空間情報解析研究部門
• 浅見泰司 都市計画
– 空間情報解析と都市環境
• 小口 高 自然地理
• 伊藤香織 建築
– 都市居住のグローバルな表現
• 宮崎千尋 自然地理
– GISを用いた「日向」「日陰」地名の立地分析
• 田中耕市 人文地理
• 河端瑞貴 都市計画
空間情報解析研究部門の位置づけ
空間情報科学
–
–
–
–
–
–
構築
管理
分析
総合
伝達
応用化
空間情報解析と都市環境
• 都市環境の総合性
–
–
–
–
要因が多様
相互作用が多様
空間的要因がきく
試行錯誤的操作が不可欠
→空間情報解析的操作によるモデル化に適す
– 空間データが必要
– 解析ツールが必要
CSISにおける都市環境研究
関連プロジェクト(予定を含む)
• 首都圏を中心としてデータを精力的に収集
→GISレディのデータ形式(ArcView)に
• 空間解析ツール集の作成
→GIS解析機能と連動で利用
浅見の関連研究プロジェクト
– 街区・敷地の形状解析手法の開発
– 空間データマイニング手法の開発
– 持続可能性を考えた都市と農村の連携手法
都市計画技術のツールの発展
ツール: 旧来 → 最近 → 今後
浅見泰司(2000)「「用:ツール」の視点から見た21世紀の都市計画」『都市計画』228, 21-24. より
表示ツール
文章、2次元図面
→CAD、GIS、VR
→3~4次元の簡便表示
Source http://sumai.judanren.or.jp/p052.html
伝達ツール
文書、一方向(時間制約)
→電子媒体、双方向(時間自由だが一方向的)
→情報弱者対応、民主的手続、時間の方向性
の克服
情報技術開発と社会技術開発の両輪が必要
分析ツール
調査集計、統計→データ検索・探索
→4次元、曖昧情報、概念分析
モデル構築→モニタリング
→最適化モデリング
Source 浅見泰司, 木村隆紀, 羽田正, 深見奈緒
子(2002)「空間推論を用いた歴史的旅行記におけ
る経路と建物位置の推定」『地理情報システム学
会講演論文集』11, 369-372.
地区ブランド
紫色:
実際の地区
範囲
赤点:
自由が丘を
含む建物
赤線:
その建物の
分布の目安
• 例:目黒区自由が丘
Source 浅見泰司,近藤英心(2001)「建物名称に含まれる地名の分布による地区ブラ
ンド力の分析」『地理情報システム学会講演論文集』10, 39-43.
自由が丘
経堂
駒沢
梅丘
祖師谷
砧
南烏山
三宿
八雲
深沢
大原
船橋
新町
奥沢
田園調布
用賀
世田谷
桜上水
喜多見
松原
桜丘
池尻
平町
北烏山
東が丘
宇奈根
玉堤
宮坂
成城
尾山台
八幡山
上北沢
羽根木
桜
下馬
岡本
代沢
若林
上馬
中根
緑が丘
野毛
大岡山
桜新町
上野毛
駒沢公園
北沢
等々力
千歳台
瀬田
弦巻
粕谷
上祖師谷
東玉川
玉川台
中町
玉川
三軒茶屋
柿の木坂
豪徳寺
大蔵
砧公園
赤堤
野沢
給田
代田
上用賀
太子堂
鎌田
玉川田園調布
土地利用予測
1984年土地利用
1994年土地利用
山林系
農地系
工業系
空地系
宅地系
商業系
1994年推測土地利用
Source 伊藤史子,村田亜紀子(2000)「千葉県流山市南西部における土地利用変化NNモデルの
構築:細密数値情報を用いた変化要因分析」『日本都市計画学会学術研究論文集』35, 1129-1134.
【都心部】弱遷移(低層住宅→中高層住宅)
g(S)
f(R)
-60.926
-0.0807
-1.352
0.000181
0
0
0万円/㎡
R
• 図 地価格差の閾値
4%
S
図 低層住宅比率の閾値
Source 宇都正哲, 浅見泰司(2001) 「地価や周辺地域の状況が土地利用遷移に与える
影響に関する研究:東京23区を対象として」『都市住宅学』33, 101-110.
【都心部】強遷移(住居系用途→商業・業務用途)
g(S)
f(R)
-3.875
0.00158
0.00364
-1.678
0
0
100万円/㎡
R
• 図 地価格差の閾値
31%
S
図 住居系比率の閾値
• 強遷移:地価格差が閾値を越えると遷移確率が低く
なる(難しいところが残る)
• 低層住宅から中高層住宅へあるいは住居系用途か
ら商業・業務用途へ遷移する際に、住宅比率が閾
値を下回った場合に遷移率が高まる
• 都心部の場合、弱遷移で4%の低層住宅比率、強
遷移で31%の住居系比率を下回ると土地利用の高
度化が加速
支援システム
図面、データベース
→計画概念関係の整序
→計画オブジェクト推論
意思決定ツール
会合(全員一致or義務化)
→分散型(多数決原理)
→手続き明確化(論理性)
経常費用 C
形状 S
C *  (1   )S *
Source 小林庸至, 中野英夫, 浅
見泰司(2002)「都市部にお
ける行政区域の再編に関
する研究:東京23区部を対
象として」『地理情報システ
ム学会講演論文集』11,
  0.8
195-198.
  0.4
  0.2
  0.6
 0
手段ツール
規制、補助、税制
→学習、教育
→包括化、動機適合的自律化
計画単位ツール
敷地・地域、世帯
→(街区・地区)
→街区・地区、個人
次ページSource 飛岡美弥,浅見泰司(2001)「児童の都市計
画教育ツールの開発とその効果」『地理情報システム学会講
演論文集』10, 255-258.
規制分類ツール
離散的、外形分類、形式性→(性能規制)→連続的、
活動・性能、論理性
思想概念ツール
二元論的→二元論的→多元論的
規制概念ツール
予防的→(調整的)→調整的
細分化
cf. 浅見泰司,高暁路(2002)「都市計画と不動産市場:住宅価格を左右する住環境」西村清彦
(編)『不動産市場の経済分析:情報・税制・都市計画と地価』日本経済新聞社,pp.129-150.
ダウンロード

発表資料 - 東京大学空間情報科学研究センター