卒業研究成果報告
社会情報システム学講座
0312003092
高橋 拓志
1
本研究の成果
• 本研究では、バスケットボールのプレー
経験はあるものの、コーチ経験がない人
を対象としたバスケットボールの長期的
な練習計画を支援するシステムの開発・
評価を行った
• システムの有用性は確認できたものの、
実用段階に進むには更なる改善が必要
2
はじめに
• 日本のバスケットボール人口は約600万人
と言われている
• きちんとした指導者がいないチームでも
競技人口に対して環境が整っているとは
言い難い
質の高い練習ができる環境を提供したい
• 特に指導者がいない
3
システムの設計方針
• このような開発動機からEPSSを踏まえて
設計を行った
• Electric Performance Support System
– 他人からの最小限のサポートで高いレベルの
ジョブパフォーマンスを可能にする統合され
た電子的なシステム
コーチを育成するのではなく、ユーザの
コーチングを支援するシステム
4
ドリルの出典
• 日本バスケットボール協会 エンデバー
委員会
「エンデバーのためのバスケットボール
ドリル」①②③
株式会社ベースボール・マガジン社
2004,2005.
• 様々なテキストの中でも質・量ともに豊
富だった
5
ドリルの分析
• 各ドリル(114種類)を
– 基礎
– 応用
– 実戦
三つの分野に分類
• それらのドリルに設定されている「ドリ
ルの目的(481項目)」を10のカテゴリに
分類
6
ドリルの分析
対面パス&ゴー・ドリル
・基本的なパスのスキルを習得、確認
・ストップ&ステップの確認
・ギブ&ゴーの習慣をつける
・スピード・パス、クイック・パスの
育成
・ボールミート~ギブ&ゴーの
ビジョン確保
ストップ&ステップ
パッシング
ドリブル
ビジョンの広さ・判断力
ドリルをバスケットにおける
強さの要素別に体系化
リバウンド
ポイント作りのためのディフェンス・
ドリル①
・ボールマンにストレスを与えるための
シール・ディフェンスの実戦と
スキルアップ
・ボールマンとの駆け引きの実戦と向上
・オールコート・プレス・ディフェンスに
おけるチーム・コンビネーション・プレー
への考え方・スキルの導入
コート上での動き
シュート
ディフェンス
オフェンス
チームワーク
7
システム構成図
支援システム
ユーザ
(チームのコーチ)
・チーム情報
・練習結果入力
練習メニュー
作成機能
・メニュー作成
・作成時の支援
作成時
アドバイス機能
練習メニュー表示
この流れを繰り返すことで
長期的な練習を支援する
・練習の実施
・活動の評価
・入力データ蓄積
・支援内容の反映 ・支援内容の反映
・練習計画の
フィードバック
データ蓄積
表示機能
チームメンバー
(練習実行者)
チーム情報
練習結果
支援データ
8
システムの構成・機能
• デモをご覧下さい
9
評価1(練習メニュー作成機能)
• 「あなたがもし突然バスケットボール
チームのコーチを任せられたら」という
仮定の下にバスケットボール経験者2人
に依頼
• ユーザビリティについていくつかの問題
点が指摘された
10
評価2(システム全体)-ユーザビリティ
• 評価1と同様の条件で3名に依頼
• 概ねよい評価を得た
• 「ヘルプをもっと強調した方がいい」
(読み飛ばしてしまう)
• 「初めて使う際のマニュアルが欲しい」
との指摘も受けた
11
評価2(システム全体)-有用性について
• 評価1と同様の条件で3名に依頼
• とても簡単にメニューを立てられるのはいい
• ドリルのデータが豊富である
• 分からない単語がいくつかあって、どんなドリ
ルなのか分からないものがある
• 自分でオリジナルのドリルを登録したい
• ぜひこのシステムを利用したい!!(2/3)
12
考察・今後の課題
• コーチ初心者を評価の対象としたため、
アドバイスが本当に適切であるかが確認
できなかった
• 専門用語が多いため、ヘルプや単語の解
説の充実が必要であることが判明した
• ネットワーク環境のない練習場でもメ
ニューの進行管理ができるツールの開発
が必要
13
まとめ
• 本研究では、バスケットボール経験のあ
るコーチ初心者を対象とした長期的な練
習計画の立案を支援するシステムを開
発・評価した
• 有用性は確認できたものの、実用には更
に改善が必要だと分かった
14
ダウンロード

成果発表会ppt