高解像度GCMの重力波の解析
気候物理コアモデル改良サブグループ
渡辺真吾
モデル開発の進捗状況&作業予定
陸面・海洋炭素循環・SPRINTARS・
CHASER結合の対流圏版KISSMEが完成
 成層圏への拡張・新放射コード&HINES重
力波パラメタリゼーションの組み込み(作業開
始・・直前)
 コードの高速化・ノード内並列化(上記のス
テップが完了し次第NEC大越智さんに協力
依頼)

重力波パラメタリゼーションの改良
昨年秋~冬にかけて、高解像度GCMの重力
波をさらに詳しく解析(論文執筆中・一本はほ
ぼ完成)
 ソース分布の求め方に一部改良を施した
 チューニングの方法を改良した
 T42への組み込みとテスト積分は未実行
 ・・というわけで、今回は高解像度GCM中の
重力波の様子を紹介します

鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の立体構造
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の立体構造
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の立体構造
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の立体構造
鉛直風小規模擾乱の水平分布
鉛直風小規模擾乱の立体構造
まとめ


高解像度GCM中の重力波のうち、鉛直風擾乱成分
が大きいもの(=鉛直波長が長く、上空に大きな運
動量を運ぶもの)の性質を全球にわたって調べた
重力波の主な励起源
• 中・高緯度
•
•
•
•
温帯低気圧や梅雨前線に伴うメソスケール対流システム
大陸上の大規模な熱雷
山岳地形・南極氷床
ジェット気流
• 低緯度
• ITCZや熱帯低気圧に伴うメソスケール対流
• 大陸上の孤立したメソスケール対流
まとめ(2)

重力波の性質
• 冬半球
• 西風中を西進(波面が上空ほど西傾)
• 水平波長200-400 kmのものが卓越
• 鉛直波長10km以上(下部成層圏)、30km程度(中間圏)のものが
卓越(極夜ジェットによるドップラーシフト)
• およそ半日程度で対流圏から上部成層圏に到達
• 夏半球
• 亜熱帯ジェットの中では西進・それより上では東進波が卓越
• 冬半球よりも緯度方向に広範囲に伝播する傾向が見られる
• 上部成層圏ではインド・モンスーンや北米大陸上の強い対流を起
源とするものが目立つ
ダウンロード

Document