京都1000年の天文学散歩:
篤姫、和宮、秀樹
天
障
院
・
篤
姫
晴明、定家、
宇宙総合学ユニット長
庭
田
継
子
小山勝二
晴明神社
式神を封じた
一條戻橋
(安倍の屋敷跡
土御門通)
稲住神社:江戸時代以降の
土御門家の屋敷付近)
明月記
実際に観測し、
記録したのは
安倍晴明の子孫
例:晴明の次男
安倍吉昌 (?-1019)
陰陽頭(SN1006)
藤原定家 (1162-1241) が超新星
(星の最後の大爆発=客星、大客星)
の過去の記録をまとめた。
かに星雲
(1054)
後冷泉院 天喜二年 四月中旬以降
丑時 客星觜参度 見東方 孛天関星
大如歳星
後冷泉院天喜2年:の記事がアマチュアー天文家により、
Popular Astronomyに紹介、「超新星爆発の最初の実証例」
として国際的に認められた。(中国、日本、アラビア、アメリカ
原住民のみ、ヨーロッパには一例の記述もない)
中性子星をのこした。
天関 (Tenkan)
Taurusζ
觜, 参 = Orion
SN1006
一條院 寛弘三年 四月二日 葵酉 夜以降 騎官中 有
大客星 如螢惑 光明動耀 連夜正見南方
藤原 行成の日記「権記」 (991-1011)、藤原道
長の日記「法成寺摂政記」 (999-1022)(「御堂
関白記」)(国宝)、「日本紀略」、「吾妻鏡」、「百
錬抄」、「玉葉」、「一代要記」、「暦図」「賀茂史
綱」など、全て7月以降の記述 (日没後すぐ)。
騎官
枕草子:長保3年(1001年)~寛弘7年(1010年)
源氏物語 (1008年脱稿)、紫式部日記(~
1010年)、どの日記にも記録はない。
真夜中で両人共にぐっすり寝こんでいた?
最北ではスイス、アルプスの山と谷をよぎった
超新星。
「すざく」はSN 1006が人類史上もっとも明るかっ
たこと、宇宙の加速器であることを証明した。
この加速器が湯川の中間子を実証した。
騎陣将軍
南天(観測に不利):世界中の記録:30
参考 かに星雲 北天(観測に有利):10
明るさの記録 (感覚的で明らかに誇張がある?)
○中国:
地上の物がはっきり見えた(5日の月
-8.5等級)
○エジプト: 1/4の月より少し明るかった
○シリア: 月のようだった。
○イラク: 月のようだった
○イエメン: 水面がぎらぎら輝き太陽のようだった
○スイス: 目がくらむようだった (アルプスの山
々をかすめる)
参考 金星-4.6等級 : 満月 -12.6等
記録からは史上最高の明るさ?
1.
史上最も明るい超新星だったことを科学的
に裏付けた (核暴走型=Ia超新星だった)
ネオン
珪素
硫黄
エ
ッ
ク
ス
線
の
強
度
アルゴン
酸素
鉄
マグネシウム
カルシウム
X線のエネルギー
史上最も明るく輝いた星
3. 宇宙線加速
shock
動く壁の間で「ピンポン
玉が跳ね返る
ピンポン玉が早く跳ね返る
玉は早くスピードが増す
湯川秀樹と宇宙線
朝日新聞 2006/12/01
1572 年(チィコ)と1604年(ケプラー)の超新星の記録は?
応仁の乱(1467)を避けて、有宣・有春・有脩・久脩は若狭(大飯町)に疎開、
1558年信長の天下統一と同時に京都に帰るが、1595年秀次事件で失脚
(若狭へ蟄居)。関ヶ原合戦のあと1600に再び京都帰る。久脩は家康にとり
入り、以後、徳川家歴代将軍宣下には天曹地府祭を勧行した。
秀次の子女、重臣ら惨殺の塚、角倉了以が高瀬川開運のおり、瑞泉寺を
たて霊をとむらう(三条木屋町下る)。
京都と江戸の天文学の争い(暦合戦)
江戸で、澁川春海が新暦を作成、採用を幕府に申し出る。 水戸
光圀が、京都梅小路で天体観測をさせ江戸と京都の暦の正確さ
を争わせた。この天体観測合戦は江戸方の勝利、1683年朝廷か
ら、年号をつけることが許され「貞享暦」が幕府から発行された。
澁川春海は功績により、幕府最初の天文方に任命、江戸天文方
がこれ以降暦作成に関わる。
幕府の天文方に職を奪われた京都の陰陽寮は黙っていたわけで
はない。当時の暦には様々な暦注という迷信的な要素が含まれ
ていたが、暦注の入れ方は陰陽寮が独占し、江戸で制作した暦
が京都に送られ、それに陰陽寮暦注を入れて発行されるというこ
とも行われた。しかし、暦の作成を取り戻したい陰陽寮側はあえ
て、江戸の天文方に頭を垂て教えを請うこともあった。その甲斐
あってか、次の「宝暦暦」の策定には天文方の役人に加え陰陽頭
の土御門泰邦が関わった。
土御門家中興の人、安倍泰邦は梅
小路の自宅に大表土台(日時計)と
渾天儀台(天体観測機器)。
梅林寺の大表土台
明治維新になり、陰陽寮は廃止:安倍=土御門の天文学は京都
大学へ。最後の華、上臈土御門藤子 (和宮の名代として江戸無
血開城に尽力)= 安倍朝臣邦子
そのころ天空では:
最も若い超新星:約100年前、
銀河中心付近で起った。膨張
速度は毎秒 14,000 km !
その後、土御門家の陰陽師としての公務(天文観測・暦の管理)は安倍晴
雄で終焉、
そして天文学
の伝統は京都
大学に。
湯川中間子
宇宙線中から
発見
京都は宇宙
の中心。
ダウンロード

大客星 - 京都大学