輸血関連急性肺障害
TRALI
神戸大学輸血部
西郷勝康
輸血関連急性肺障害
TRALI : Transfusion-Related Acute Lung Injury
◇発症頻度、0.02% ?
◇死亡率、約10%
◇FFP, Packed Red Cell, PC, Cryoprecipitate, IVIG
◇輸血6時間以内(1-2時間);dyspnea, hypotension, feverを
伴う非心原性肺水腫
◇鑑別 輸血関連循環過負荷
輸血以外の原因による心不全
アナフィラキシーショック
汚染血液による細菌感染 など
◇治療 早期発見、酸素療法、呼吸補助療法
TRALIの診断基準
a: 急性の肺障害
i) 急激に発症
ii) 低酸素血症
PaO2/FiO2が300mmHg以下またはSpO2<90% (room air)
またはその他の低酸素血症の臨床症状
iii) 胸部X線上両側肺野の透過性低下
iv) 左房圧上昇(循環過負荷)の証拠がない
b: 輸血以前に急性肺障害がない
c: 輸血中または輸血後6時間以内に発症
d: 時間的に関係のある急性肺障害の他の危険因子がない
Toward an understanding of TRALI consensus conference, 2004
TRALI発症の要因
抗HLAクラスI&II抗体,
G-CSF
抗PMN抗体・・・
GM-CSF
TRALI
補体
活性脂質
Lysophosphatidylcholine
TNF, IL-1,
IL6・・・
LPS
敗血症・感染症
免疫複合体
TRALIの病因
conditioning(TNF, LPS, Lyso PC, G-CSF,IL-6, IL-8 ・・・)
Activation
of EC
Ligand
ICAM-1
Activation
of PMN
MAC-1
IL-8
increase
Adhesion to EC
in Lung
TNF,
IFNγ,
IL-18
Priming of NADPH
oxidase →reactive
oxygen species
2nd stimulation(Lyso
PC, Anti-WBC Ab)
Activation of PMN
Complement Activation
EC damage
Increase in permeability
Lung injury
日本における製剤別TRALI発生頻度
(日本赤十字社 1997~2002)
輸血製剤
報告数
供給本数
報告頻度
濃厚赤血球
42
2005万
1/48万
新鮮凍結血漿
9
1309万
1/145万
濃厚血小板
30
423万
1/14万
全血
1
47万
1/47万
洗浄赤血球
1
21万
1/21万
その他の製剤
0
39万
-
複数種類の製剤
17
-
-
計
100
3844万
1/38万
TRALI発症の誘引となったドナーへの対策
ハイリスク?
特異性の分かった抗顆粒球抗体保有ドナー
抗白血球抗体保有ドナー
リスクあり?
多経産婦ドナー
献血者減少
妊娠経験のあるドナー
リスク否定できず?
すべての女性ドナー
ダウンロード

輸血の歴史