火山としての富士山と,そのハザード
マップに対する地元行政・住民の意識
小山真人・坂本珠紀
(静岡大学教育学部総合科学教室)
日本の火山ハザードマップの問題点
2003年なかば時点で32火山のハザードマップが公表
ないしは公表準備中.しかしながら,作成されたハ
ザードマップがどのように利活用されているかの検
証例はわずか.
それ以前の問題として,火山ハザードマップの内容
・表現方法がいかにあるべきかについての調査研究
はまったく不十分.ハザードマップの内容や表現は
クローズした会議の席上で決められ,公開の場でほ
とんど議論されたことがない.
個々のマップの内容・表現は,既存のものを参考に
して決められているために類似したものが多く,個
性や魅力に乏しい.
富士宮市立富士宮第二中学校における
ハザードマップ試作版読み取り実験(2004年3月2
日)
結果は次回のお楽しみ
アンケート調査の目的・対象
筆者らは火山ハザードマップの理想的な内容・表現
や利用法をさぐるための基礎研究のひとつとして,
火山の地元の行政や住民が火山ハザードマップや火
山そのものに対してどのような意識や考えを抱いて
いるかを調査している.
今回は富士山麓の自治体の防災担当職員に対するア
ンケート調査をおこなった:
富士山の地元にあたる静岡県・山梨県・神奈川県の
県庁,および富士山麓にある市町村役場の合計115
名の防災担当職員.
調査方法
調査依頼状とアンケート用紙を各県庁の防災担
当職員に送付し,県庁から各市町村に配付し,
回収もおこなう方式としたため,回収率はほぼ
100%.
市町村の防災担当職員の数はもともと少ないた
め,115名という数は該当者のほぼ全員分が集
まったとみてよい.
回答者無記名.アンケートに添えた文で,防災
担当部署としての建前的な回答ではなく,担当
者個人としての自由なご回答をお願いした.
調査期間
2003.1.27
~2.3
調
査
対
象
内
訳
調査対象
静岡県庁
総人数
男
女
10
10
0
1
9
23~49
31
2
29
2
27~56
11
11
0
1
10
33~55
18(性別
不明1,
住所不明
2)
16
1
16
0
25~55
10
10
0
0
10
35~48
33
0
31
1
24~60
2003.1.27
~2.3
静岡県の9市町村
(御殿場市5人,
富士市4人,富士
宮3人,沼津市4
人,三島市2人,
裾野市4人,長泉
町3人,小山町4
人,芝川町4人)
2003.2.17
~2.28
山梨県庁
2003.2.17
~2.28
山梨県の10市町村
(上九一色村・鳴
沢村・足和田村・
勝山村・河口湖
町・富士吉田市・
忍野村・山中湖
村・西桂町・下部
町から各1~2名)
2003.2.17
~2.28
神奈川県庁
2003.2.17
~2.28
神奈川県の13市町
村(山北町2人,
箱根町2人,南足
柄市3人,小田原
市4人,開成町2
人,大井町1人,
33(住所
松田町2人,秦野
不明1)
市5人,中井町2
人,厚木市2人,
平塚市4人,大磯
町1人,伊勢原市2
人)
33(住所
不明2)
地元 非地元 年齢範囲
調査対象市町村(3県庁+32市町村)
アンケート大項目
アンケート項目は,大きく分けて次の3項目
(1)火山としての富士山に対する意識,
(2)火山学一般ならびに火山としての富士山に関す
る基礎知識の獲得状況,
(3)ハザードマップに対する意識
なお,このうちの(1)に関しては,住民も調査対象
2000年度調査(小山・羽根,2002)
富士市および富士宮市の中高生198名
富士市および富士宮市の一般市民85名
2002-2003年度調査(今回の調査)
静岡大学の学生111名
放送大学静岡学習センターでの集中講義の受講生である一般
市民(全員が職をもつ社会人)78名
調査日
2002.5.18
2002.6.16
2003.4.24
調
査
対
象
内
訳
2003.5.31
2003.6.8
調査対象
静岡大学教育学部
総合科学教育課程
1年生(必修講義
「総合科学への招
待」受講生)
放送大学静岡学習
センター「火山と
しての富士山」受
講生
静岡大学教育学部
総合科学教育課
程,学校教育教員
養成課程,および
理学部生物地球環
境科学科の3~4
年生(選択講義
「自然災害と現代
社会」受講生)
静岡大学教育学部
総合科学教育課程
1年生(必修講義
「総合科学への招
待」受講生)
放送大学静岡学習
センター「富士山
の噴火史と災害予
測」受講生
総人数 男 女 地元 非地元 年齢範囲
47
15 32
9
38
18~20
37
21 16
23
14
21~67
23
17
6
0
23
20~23
41
13 28
3
38
18~20
41
21 20
15
26
21~70
Ⅰ
火山としての富士山に対する意識を問う設問群
Q1 富士山を火山として意識していますか?
Q2 富士山の過去の噴火について学校の先生や家族から教えられ
たことがありますか?
Q3 次に富士山が噴火するのはいつ頃だと思いますか?
Q4 もし富士山が噴火したら、あなたの自宅付近がどのぐらい被
害を受けると思いますか?
Q5 もし富士山が噴火したら、あなたの自宅付近が具体的に何に
よって被害を受けると思いますか?
Q6 もし富士山が噴火したら、他の火山と比べて被害全体の大き
さはどうなると思いますか?
Q7 もし富士山が噴火した場合の個人的な対策や避難について、
家族と話し合ったことがありますか?
Q8 富士山が噴火しそうになったとき、その前兆がとらえられる
と思いますか?
Q9 富士山の次の噴火について、その噴火場所や噴火の仕方を今
から予測できると思いますか?
Q10 東海地震と富士山の噴火は、互いに関係があると思います
か?
Ⅱ 火山学一般ならびに火山としての富士山に関する基礎知識
の獲得状況を問う設問群
Q11 過去2000年くらいの間、富士山の噴火は、どの場所で生じた
ことが多いと思いますか。
Q12 過去2000年くらいの間、富士山ではどのようなタイプの噴火が
最も多いと思いますか。
Q13 富士山がこれまでに噴出した火山灰は主にどこに分布していま
すか。
Q14 富士山で噴火が起きた場合、火砕流が発生する可能性はどれ
ぐらいあると考えていますか。
Q15 富士山噴火が差し迫った兆候として重視すべきものを全て選ん
でください。
Q16 危険区域内で発生に気づいた場合、避難にあまり時間的余裕
のない現象は次のうちどれでしょう。
Q17 「火砕流」や「火砕サージ」の発生要因として考えやすいものを
すべて選んでください。
Ⅲ ハザードマップに対する意識を問う設問群(1)
Q18 富士山のハザードマップは火山防災の為に役立つと思いますか。
Q19 富士山のハザードマップはどの地域で配布するのがよいと思いま
すか。
Q20 富士山のハザードマップは,上で答えた地域内の誰に配付する
のがよいと思いますか?
Q21 富士山のハザードマップはどれぐらいの頻度で改訂・配布される
のがよいと思いますか。
Q22 富士山のハザードマップをもとにした土地利用や都市計画は有効
であると思いますか。
Q23 富士山のハザードマップを公開すると観光に悪影響が出るという
意見があります。あなたはこの意見をどう思いますか。
Q24 最近のハザードマップの傾向として、危険情報だけでなく、火山の
恵みに関する情報や火山観光情報を加えた総合的自然ガイドマップとし
てハザードマップを作成・配布する動きがあります。あなたはこの傾向に
ついてどう思いますか。
Ⅲ ハザードマップに対する意識を問う設問群(2)
Q25 富士山のハザードマップに関するあなたの要望や考えを自由
に書いてください
Q26 富士山のハザードマップの配布や説明は,どうい
った形でするのがよいと思いますか。
Q27 富士山のハザードマップの説明会を行うとすれば
、どんな内容に重点をおいて説明すべきと思いますか。
Q28 富士山のハザードマップと併用する資料(ハンド
ブックや解説ビデオ,CD-ROMなど)を作成する必要がある
と思いますか?
Q28-2 上で1または2と答えた方,どんな内容に重点
をおいた資料とすべきと思いますか?
Q6 あなたは、もし富士山が噴火したら、他の火山と比べて
被害全体の大きさはどうなると思いますか?
3 小さく
なると思う
100%
2 同じく
らいだと思
う
1 大きく
なると思う
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
2000年社会人
2000年中高生
非地元市民
地元市民
大学生全体
防災担当者全体
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨市町村
山梨県庁
静岡市町村
0%
静岡県庁
10%
どの集団でも,
富士山噴火の被
害が他火山と比
べて大きくなる
と思っている者
が8割以上いる
Q8 あなたは富士山が噴火しそうになったとき、その前兆が
とらえられると思いますか?
4 ま っ たく
前兆がとら
えられない
と思う
100%
3 ほとんど
前兆がとら
えられない
と思う
80%
60%
2 ある程度
は前兆がと
らえられる
と思う
40%
1 確実に前
兆がとらえ
られると思
う
2000年社会人
2000年中高生
非地元市民
地元市民
大学生全体
防災担当者全体
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨市町村
山梨県庁
静岡市町村
0%
静岡県庁
20%
防災担当職員の92%
地元と非地元をあわ
せた一般市民の90%
が,富士山噴火の際
に何らかの前兆現象
が観測されると思っ
ている
Q13 富士山がこれまでに噴出した火山灰は主にどこに
分布していると思いますか。
100%
80%
回答なし
5 方角に
よらない
4 北麓
60%
40%
3 南麓
2 西麓
20%
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
静岡防災担当者
神奈川県庁
山梨
市町村
神奈川市町村
正答率81%
山梨県庁
静岡
市町村
0%
静岡県庁
1 東麓
Q11 過去2000年くらいの間、富士山の噴火は、どの場所で
生じたことが多いと思いますか? (正解は青字)
5 山頂ならびに
5合目以下の場所
を 含む山腹
4 5 合 目 以 下 の
場所を 含む山腹
100%
80%
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
正答率28%
静岡防災担当者
0%
神奈川市町村
1 山頂
神奈川県庁
20%
山梨
市町村
2 山頂ならびに
5合目以上の山腹
山梨県庁
40%
静岡
市町村
3 5合目以上の
山腹
静岡県庁
60%
Q12 過去2000年くらいの間、富士山ではどの
ようなタイプの噴火が最も多いと思いますか?
回答なし
防災担当者全体
正答率43%
神奈川防災担当者
0%
3 大規模な火砕流
噴火
山梨防災担当者
20%
4 小規模な火砕流
噴火
静岡防災担当者
40%
5 小規模な火山灰
放出と 溶岩流出
神奈川市町村
6 溶岩ドーム の形
成
神奈川県庁
60%
山梨
市町村
7 大規模な水蒸気
爆発
山梨県庁
80%
静岡
市町村
8 小規模な水蒸気
爆発
静岡県庁
100%
2 大規模な溶岩流
1 成層圏に達する
大規模かつ爆発的
な火山灰放出
各噴火の
噴出量比較
Q17 火砕流や火砕サージの発生要因として
考えやすいと思うものをすべて選んでください
1 0 噴 火 中 の火 口 に大 量 の
地 下 水 が流 れ 込 む
100%
9 噴 火 中 にマグ マ成 分 が
変化する
8 溶岩ドームや溶岩流が
冷却した後崩れる
80%
7 溶岩ドーム や溶岩流が
高 温 のまま崩 れ る
60%
6 溶 岩 流 が湖 や 湿 地 帯 に
流れ込む
40%
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
神奈川市町村
神奈川県庁
静岡防災担当者
正答率27%
山梨
市町村
山梨県庁
静岡
市町村
0%
静岡県庁
20%
5 水 深 の浅 い海 や 湖 、湿
地 帯 な どに火 口 が開 き 、
噴 火 が始 まる
4 火口のまわりに降り積
もった火山岩塊・火山樔が
冷却した後崩れる
3 火 口 のまわりに降 り積
も っ た火山岩塊・火山礫
が高 温 のまま崩 れ る
2 火 口 から立 ち 上 る 噴 煙
の勢 いが鈍 る
1 火口から勢いよく噴煙
が上昇し、成層圏に達する
火山学一般ならびに火山としての富士山に関する
基礎知識の獲得状況に関するまとめ
問13(降下火山灰分布)の正答率が最も高く,噴煙が偏
西風にあおられて降灰分布が東に偏りやすいことがよく理
解されている.また,富士山ハザードマップ検討委員会の
調査によって富士山の新たな火砕流履歴が複数発見された
ことがたびたび報道されたために,問14(火砕流の発生可
能性)の正答率も高くなっているとみられる.
しかし,問11(過去の噴火位置)と問12(噴火規模と様
式)の正答率の低さから,富士山の噴火履歴に対する根本
的な知識の不足が感じられる.また,問15(前兆として重
視すべき現象),問16(避難に余裕のない現象),問17(
火砕流・火砕サージの発生条件)の正答率がいずれも半分
以下であり,噴火の前兆や個々の噴火現象の特徴・メカニ
ズムに関する知識や理解度が不十分であることを示してい
る.とくに,火砕流や水蒸気爆発の発生条件についての知
識の周知が必要である.
Q18 富士山のハザードマップは火山防災のために
役立つと思いますか?
100%
回答なし
80%
5 わからない
60%
40%
4 ま っ たく 役
立たないと思
う
3 あ ま り役立
たないと思う
20%
2 あ る程度役
立つと思う
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
静岡防災担当者
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨
市町村
山梨県庁
静岡
市町村
静岡県庁
0%
1 非常に役立
つと思う
95%の人が
役立つと考
えている
Q22 富士山のハザードマップをもとにした土地利用計画や
都市計画は有効であると思いますか?
5 わからない
100%
4 全く そう 思
わない
3 あ ま りそう
思わない
2 あ る程度そ
う 思う
1 非常にそう
思う
80%
60%
40%
全体の73%が
肯定的(非常
にそう思う,
ある程度そう
思う)
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
静岡防災担当者
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨
市町村
山梨県庁
静岡
市町村
0%
静岡県庁
20%
Q23 富士山のハザードマップを公開すると観光に悪影響が出ると
いう意見があります。あなたはこの意見についてどう思われますか?
100%
5 わからない
4 全く 同意し
ない
3 あ ま り同意
しない
2 あ る程度同
意する
1 全く 同意す
る
80%
60%
40%
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
静岡防災担当者
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨
市町村
山梨県庁
静岡
市町村
0%
静岡県庁
20%
55%が否定的(あまり
そう思わない,全くそ
う思わない)であるが
肯定的(非常にそう思
う,ある程度そう思う
)に考える人も41%存
在.ただし,観光依存
度の高い山梨県で,と
くに否定的見解が強い
というわけではない.
Q24 最近のハザードマップの傾向として、危険情報だけでなく
火山の恵みに関する情報や、火山観光情報を加えた自然総合
ガイドマップとして、ハザードマップを作成・配布する動きが
あります。あなたはこの傾向についてどう思われますか?
100%
5 わからない
80%
4 全く 賛同し
ない
3 あ ま り賛同
しない
60%
2 あ る程度賛
同する
1 全く 賛同す
る
40%
防災担当者全体
神奈川防災担当者
山梨防災担当者
静岡防災担当者
神奈川市町村
神奈川県庁
山梨
市町村
山梨県庁
静岡
市町村
0%
静岡県庁
20%
全体の85%から
賛同(全く賛同
する,ある程度
賛同する)が得
られた.
ダウンロード

Document