5 近世法
⑶ 武家領主法 ③ 犯罪と刑罰の法
12月16日
5 近世法 ⑶
犯罪と刑罰の法
1 近世の裁判
2 近世の刑罰(仕置の体系)
刑
場
跡
1 近世の裁判 1
(
細
川
家
永
青
目 文
白 庫
)
⑴ 裁判機関(裁判権)
① 大名(=地頭)たち
自分仕置が原則
→独自の判例集
eg 熊本藩 御刑法草書
鎌田浩 『肥後藩の庶民事件録』 (熊日新書)
盛岡藩 「刑罪 」 ・ 対馬藩 「 罸責」 → 法制史研究会 HP
(デジタル画像取得済 /校定中)
② 特定集団 → 庶民社会の法
1 近世の裁判 2
③幕府 直轄領および
他領・他支配の訴訟
将軍御直裁判
江戸町奉行
各地の 代官
遠国奉行
評定所
eg 長崎奉行所 犯科帳
1)評定所一座
寺社奉行・町奉行・(公事方)勘定奉行全員の合議体
老中の諮問機関+裁判機関(評定公事・一座掛詮議物)
2)裁判の場所として重要な吟味物の裁判
(五手掛・三手掛)
1 近世の裁判 3
⑵ 裁判の類型
(訴訟手続による区別)
① 出入物(筋)(=公事)
民事訴訟に相当
(民事・刑事両訴訟手続と考えるべきか)
② 吟味物(筋) 刑事訴訟に相当
火付・盗賊・人殺・逆罪などは必ず吟味筋
石井良助 『江戸の刑罰』 (中公新書)
平松義郎 『江戸の罪と罰』 (平凡社選書)
1 近世の裁判 4
⑶ 吟味筋の手続
目安提出
(被害届)
差紙
密告・告発 召喚
与力・同心・目明
職権による
捜査
逮捕
吟味
自白
←牢問・拷問
吟味詰
口書
申渡
2 近世の刑罰(仕置の体系)
御咎め 軽い仕置 不埓・不束・不念 ニ付□□
御仕置 重い刑
不届ニ付□□(判決申渡文)
→講義ノート
⑴ 『公事方御定書』 103条「御仕置仕形之事」
⑵ 刑罰の体系
⑶ その他の刑事政策
⑷ 刑罰の段取
余談
喧嘩両成敗の法 vs 片手落ちの処断
所
時は元禄15年・・・ は
殿
中
松
の
大
廊
下
思い知ったか !
遺恨なり上野介、
赤穂の田舎侍、
この痴れ者め !
江戸博ジオラマ
忠節の臣 幕府を糺す
vs 売名行為
本日のテーマ
喧嘩は両成敗するべきかどうか?
ダウンロード

07/06 - 法制史研究会ホームページ