市民公開フォーラム 2004/10/3
「鳥インフルエンザの発生事例に学ぶ」
主催: 大分県獣医師会
後援: 大分合同新聞社
人畜共通感染症: リスクと向き合うために
高病原性鳥インフルエンザとは
鹿児島大学 岡本嘉六
インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真
表面に突起物の規則的配列
ヒト
豚
鳥
馬
H
1,2,3
1,3
1-15
3,7
N
1,2
1,2
1-9
7,8
H:ヘム・アグルチニン
N:ノイラミニダーゼ
遺伝子
インフルエンザウイルスの模式構造
ウイルス抗原の循環説: 10~20年毎に大変異を起こす
1890
1900
1910
1940
1950
1960
1970
1980
ウイルス発見
H0N1
イタリアかぜ
H1N1
H3N2
1930
スペインかぜ
Hsw1N1
H2N2
1920
旧アジアかぜ
旧香港かぜ
ソ連かぜ
アジアかぜ
香港かぜ
1918年に西フランスの前線で発生したスペイン風邪は瞬く間に全世界
に広がり、発病者5億人、死亡者2000万人を超え、日本でも2400万人
が罹患し40万人が死亡した。10万人当りの死亡率が数百名とされ、単
なるかぜではなく、新型ウイルス登場初期は、非常に怖い病気である。
このウイルスは1930年にブタから分離されたタイプと等しく、ブタから
広がったとの推測がある。同タイプのウイルスが1976年に米国の軍隊
内で小流行し、一時は非常事態宣言が発令された。
1957年2月に雲南に誕生したアジアかぜの広がり方
X
4月
5月
6月
7月
8月
9月
船を主要な交通網とした時代でも、世界の主要都市に流行が広がる
までわずか半年であり、ジェット機が飛ぶ現在では1ヶ月もあれば世界
に広がってしまうであろう。新型ウイルスが誕生した暁には、渡り鳥
云々というのんびりした話ではない。誕生させない対策が重要!
1997年に、高病原性鳥インフルエンザが初めてヒトに感染した。この時も、日本で騒
ぎ始めたのは8月頃からであり、WHO等の専門家は世界的流行とはならないと判
断した時点である。予測される事態以上に、騒ぐことが好きな日本人は、平和ボ
1997年の香港での流行は、特殊な事情があった。関西では「朝引き鳥」が重宝され
るが、鶏肉は牛肉や豚肉より鮮度が落ち易く、魚との中間。味覚の発達した中華民
族はその上を行き、生きた状態で販売されている。「食い倒れ」の比ではない!
水禽類(カモなど)→ブタ
→ヒトの経路が主であり、
「ニワトリ→ヒト」はあくま
でも例外でしかない。
科学的には興味が尽き
ないが、だからといって、
インフルエンザの基本的
特徴が変わってしまった
ものではない(種の壁)。
ヒトに大流行を起こす
新型ウイルスは、これまで
同様ブタを介する。
宿主細胞への入り口(レセプター)が、ヒトと共通するのはブタだけ。
ブタに馴化したウイルス以外がヒトの細胞に入るのは例外!
水禽類(カモなど)
α2-3
H1~H15
(α2-3)
「種の壁」を越え
ることは、頻繁
に起きるもので
はないが・・・・
ブタ
α2-3、α2-6
ニワトリ
α2-3
ウマ
α2-3
H1、H3
(α2-3、α2-6)
H5、H7
(α2-3)
H3、H7
(α2-3)
?
ヒト
α2-6
H1、H2、H3
(α2-6)
通常は同一動物種内での流行
動物種
αレセプター
ウイルスのH型
(αレセプター対応)
矢印の形と太さは、感染の頻度を示す
インフルエンザ・ウイルスの流行模式
ブタ型ウイルス
水禽類ウイルス
H1、H3
(α2-3、α2-6)
H1~H15
(α2-3)
α2-6
レセプター
α2-3
レセプター
細胞質
核
細胞膜
:H(ヘマグルチニン)
:N(ノイラミニダーゼ)
ブタ鼻粘膜細胞
新型ウイルス誕生までのステップー1
2種類のウイルスが、1個の細胞内に同時に侵入する
ブタ鼻粘膜細胞
核
細胞質
新型ウイルス誕生までのステップー2
エンベロープが溶けて、それぞれ8分節のRNAが細胞質に出てくる
ウイルスRNAを基に、
逆転写酵素により、一旦DNAができる
分節の交換など
遺伝子組み換えは
この過程で起きる
このDNAを基に、ウイルスRNAが複製され
るが、多くの変異株は生活能力を欠如し、生
き延びるのはごく一部
新型ウイルス誕生までのステップー3
ブタ細胞の成分と酵素を利用して、ウイルス複製が同時進行する
日本ではブタのインフ
ルエンザは1990年代以
降ほとんど発生していな
い。
すなわち、日本のブタ
で新型ウイルスが誕生
する可能性はほとんど
ゼロである。
2000
1800
発
生
率
(
豚
飼
養
1
千
万
頭
対
)
1600
1400
1200
1000
中国には世界の半数のブタ
が飼育されており、「アジアか
ぜ」の再来とならないため
に・・・
800
600
400
200
0
豚インフルエンザ発生の年次推移(1982-1997)
ヒト型ウイルス
水禽類ウイルス
H1、H2、H3
(α2-6)
H1~H15
(α2-3)
α2-3レセプターのない
ヒトの細胞に
無理やり侵入する
α2-6
レセプター
細胞質
核
ヒト呼吸器系細胞
ヒトで新型ウイルスが誕生する可能性
どの程度の確率で起きるか分からないが、
ブタでの確率よりはるかに低いことだけは確かである
高病原性鳥インフルエンザの発生状況(ProMed
20040304 )
過去40年の流行では感染域もずっと小さく、本質的に取り組みがより容易であっ
た。優れたサーベイランスシステム、十分な資源を持った国での、地理的広がり
が限定的な流行でさえ、制圧には2年間も要することが多かった。こうした理由
などから、WHOは今回の流行が近未来に制圧できるという推定に対して警告し
ている。
1969年以来、全世界では流行21件のみが報告されている。その大部分がヨー
ロッパやアメリカ諸国で発生した。
現在の流行 5つの特徴
1. 非商業的な家禽(庭先で飼育されている家禽)での感染の集中。
2. 家禽産業への経済的影響の大きさ。
新型ウイルス誕生を
3. 流行制圧経験の不足。
阻止するために
4. (流行制圧のための)資源の不足。
日本ができること
5. 国際的な流行の広がりの規模。
こうした流行の特徴から、迅速な制圧や長期的な再発予防は達成が非常に困難
となっている。
現在までのところ、野鳥がHPAI H5N1流行の感染源であることを明示した証拠
はない。野鳥を処分すべきではない。家禽と野鳥、特にカモ類やその他の水鳥との
接触を断つことは、家禽への低病原性ウイルス感染を防止するのに役立つ。
リスクは?
1997年香港の流行
処分羽数: 140万羽 以上
患者数: 18名
死亡者数: 6名
2003年のオランダでの流行(H7)
養鶏場: 225カ所
死亡羽数: 127,900羽
処分羽数: 3,000万羽
ワクチン接種羽数: 10,211,800羽
死亡者数: 1名
1. 高病原性鳥インフルエンザが
ヒトに感染する確率は低い。
2. 鶏肉や卵から感染した事例は
ない。感染鶏の乾燥糞便を吸込ん
で感染する。
3. 直接感染のリスクを過大に報
じることは間違っている。
高病原性鳥インフルエンザがヒ
ト・インフルエンザウイルスと遺伝
2004年東南アジアの流行
子組換えを起こし、新型ウイルス
処分羽数: 1億羽 以上
が誕生すると、予測できない「感染
死亡者数: 20数名
力」と「病原性」をもつので、リスク
2004年中国の流行(2月27日)
評価はできない。
発生地域: 16地域(省、自治区、都市)
しかし、新型ウイルス誕生は、そ
発生件数: 52件
の繰返しによって、スペイン風邪ク
死亡羽数: 128,000羽
ラスのものとなり得る。
処分羽数: 850万羽
リスクは?
現在、ヒトインフルエンザで、
何人死亡しているか、知ってい
ますか?
リスクは、総体的に評価する
ものであって、個々の健康危
害要因を「危険か 安全か」と
いう二者択一の物差しで計る
ものではない。
現段階で、鳥インフルエンザ
がヒトの健康に及ぼす影響は、
ヒトインフルエンザに比べて
微々たるものである。
ニワトリが大量死することで、
食料が減ることの影響が大き
い。
1997年香港の流行時にホームページに書いたものだが、何時から自分だけの身を
守る民族に成り下がったのか? 「一億玉砕」の反動の「自分さえ良ければ」という
考え方は、滅亡民族の軌跡を辿ることになる(青少年を含む残虐事件の多発)。
感染症法において動物が占める位置(平成15年10月改正)
類型
動物由来感染症
保有動物
エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
重症急性呼吸器症候群
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
サル
反芻動物、鳥類
ハクビシン
げっ歯類
サル
げっ歯類
2類
細菌性赤痢
サル
3類
腸管出血性大腸菌感染症
ウシ
4類
黄熱、
Q熱
高病原性鳥インフルエンザ
狂犬病
サル
反芻動物、鳥類
鳥類
犬、猫、キツネ、
スカンク、アライグマ
1類
ヒト感染症
痘そう
コレラ
急性灰白髄炎
ジフテリア
腸チフス
パラチフス
A型肝炎
E型肝炎
マラリア
その他の既に知られている感染性の疾病であって、動物又はその死
体、飲食物、衣類、寝具その他の物件を介して人に感染し、国民の健康
に影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるもの
感染症法において動物が占める位置(続き)
類型
4類
5類
動物由来感染症
保有動物
ウエストナイル熱
エキノコックス症
オウム病
コクシジオイデス症
サル痘
腎症候性出血熱
炭疽
ツツガムシ病
ニパウイルス感染症
日本紅斑熱
日本脳炎
ハンタウイルス肺症候群
Bウイルス病
ブルセラ症
野兎病
ライム病
リッサウイルス感染症
レプトスピラ症
鳥類
キタキツネ、犬
反芻動物、鳥類
げっ歯類
サル
げっ歯類
ウシ、ウマ
げっ歯類
コウモリ、ブタ
げっ歯類
ブタ
げっ歯類
サル
ブタ
げっ歯類
げっ歯類
コウモリ
各種動物
クリプトスポリジウム症
各種動物
ヒト感染症
回帰熱
デング熱
発しんチフス
ボツリヌス症
レジオネラ症
インフルエンザ
(鳥インフルエンザ以外)
ウイルス性肝炎
(E型、A型以外)
後天性免疫不全症候群
性器クラミジア感染症
梅毒
麻疹
MRSA感染症
リスクと向き合うために
安政5年
科学的知識を受入れ、冷静に行動を!
死者
数十万人
騒動するだけ流行制圧は難しくなる
騒動の陰に「タカリ屋評論家」がいる
日本民族は江戸時代を頂点として没落するか!?
江戸時代のコレラ流行時の神詣: 科学的知識がない庶民は、
祈願の祭りで流行を広げた(その時儲けたヒトもいた風刺画をどう見
行政
医療
獣医療
農政
食品衛生
環境・自然保護
・・・・・
中国
学会
東北アジア
医学会
農学会
獣医学会
食品衛生学会
公衆衛生学会
・・・・・
鹿児島大学
新興感染症対策研究
プロジェクト
法人
団体
医師会
獣医師会
食品衛生協会
NPO
・・・・・
生産団体
消費者団体
食品安全推進会議
環境・自然保護団体
・・・・・
東南アジア
鹿児島大学
新興感染症対策研究プロジェクト
ヒトの感染制御
動物の感染制御
生態系保全
プ
リ
オ
ン
部
会
ウ
イ
ル
ス
部
会
動物部会
産業動物・伴侶動物・野生動物
細
菌
部
会
高病原性鳥インフルエンザ
H5、H7
鳥インフルエンザ
H5、H7以外
ブタの細胞内での遺伝子組み換え
ブタ型ウイルス
替組
えみ
H1、H3
(α2-3、α2-6)
水禽類ウイルス
H1~H15
(α2-3)
:H(ヘマグルチニン)
:N(ノイラミニダーゼ)
新たなウイルス
H1、H3
(α2-6)
図2. ヒトに感染性をもつ新型ウイルスの誕生の仕組み
危険性の査定
危険性の管理
( Risk Assessment)
( Risk Management)
1.危害の特定、2.危害の特性解明、
3.暴露査定、4.危険性の特性解明
1.危険性の評価、2.管理措置の
査定、3.管理措置の実行、
4.監視と再吟味
各方面の専門家によって、実験や
調査に基づく科学的根拠から当該物
質によってヒトで起きる健康被害を予
測し、100万人に1人程度の確率に抑
え込むための管理措置と管理基準を
策定する役割
生産者が査定で提起された管理
措置と管理基準が実施可能なもの
であるか否かを検討し、可能とな
れば実行し定期点検等の監視体
制をとる役割
危険性の情報交換
( Risk Communication)
査定と管理の連携が円滑にいくようにする企画・立案、組織化、進
行の調整、成果の評価を行う危険性解析における第三者的存在であ
り、生産者と消費者の情報交換も担う役割
危険性解析の構図(Structure of Risk Analysis)
水禽類(カモなど)
α2-3
H1~H15
(α2-3)
H:ヘマグルチニン
N:ノイラミニダーゼ
ブタ
α2-3、α2-6
ニワトリ
α2-3
ウマ
α2-3
H1、H3
(α2-3、α2-6)
H5、H7
(α2-3)
H3、H7
(α2-3)
?
H1、H2 、 H3
(α2-6)
ヒト
α2-6
矢印の形と太さは、感染の頻度を示す
動物種
αレセプター
ウイルスのH型
(αレセプター対応)
図1. 自然界でのインフルエンザウイルスの伝播
ダウンロード

人畜共通感染症のリスクと向き合うために