研究成果を世界へ配信:
なぜ、どうやって、そして誰が
RA協議会第1回年次大会・2015.9.2
今羽右左 デイヴィッド 甫(KURA)、
小泉 周(NINS)、倉田 智子(NIBB)
Bristol
シンポ
今羽右左 デイヴィッド 甫
…今までの歩み(抜粋)
Hamburg
Bordeaux
シンポ
物理、美術
1967 生まれ ∼ 大学卒 1990
Heidelberg
シンポ、拠点
1990 園部町 ∼ 国際大 1995
Zurich Wien
シンポ
1995 WDC ∼ ウィーン 2007
大使館
2009 京都大学 ∼
北京
シンポ
エネ研究
新潟
京都
Kathmandu
視察、調査
園部
仙台
東京
津
インターン、エネ研究
国際交流
広州
Vancouver
総領事館
Portland
物理、音楽
新嘉坡
エネ研究
Chicago
AAAS
Washington DC
エネ研究
North
テレビ、外交、
NCURA Carolina
国際交流
San Jose
AAAS
Guanajuato
学長会議
そしてこれからも、
京大と共に更に広く、先へと。
Honolulu
研究成果を世界へ配信
point 1
why
?
研究成果を世界へ配信
point 1: why
研究成果を世界へ配信
point 1: why
no such thing
as bad publicity.
There is
…但し一般
メディア
に限る!
研究成果を世界へ配信
余談1: メディアの種類と特徴
一般メディア
専門メディア
メジャー新聞、ニュース誌
専門誌、ジャーナル
ネットメディア
ネットメディア
テレビ
溝
⋮
研究成果を世界へ配信
余談2: 情報の流れ ∼日欧比較∼
発信元
Source
記者クラブ
Paid
Services
Free/
In-House
メディア各社
Media Outlets
オーディエンス
Audience
Social
Media
SNS…
研究成果を世界へ配信
point 2
how
?
研究成果を世界へ配信
point 2: how
…但し、単純に日→英ではない!
英
英
英
英
英
英
英
英
英
英
研究成果を世界へ配信
余談3: 日英プレス向け研究成果発表文の違い
日
英
論文ベース
記事ベース
長い
短い
細かい
(やや)一般向け
図が多い
図が少ない
専門用語だらけ
専門用語控えめ
「研究者の声」
https://www.google.co.jp/search?rls=en&q=writing+a+newspaper+article
http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/j/pr/2012/06/25-nr.html
http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/e/pr/2012/06/25-nr.html
①組織、関係者紹介
②成果・背景、応用
③英文のみコンテンツ
研究成果を世界へ配信
余談3: 日英プレス向け研究成果発表文の違い
日
英
論文ベース
記事ベース
短い
ル
ト
イ
タ
細かい
(やや)一般向け
図が多い
図が少ない
図
専門用語だらけ
専門用語控えめ
ン
ョ
シ
プ
「研究者の声」
ャ
キ
長い
ル
ト
イ
タ
図
ン
ョ
シ
プ
ャ
キ
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2012-06/ific-fcg062212.php
研究成果を世界へ配信
余談4: インパクトのあるタイトルを書こう!
• “ASAP”
できる限り短く
• applications
応用
• results
結果
• jargon-free!
専門用語
研究成果を世界へ配信
余談5: 中身の話し ∼英文発表文のミソ∼
• Lead (applications & results)
応用と結果
• Background
背景
• (more background)
• Quotation 1
語
用
門
専
!
こ
こ
↙は
「若手研究者の声」
• Still more background
• Quotation 2
• (more applications)
• (Quotation 3)
「偉い先生の声」
研究成果を世界へ配信
余談6: リリース解剖劇場
①&②
研究成果を世界へ配信
point 3
who
?
研究成果を世界へ配信
point 3: who
Zurich Universityの場合…
• 大学広報にサイエンスライター6名
• 科学に興味のある文系出身の人
• 出来ればメディアの経験も…
研究成果を世界へ配信
point 3: who
京都大学の場合…
• 大学広報にサイエンスライター0名
•…
研究成果を世界へ配信
point 3: who
日本の場合…(案)
え!!
• サイエンスライター採用
• 科学に興味のある文系出身の人
• 出来ればメディアの経験も
•
•
• 英語苦手でもOK!
研究成果を世界へ配信
point 3: who
いいの。
読みやすい
日本の場合…(案) 日本語を後で
(外注でも)
• サイエンスライター採用
英語に
• 科学に興味のある文系出身の人
すれば
良い!
• 出来ればメディアの経験も
•
•
• 英語苦手でもOK!
そして読みやすい
日本語も使える!
待望
の
point 3: who
9月 デビ
上旬 ュー
予定
京都大学の場合…(続編)
研究成果を世界へ配信
• 広報・KURAで成果選出
• サイエンスライティング外注
• サイエンスイラストレーション外注
• KURAで編集
• EurekAlert!で世界へ!
研究成果を世界へ配信
point 4
when
?
研究成果を世界へ配信
point 4: when
now of
course!
英文プレスリリース配信プラットフォーム
の検討と活用について
大学研究力強化ネットワーク
国際情報発信に関するタスクフォース
平成26年度
より抜粋
1
150 years ago…
Now…
(Science, July 30, 2015号掲載)
2
英文プレスリリース配信プラットフォームの検討取り組み
2014年3月 Nature本部広報部長 Alice Henchsly氏 来日
国際科学広報に関するワークショップ開催
日本発の国際科学広報に関する問題意識の共有
2014年8月 AlphaGalileo代表の来日 意見交換会開催
プラットフォームのひとつとしてAlphaGalileoについて検討
2014年9月 URAシンポジウム(北海道大学)にて、セッション開催
EurekAlert!, AlphaGalileo,ResearchSEA等の比較紹介
2015年3月 国際科学広報ワークショップ
国際科学広報の目的の整理
2015年5月
AAAS EurekAlert! について勉強会 Brian Lin氏 来日
プラットフォームのひとつとしてのAAAS EurekAlert!について検討
3
国際科学広報における課題
(1)コンテンツ内容づくり?
(2)英語翻訳?英語スタイル化? 人材の確保?
(3-1)海外への配信?リーチ?どのように?
(3-2)Webの活用?マルチメディアの活用?
(4-1)問い合わせ対応?(英語対応?)
(4-2)メディア対応トレーニング??
(5)国際広報の効果評価?
2014年3月 Nature本部広報部長 Alice Henchsly氏 来日
国際科学広報に関するワークショップ開催
4
英文プレスリリース配信プラットフォームの比較について(1)
英語プレスリリース 配信プラットフォームの仕組み
大学や研究
機関
プレスリリースの投稿
配信プラット
フォーム
世界中の記者へ配信
二次転載等され、一般市民へ拡散
2014年9月 URAシンポジウム(北海道大学)にて、セッション開催
5
EurekAlert!, AlphaGalileo,ResearchSEA等の比較紹介
英文プレスリリース配信プラットフォームの比較について(2)
国際的プレスリリース
プラットフォーム
EurekAlert!
AlphaGalileo
ResearchSea
実施主体
AAAS
米国
AlphaGalileo Ltd
欧州
ResearchSEA
アジア
英語プレス 日本語プレス
登録記者
その他
リリース配 リリース配信
数(概数)
信
機能
解禁前情
EurekAlert! Japan ポータルの設立
報配信可
11,000人
あり
能・解禁後
月ごとに簡易レポートあり。
公開
解禁前情
報配信可
6,000人 ウェブ上で簡易レポート閲覧可。
なし
能・解禁後
公開
解禁後配
信
なし
****
英文論文から英語のプレスリリー
スを作成するサービスあり。配信
したリリースのカバレージをweb
monitoringし、レポート。
抜粋
2014年9月 URAシンポジウム(北海道大学)にて、セッション開催
EurekAlert!, AlphaGalileo,ResearchSEA等の比較紹介
6
英文プレスリリース配信プラットフォーム:国際科学広報の目的の整理
(国際科学広報ワークショップ2015にて
「日本の大学や研究機関における国際科学広報の目的とは?」
日本の大学や研究機関にとって、国際化は喫緊の課題となっているが、日本の大学や研
究機関の国際的な知名度は、実際の研究力等に比して、決して高くない。
正当な評価を受けるためにも,まず,大学や研究機関の国際的なブランドイメージの確立、
それに伴う知名度および評判(Reputation)の向上は重要である。それによって、国際的
な研究者や大学生・大学院生などの人材確保、国際共同研究の推進などさまざまな面で
の進展が期待できる。また、海外の現地での認知度の向上は、フィールド調査などを伴う国
際共同研究や大型プロジェクト推進にとって、大きな後押しとなる。
さらに、研究者の研究活動の評価にとっても、いまや既存のメディアをしのぐ視聴者数のあ
るソーシャルメディア等を用いた国際的な情報発信は、Altmetricsを用いた研究評価など
に寄与する可能性も無視できない。
このように、大学や研究機関における国際科学広報は、組織にとっても研究者個人にとっ
ても、その活動を国際的に広め、研究力を高め、正当な評価を受ける重要な手段であると
いえる。
そのためにも、大学や研究機関においては、それぞれの経営指針に照らした広報目標、対
象、手法の設定について、今後のさらなる検討が必要である。
7
英文プレスリリース配信プラットフォーム:
AAAS EurekAlert! Japan Portal
AAASが提供する英日でのプレスリリース配信ポータル(2014年11月始動)
記者登録数 1万1千人超
日本の科学記者 250名超
Chiba University
High Energy Accelerator Research Organization (KEK)
Hiroshima University
Kanazawa University
Kobe Uinversity
Kumamoto University
Nara Institute of Science and Technology (NAIST)
National Institutes of Natural Sciences (NINS)
Okinawa Institute of Science and Technology (OIST)
Research Organization of Information and Systems (ROIS)
Tokyo Metropolitan University
Toyohashi University of Technology
The University of Tokyo
Kyoto University
Osaka University
Tsukuba University
join (2015 August)
AAAS 2015 年会にて、AAAS担当者との
ミーティングより有効な活用について議論
8
英日プレスリリース
Webベース(即時性)
記者クラブはなく、科学記者個
人個人で加入している
マルチメディア対応
英文プレスリリース配信プラットフォーム:
AAAS EurekAlert! Japan Portal
title
自然科学研究機構使用実績
Post Date/
Emb. Date
Since Posted
Page
Views
EurekAlert!の一次視聴数(PV)
→ここから二次転載、三次転載さ
れる
Development of a carnivorous pitcher leaf
Mutation in APC2 gene causes Sotos
features
Switching superconductivity by light
New treatment strategy for epilepsy
How fallopian tubes carry eggs
unidirectionally
Brains not recognizing an angry expression
Neurons express 'gloss' using 3 perceptual
parameters
Long-distance communication from leaves
to roots
Decoding 'sweet codes' that determine
protein fates
Brain mechanism underlying the
recognition of hand gestures develops
even when blind
Bypass commands from the brain to legs
through a computer
Patients with autism spectrum disorder
are not sensitive to 'being imitated'
Magnets for fusion energy: A
revolutionary manufacturing method
developed
基礎生物学研究
所
基礎生物学研究
所
分子科学研究所
生理学研究所
基礎生物学研究
所
16-Mar-15
1,517
27-Feb-15
1,268
9-Feb-15
9-Dec-14
1,535
2,008
20-Nov-14
3,358
25-Sep-14
2,726 生理学研究所
19-Sep-14
4,553 生理学研究所
19-Sep-14
4,779
13-Sep-14
2,064 分子科学研究所
基礎生物学研究
所
5-Sep-14
4,368 生理学研究所
14-Aug-14
4,718 生理学研究所
5-Aug-14
3,256 生理学研究所
25-Jul-14
19,604
核融合科学研究
所
EurekAlert! 担当マネージャーBrian Lin氏来日 第三回
大学研究力強化ネットワーク・カンファレンスを開催
10
広国
報際
日本の 研究成果を 世界に伝える
基礎生物学研究所 研究力強化戦略室 広報グループ URA 倉田智子
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構
基礎生物学 研究所
国立大学法人 総合研究大学院大学 生命科学研究科 基礎生物学
専攻
広報は組織の イメージを 左右してしまう 重大な仕事
広報は経営の一部 広報室は所長室の隣
組織幹部との意思疎通・
連携が不可欠 経
歴
1997年 筑波大学生物学類卒業 ↓ 1999年 筑波大学にて修士修了 ↓ 2003年 基礎生物学研究所 (総合研究大学院大学)にて博士取得 ↓ 基礎生物学研究所にてポスドク ↓ 2006年より同研究所の広報に転身 ↓ 2013年より身分がURAになる ↓ 現在に至る (広報歴9年) 広報担当としての心がけ
 研究者と恊働する広報 (研究者の時間を奪わず、かつ効果的な
広報を目指す)  自分の手を動かす広報 (技術力があれば、研究者との信頼関係
が築きやすい) 研究を伝えるビジュアル資料の撮影
研究者撮影の 研究者向け写真
広報撮影の 広報用写真
国際広報として何からはじめるか
 研究所の最大のコンテンツは「研究成果」  プレスリリースは最も重要! ホームページで発信のみの時代
2012-­‐2013年頃  プレスリリースの要旨を英語で研究所
ホームページに掲載  何も反響が無い・・・  辛い・・・ EurekAlert!を使い始めて
 プレスリリースがそのままニュースサイト
に転載される(一字一句そのまま) h3p://phys.org/news/2015-­‐05-­‐mechanisms-­‐
sperm.html
h3p://www.eurekalert.org/pub_releases/
2015-­‐04/nion-­‐mfc043015.php
EurekAlert!を使い始めて
 論文のAltermetricsに貢献できる h3p://cob.altmetric.com/details/3949994
h3p://dev.biologists.org/content/142/9/1582
EurekAlert!は強力な自己メディア
 記事を書いてもらう元ネタとして情報を提
供するのではなく、自分が記事を書く  転載メディアによって記事が拡散される  記事をきっかけとして、新たなニュースが
編集される 国際プレスリリースをはじめる前の不安
 英語で記者対応って私も、研究者も、は
たして出来るだろうか?  労力を使って国際リリースしても何も反応
が無いのではないか? 国際プレスリリースをやってみて
 転載してくれるメディアは一定数ある  転載メディアからは、取材・問い合わせは
全く無し  取材をきちん行うメディアも、ほとんどメー
ルのみで取材完了 国際プレスリリース作成の流れ
 日本語のプレスリリースを完成させる (A4で3枚-­‐4枚程度・データ多め)  日本語リリースの要約を元に英語リリー
スの内容を日本語で文章化 (A4で1枚程度・研究者コメント入り・アイ
キャッチ的な画像を1 2枚・研究者写真
を1枚) 広報室で作成し、研究者に
チェックしてもらう 国際プレスリリース作成の流れ
 日本語を英語に1行づつ翻訳(英語ネイ
ティブの翻訳者担当)  日本語を排除して英文リリース全体を調
整  英文リリース原案を研究者にチェックして
もらう  別の英語ネイティブが英語校閲(本部)  英文プレスリリース完成 ビジュアルは念入りに準備
Science誌掲載論文が世界中で話題に
6月3日に論文受理の連絡 ↓ 6月12日に報道解禁
Science誌掲載論文が世界中で話題に
h3p://www.reuters.com/arMcle/
2015/06/12/us-­‐science-­‐reproducMon-­‐
idUSKBN0OR2IS20150612
h3p://www.iflscience.com/plants-­‐and-­‐
animals/scienMsts-­‐make-­‐female-­‐fish-­‐
produce-­‐working-­‐sperm
ダウンロード

研究成果を世界へ配信: なぜ、どうやって、そして誰が