科学文化の地域拠点形成
ミッション
お茶の間で、サッカーの話題が話されるように、
また、
音楽が毎日の暮らしで楽しまれているように、
科学がお茶の間で語られ
こころ豊かな生活に欠かせないものになるように♪
科学を文化と呼べるまで浸透さ
せ、社会の基盤を強化する
背景
● 一方向 的な科学理解増進活動
2000年
Outreach
科学者/ 専門家
市民
主催者
2004年
● 双方向 的な科学理解増進活動
科学者/ 専門家
市民
主催者
サイエンス
コミュニケーター
2010年
e.g., 星のソムリエ、科学の花咲かせ隊、学校教員のボランティア参加、科学館のボランティア、
サイエンスナビゲーター、理系ママ、、
▲ 科学文化形成
? 未踏の科学文化形成段階
双方向的な理解増進活動の優位性
双方向型モデル
科学者/ 専門家
市民
主催者
サイエンス
コミュニケーター
教材等提供物が浸透力のあるものになる(市民からの目線)
方法が浸透力のあるものになる(市民が市民に語る)
コスト/パーフォーマンスの向上(相互援助と市民の力)
ボランティア、市民力願いでなく
Happy2
科学文化形成への道のひとつ
補足説明
 コスト/パーフォーマンスの向上(相互援助と市民の力)
双方向型モデル
小さな投資、負担で大きな事業ができる。
NPO連携モデル
主催者
市民
事業規模
双方向的
主催者2
サイエンス
コミュニケーター
主催者3
1方向的
投資
現在の理学部の事業では、年間受益者約7000人に対して事業額は約300万円。一人当たり400円。たとえば、科学未来館
は一人当たり1万円。普通の科学館等は数千円程度。山形市の体育施設1000円/人程度。
[email protected]
[email protected](外部資金の
獲得しながら)連携して
「科学文化の地域拠点を形成」する。
科学の花咲かせ隊(サイタセンター、山形県)
やまがた天文台・星のソムリエ(理学部)
サイエンスサマースクール(理学部)
サイタネット(理学部)
サイエンスナビゲーター(山形県)
サイエンスカフェ(大学コンソーシアムやまがた)
理科教育支援事業(地域教育文化学部)
そのほかたくさん
一方向的から
双方向的へ
さらに、
「市民が市民に語る」へ
地域文化形成へ
の流れを全国に先駆けて
山形で実現する♪
科学文化の地域拠点@やまがた
推進本部(組織的PRや連携を行い、双方向性実現や文化形成へ導く)
地域に開かれた施設
事
業
受益者年間15000人規模の事業
やまがた天文台、サイタセンター、サイエンスサマースクー
ル、サイエンスカフェ、出前教室、、
サイエンスコミュニケータ養成
星のソムリエ(理学部、NPO)、
科学の花咲かせ隊(CITAセンター)、
サイエンスナビゲーター(山形県)、、、
参加
NPO等地域
の市民組織
(数百名規
模)養成
自治体との協力
学校教育との連携
高大連携、提携校、SPP 、、、、
小中学校等の教育現場との連携
自治体の理科教育推進事業との連携。Eg..
理科教育センター
地域の人々の科学文
化の底上げ
ダウンロード

科学文化の地域拠点を形成