環境改善
同和対策事業と一般対策事業
3年B組6班
7名による発表
さわやか人権文化センター
環境改善とは …
居住地を中心に人々が生活しやすいように改善する事
業のこと
↓
o道路の拡張、下水排水の整備
o水道の整備などいろんな事業
事業する方法
一般対策業名前
○下水排水の整備
同和対策事業
○道路の整備
同和対策事業と一般対事業
の比較
事業の進め方
一般対策事業
事業の進め方
同和対策事業
国(行政)必要と
部落の人が団結し
判断するか、地
訴える。
元の人が訴える
改善される範囲 範囲は広い
81項目
予算の比較
予算
例)1200
万円で市
道の改善
を行うとき
一般対策事業
同和対策事業
1200万×1/2=600万
1200万×2/3=800万
が国の補助金で
600万が市の負
担となる。
は国の補助金。
残りの400万は市
の負担だが、そのう
ちの4/5は地方交付
税として市に還元さ
れるので、私たち
(大人)の負担は80
万になる。
改善された場所と目的
場 所
一般対策事業
同和対策事業
・久米中通学道路
・高城小鴨保育園
・忰谷の急傾斜地
・高城ふれあい会館
・小集落地区改良
・ぬのこ会館(北谷)
事業(横谷、中河原) ・上米積村中の道路
目 的
環境をよくする。
環境をよくして、
差別をなくす。
ねたみ差別について

ねたみ差別とは…
• 同和対策事業によって、被差
別部落の環境だけが良くなって
いるという間違った考え方に
よってひきおこされる心理的差
別のことです。
Q.なぜねたむのか。
A.事業を短い期間にまとめてやって
しまったため、同和地区の環境が急
に良くなったことにねたみを感じてし
まうから。
◆思うだけなら「ねたみ心」行動に移す
と「差別」になってしまう。
Q.ねたみ差別をなくすには
A.たくさんの人に部落の歴史を
勉強をしてもらう。
↓
○同和対策事業をする理由を理解
してもらう。
感 想
 僕達は、ふるさとTIMEで、倉吉人権文化
センターに行き、岩本さんの話を聞いたり、
リサイクルセンターでも、山下さんの話を聞
いたりと、いろいろな人とふれ合い、環境改
善について教えてもらいました。そして、今
回のこの経験を生かして、ねたみ差別や、
部落差別に目を向けていき、周りの差別を
なくしていきたいと思いました。
環境改善
同和対策事業と一般対策事業
3年B組6班
7名による発表
急傾斜地崩壊防止対策事業
ダウンロード

環境改善 同和対策事業と一般対策事業