词なり连用,构成のみな
らず,だけ是现代日语的表现形式,否定形
式为だけでなく。
• ~てのことだ。…是(因为)…才行(可能)
(在会话中使用,但语气并不随便。)
• V~てのこと
• 前述のことが可能になるのは、ある条件が必
要である意味。
• 彼は6年も留学できたのは、親の援助があっ
てのことだ。
• 彼は来年から喫茶店を経営するつもりだ。し
かし、それも資金調達がうまくいってのことだ。
• ~とも
•
(形容詞)くとも/~かろうとも
(動詞)~
ようとも (名詞/ 形容動詞)~であろうとも
•
「ても」と同じ意味を表す。文語的な使い方
で、やや古めかしい感じがする。
• 田中さんの送別会には、すくなくとも30人は
集まるだろう。
• どんなに辛かろうと、苦しかろうと必ずやり遂
げて見せます。
• たとえ両親に反対されようとも、彼女と結婚す
るつもりだ。
• たとえ健康であろうと、中年を過ぎたら、定期
検診を受けたほうがいい。
• ~たとたん
•
前の動作や変化が起こると、すぐ後に別
の動作や変化が起こることを表す。後の動作
は、話し手がその場で気づいたことなので、
「意外」というニュアンスがある。
•
◆ 有名になったとたんに、からは横柄
(おうへい)に振舞うようになった。
• そのとたん(に)
• 友達と30分ほど話して、受話器を置いた。そ
のとたんに再び電話のベルが鳴り出した。
• とたんに 这当儿,突然,立刻
• 空が急に暗くなったと思ったら、とたんに大粒
の雨が降り出した。
• ~となれば
• 名/形動(だ)~
形/動~
•
仮定的状況または現実的な状況を示して、
そのような状況のもとで話し手の判断やとる
べき行動を表すときに用いる。
• 外国に住むとなれば、その国の言葉を勉強し
ておいたほうがいい。
• ~も何も
•
主に名詞について、その名詞の表すもの
に類するものすべてという意味、強調する意
味もある。
• 事故のショックにより、自分の名前も何も、
すっかり忘れてしまった。
• 仕事も何も忘れて休暇を楽しむ。
世界を歩く
• 以议论为主的文章的阅读
• 1,目的:通过对某一事物的剖析,提出作
者的主张,使读者对此有明晰的认识。
• 2,内容:剖析事实,论说事理,阐明作者
的观点、立场和主张。
• 3,特点:多使用引用、条件等表达方式,
段落的排列顺序以逻辑顺序为主,主题思
想的表现形式为尾括式。
世界を歩く
• 主要表达方式:
• 1,引述:~は~と判断した。
• ~は~と警告した。 ~は~と断言した。
~は~と忠告する。
• 2,必要条件:~てのこと。
世界を歩く
• 日本における携帯電話
• http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%
E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A
%E3%81%91%E3%82%8B%E6%90%BA
%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B
1
•
•
•
•
•
•
•
社会的現象
電磁波の問題
対電子機器の問題
マナー
道路通行中での使用
携帯電話依存症の問題
プリペイド式携帯電話の犯罪行為への悪
用の増加
• 架空請求メールやチェーンメールなど、
いわゆる迷惑メール(スパム)の問題
• デジタル万引きの問題
• 出会い系サイトがらみの犯罪
• http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%
E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%
E3%83%BC%E3%82%B8
要約文
• 携帯電話が脳に有害だ、無害だ、と論争して
いる。でも便利だから使う人は増えるばかり
だ。警察は捜査に利用するし、居所を相手に
知らせる装置も開発された。人間が技術を使
うのでなく、人間が技術に使われている。いっ
そ持たない人のほうが心身は健康のようだ。
ケータイの社会言語学
• 見せびらかす:自慢そうに見せる
• 最新のデジカメを~
• うがつ (1)穴を開ける。掘る 点滴石を~
(2)物事の真相や人情の機微をたくみにとらえ
る。
うがったことを言う
(3)袴(はかま)履物などを身につける。
速読練習の答え
•
•
•
•
•
(1)人間の目は~きている。
(2)無数の星が光り輝き、まぶしすぎるから。
(3)ア
(4)暗さが人にものを考えさせるということ
(5)高度経済成長期以来、光は繁栄の象徴
であったから。
ダウンロード

第六課 世界を歩く