第138回
E-Learn2012に参加して
• 2012.10.9(火)~12(金)@カナダ・モントリオール
• こんな発表が気になりました
– 4本のAwarded Papersのキーワード,研究対象
• こんなところが便利:JSETと違うところ
– プログラム検索,みたいセッション一覧,ppt公開
• ここ数年で新しくなったこと
– CD-ROM,Daily Report,Poster/Demo
• ここ数年の採択率・件数は? ①E-Learn ②ED-MEDIA
• Future Conferences:2013&2014はどこ?
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
1
こんな発表が気になりました
ー4本の Awarded Papers -
Yuhei Yamauchi, Toru Fujimoto & Kaoru
Takahashi, The University of Tokyo; Junko
Araki, Sanno University; Yusuke Otsuji &
Hisashi Suzuki, Benesse Corporation
• Impact of Using Facebook as a Social Learning
Platform to Connect High School Students with
Working Adults (Japan)
高
• Incorporating Social Oriented Agent and Interactive
Simulation in Elearning: Impact on Learning,
Perceptions, Experiences to non-Native English
大
Students (Libyan Arab Jamahiriya)
• Integrating ICT into Higher Education at the University of
Moncton: A Quantitative Investigation of Onsite vs.
大
Online Students’ Perceptions (Canada)
• Social Networking Services in E-Learning (Germany) 大
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
2
こんなところが便利:JSETと違うところ
• プログラムのオンライン検索
– Author, Title, Abstract, Organization, Country
• オンラインプログラムでpptファイル公開
– pptだけでなく、動画ファイルも公開可
– Virtual Presentation/Participationも可
• 検索結果からみたいセッション一覧を作成
– Schedule Plannerで
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
3
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
4
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
5
検索結果セッショ
ンの時間帯・部屋
・種類・タイトルを
一覧表示。
Detailedでは著者
と要約も。
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
6
ここ数年で新しくなったこと
• E-Learn2009~
– Proceedings:CD-ROMなし→EdITLibのみ
• せめて、合冊PDFがダウンロードできれば・・・
• E-Learn2011~
– Daily Report:General Sessionで配布→オンラインで
• Addition, Moved, Cancelledがわかりにくいかも・・・
• E-Learn2012~
– Poster/Demoが、夕方→Sessionsと並行
• Poster/Demo発表という雰囲気が薄くなったかも・・・
• “with Pecha Kucha option”がなくなって残念・・・
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
7
ここ数年の採択率&発表件数①
E-Learnの場合 ED-MEDIAの
•
•
•
•
2012
2011
2010
2009
361件
455件 2726p.
467件 2852p. 693 -> 414
593件 4026p. ??? -> 550+
方が明確に公
開されている。
→別スライド
– E-Learn2009からProceedings CD-ROMなし→EdITLibのみ
• 2008 689件 4442p. 987 -> 391
• 2007 672件 4420p. 1500+-> 45%
– 件数はEdITLibから。投稿数・採択数はProceedings Prefaceから。
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
8
ここ数年の採択率&発表件数②
ED-MEDIAの場合
•
•
•
•
•
2011 4018p. (F)521->241, (B)362->165
2010 4236p. (F)381->247, (B)168->131
2009 4954p. (F)568->210, (B)421->235
2008 6368p. (F)800+->350, (B)450+->250
2007 5154p. (F)???->294, (B)???->381,
(Poster)???->125 23%
– 投稿数・採択数はProceedings Prefaceから。
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
9
Future Conferences @ AACE
• E-Learn
– 2013 Las Vegas, NV, USA
Oct. 21 – 25
• ED-MEDIA
– 2013 Victoria, BC, Canada Jun. 24 - 28
– 2014 Europe TBA
• SITE
– 2013 New Orleans, LA, USA Mar. 25 - 29
– 2014 Jacksonville, FL USA Mar. 17 - 21
©2012 谷塚光典
eラーニング推進機構eラーニング授業設計支援室
ランチョンセミナー
10
ダウンロード

第 回 ランチョンセミナー登壇者用雛形