マグマ活動
地殻内でのマグマ活動

マグマの移動
– マントル・地殻下部
» 非脆弱性破壊 ダイアピル様
粘性移動
– 地殻上部
» 脆弱破壊 ダイク
静岩圧移動
– 浮力の中立点←マグマだまり
マグマ供給システム
マグマの発生
 移動
 周辺物質の溶融
 マグマの化学組成の変化
 例: 姶良カルデラ,桜島のマグマ成
分の変化

噴火様式と火山体分類
Vulcano
 火山体は火山活動とその後の破壊また
は浸食の結果
 噴火様式
– マグマ爆発と熔岩噴泉
»ストロンボリ式,ブルカノ式,プ
リニー式
»玄武岩質洪水噴火
»大規模火砕流噴火

噴火様式と火山体分類つづき
– ハワイ式噴火と,マグマ水蒸気爆発
と水蒸気爆発
» 海底火山は海面下数百メートル
までは枕状熔岩の噴出。そのごは
マグマ水蒸気爆発
噴火様式を生み出す要因
火道移動過程の発泡
 降下か火砕流か溶岩流か
 同一化学成分のマグマの噴出様式の多
様性
 噴火規模

単成火山と複成火山

噴火輪廻
– 1輪廻火山←単成火山
– 多輪廻火山←複成火山

中心噴火と割れ目噴火
– 中心噴火←複成火山
– 割れ目噴火←単成火山
火山体分類1
上段は,単成火山。
 A1: マール,A2: 火山砕屑丘,A3: 熔岩
流原,A4: アイスランド式盾状火山,
A5: 熔岩円頂丘,A6: 火山岩尖,A7: 潜
在火山。

火山体分類2
中段は,複成火山。
B1: 成層火山,B2: 爆発カルデラをもつ成
層火山,B3: クラカタウ型カルデラと軽
石流原(火砕流台地)。
 下段は,特に玄武岩質の複成火山。
C1: 熔岩原,C2: キラウェア型カルデラを
もつハワイ式盾状火山。以上
■
ダウンロード

pptファイル