思想と行為
第12回 ハイデッガー
「実存主義と現代技術」
吉田寛
「シュバルツバルトな毎日」 http://diary.jp.aol.com/mkupjekwyxne/ より
ハイデッガー







1889年 誕生 ドイツ田舎町、ド
ナウ川の上流、アルプスの麓
哲学者、大学教員として一生を送
る
20世紀最大の哲学者(ウィトゲン
シュタインと共に)と称される
『存在と時間』(人間存在とは何
か)
実存主義の代表者(サルトルと共
に)
ナチズムへの協力を疑われる
1976年 没
ハイデッガー時代 二度の大戦
1989年 ハイデッガー誕生(ウィトゲンシュタイン、和辻哲
郎、ヒトラーと同年)
1905年 サルトル誕生
1914-19年 第一次大戦(戦車、毒ガス等)
1917年 ロシア革命
 文化と人間の危機『魔の山』『西洋の没落』
1923年 マールブルク大学教授『存在と時間』
1933年 フライブルク大学総長(~34年辞任) ナチス政
権を取得(圧迫と追放の時代)
1939-45年 第二次大戦(原爆など) 戦後一時追放
 復職後 教育と研究→ 1976年没
長崎修学旅行ナビ http://www.ngs-kenkanren.com/syuryo/peace/index.html より
現代社会と人間性

「人間疎外」人間が人間らしさを奪われ、奴隷状態
に陥っている状態(⇔善く生きる)
– 労働者の貧困、過酷な労働、文化的、人間的生活の荒廃、
植民地獲得戦争、過酷な植民地支配

マルクス、レーニン
– これらを市民社会、自由社会の社会構造の問題と捉えて、
その改善を求めてる思想と人生
– 問題を解消したら「人間らしい」社会が誕生する?

ハイデッガー、サルトル
– 人間と社会の中にある、人間の弱さと現代文明、現代技
術の問題
– 取り戻すべき「人間らしさ」の内実の解明
「存在」を問う(現象学的方法)

存在論=存在者の世界の前提的構造を解く
– 存在者たち(山、机、クルマ、社会、制度)の存在(どう
やって存在者として現れるか)を問う

「世界」=人が見て触って、そこで生きる、人にとっ
ての世界
– 意識の問題
– 人間が独自の仕方で意識を向ける(配慮する)ことで、
「世界」として存在する
– →では、どんな「仕方」で?
「世界」とは(存在の仕方-1)

「世界」は「道具」として存在する
– たいていの存在者は「道具」として存在している
– 人間にとって使えるものとして世界は人間に意識されて
いる
– こうした人がそれを使って生きていく時間・空間の中で、
いまあって、これから使えるものとして、モノは意識される
• (⇔なまのモノに触れる芸術的経験)
– 手元にないものも、使えるかもしれないものとしてある
– こうした「生きる」という関心や感情、意味のこもった「世
界」で私たちは生きている
「人間存在」(存在の仕方-2)

「人間存在」だけは、特別な存在者である
– 一人一人が「世界」を存在させている特別な存在
– 存在させられているに過ぎない「道具」たちとはぜんぜん
違う

実存主義
–
–
–
–
モノとはぜんぜん違う特別な人間の生き方
自己の「誕生」と「死」が代替不可能な自分の固有性の源
それを引き受けて、いつも忘れずに存在すること
「一期一会」の心で生きるということ(?)
「人間存在」(存在の仕方-3)

堕落した人間存在=モノと同じ
– 自己の存在(実存)を手放した存在者
=実存を持たない、ただの存在者(モノ)

どうして堕落してしまうのか
–
–
–
–
「一期一会」の精神で生きるのは難しい
自分の誕生と死を見つめるのは不安で恐ろしい
単調で平和な日常生活に慣れてしまう
「ひと」ばかり見て、自分の固有性を見失い、手放してしま
う
– 現代社会と技術が、人をモノ化してしまう
サルトルの実存主義

サルトル(1905-80年)
– 自由と人間性を実存主義の立場から擁護、活動

人間は自由な存在である(自由の刑⇔モノのあり
方)
– 「実存は本質(性質)に先立つ」 「人は人になるのだ」
– だが、人間はすぐに自由を手放してしまう(=ハイデッ
ガーの考察)

「人間」なら「自由」を引き受けるべし
– 自己の人生において決断と責任を引き受けなければなら
ない
– 自由を奪うものとは戦うべし(政治活動へ)
ハイデッガーの技術論

近代技術technikの本質=Gestell
– Ge-stell(骨格) 「仕組み」「組-立て」「集-立」「巨大-収奪
機構」
– つまり、自然からまとめて強制的に奪い、管理・ストックす
る というイメージ
– Stellen(立つ) Bestellen() Bestand(在庫)
– 強制的で非人間的なイメージ(人間破壊、自然破壊)
– 人間らしく自然や自己に向かう可能性を締め出してしまう

⇔芸術や素朴な工芸
– 物事の隠れた真理に接して表現しようとする
– 人間らしい世界とのかかわり
– 人間性と内面性、自然と根源性
ハイデッガーの技術論への批判
「素朴な自然さと人間性を大事にすることと高
度の科学・技術を用いることとを、わざと絶対
に和解できないような対立関係に押し込め、
云々」(加藤尚武、p.28)
 ハイデッガーは「技術決定論」だが、「技術に
ブレーキをかけたり、方向づけをする」ことは
可能(村田「技術哲学の展望」『思想』926号)
 「技術」=目的合理性と「コミュニケーション」
=公共性との、バランス(ハーバマス)

現代技術と人間

論点(技術-現代文明-人間破壊の組に対して)
– 技術はそれ自体では善悪無記(人間にとって善い
も悪いもなく、完全にニュートラル)なのか?
– メリットとデメリットがあるとしたら、それはどの程度、
どのようにか?
– それは、人間性の観点からみてコントロール可能
か?
– どうやって社会的にコントロールできるのか?
– また人は、個人として技術とどうやって生きるのが、
善い生活、よい人生なのか?
参考文献



『人と思想 ハイデッガー』、新井恵雄(著)、清水書院
『人と思想 サルトル』、村上嘉隆(著)、清水書院。紹介本
『存在と時間』 ハイデッガー(細谷貞雄訳)、ちくま(学芸文
庫)
– ハイデッガーの主著 20世紀の代表的哲学書

『イデオロギーとしての技術と科学』 ハーバマス(長谷川宏
訳)、平凡社(ライブラリー)
– カント、ヘーゲル、マルクスらの技術思想を批判的に検討した技術論
(専門的)

『科学と社会』 都留重人、岩波(ブックレット622)
– 科学技術と社会の問題を間単にまとめたパンフレット

『ハイデッガーの技術論』 加藤尚武(編)、理想社
– 研究、批判と解説
連絡など

最終日1月29日、31日はレポート提出日にし
ます。一週間前(来週)にはレポートのテーマ
を出します。その場で書ける内容にしますの
で、その場で書いても、授業の最初に提出し
ても、どちらでもかまいません。(の、予定で
す)
– 2月15日が早い人の成績締め切りなので、早め
に提出してもらって、急いで成績つけに入るつも
りです。
ダウンロード

第十二回