世界の都市ランキング、
資料5
世界の大都市・中核都市の概要
◎世界の都市総合力ランキング2010
◎諸外国の大都市の概要
(ロンドン、パリ、ニューヨーク、ソウル)
◎諸外国の中核都市の概要
(マンチェスター、デュッセルドルフ、ミラノ、ストラス
ブール)
◎海外における広域自治体機能の概要分析
(イギリス、韓国、カナダ、オランダ)
【世界の都市総合力ランキング 2010】
総合
都
市
経済
研究・開発
文化・交流
居住
環境
交通・アクセス
1
ニューヨーク
1
1
3
30
24
3
2
ロンドン
3
3
1
20
13
2
3
パリ
7
6
2
2
16
1
4
東京
2
2
4
9
5
6
5
シンガポール
6
9
5
28
12
4
6
ベルリン
20
13
7
6
3
15
7
アムステルダム
12
18
19
8
6
5
8
ソウル
16
5
17
26
17
10
9
香港
5
8
9
35
23
8
10
シドニー
13
14
12
19
11
23
11
ウィーン
15
22
10
10
7
28
12
チューリッヒ
10
17
32
16
1
24
13
フランクフルト
14
25
29
18
4
7
14
ロサンゼルス
26
7
8
31
18
32
15
マドリッド
24
29
15
7
10
11
16
バンクーバ
18
20
26
1
15
31
17
コペンハーゲン
11
27
28
13
9
17
18
大阪
19
12
25
3
22
22
28
福岡
30
23
35
4
14
30
世界の主要35都市を総合的に評価し、ランキング 【出典】(財)森記念財団 都市戦略研究所
【世界の都市総合力ランキング 2010】
(経済)
順位
(研究・開発)
都
市
順位
都
(文化・交流)
市
順位
都
市
1
ニューヨーク
1
ニューヨーク
1
ロンドン
2
東京
2
東京
2
パリ
3
ロンドン
3
ロンドン
3
ニューヨーク
4
北京
4
ボストン
4
東京
5
香港
5
ソウル
5
シンガポール
6
シンガポール
6
パリ
6
北京
7
パリ
7
ロスアンゼルス
7
ベルリン
8
上海
8
香港
8
ロスアンゼルス
9
ジュネーブ
9
シンガポール
9
香港
10
チューリッヒ
19
大阪
30
福岡
10
シカゴ
10
ウィーン
12
大阪
25
大阪
23
福岡
35
福岡
【世界の都市総合力ランキング 2010】
(居住)
順位
(環境)
都
市
順位
(交通・アクセス)
都
市
順位
都
市
1
バンクーバー
1
チューリッヒ
1
パリ
2
パリ
2
ジュネーブ
2
ロンドン
3
大阪
3
ベルリン
3
ニューヨーク
4
福岡
4
フランクフルト
4
シンガポール
5
ミラノ
5
東京
5
アムステルダム
6
ベルリン
6
アムステルダム
6
東京
7
マドリッド
7
ウィーン
7
フランクフルト
8
アムステルダム
8
サンパウロ
8
香港
9
東京
9
コペンハーゲン
9
モスクワ
10
ウィーン
10
マドリッド
10
ソウル
14
福岡
22
大阪
22
大阪
30
福岡
【世界の都市総合力ランキング 2010】
(経営者)
順位
(研究者)
都
市
順位
(アーティスト)
都
市
順位
都
市
1
ニューヨーク
1
ニューヨーク
1
パリ
2
ロンドン
2
東京
2
ロンドン
3
シンガポール
3
ロンドン
3
ニューヨーク
4
香港
4
パリ
4
東京
5
東京
5
ボストン
5
ベルリン
6
上海
6
ソウル
6
ウィーン
7
パリ
7
ロサンゼルス
7
ロサンゼルス
8
北京
8
シンガポール
8
アムステルダム
9
チューリッヒ
サンフランシスコ
ジュネーブ
サンフランシスコ
9
10
9
26
大阪
30
福岡
10
香港
16
大阪
29
福岡
10
ミラノ
20
大阪
31
福岡
【世界の都市総合力ランキング 2010】
(観光客)
(生活者)
順位
都
1
ロンドン
1
パリ
2
ニューヨーク
2
ロンドン
3
パリ
3
東京
4
東京
4
チューリッヒ
5
北京
5
ニューヨーク
6
上海
6
ベルリン
7
ベルリン
7
フランクフルト
8
香港
8
ジュネーブ
9
シンガポール
9
ウィーン
10
ウィーン
17
大阪
30
福岡
市
順位
都
10
バンクーバー
14
大阪
18
福岡
市
【参考】世界都市調査
綜合
都
市
経済活動
政治力
生活の質
知識・影響
1
ニューヨーク
1
2
9
1
2
ロンドン
2
5
5
2
3
パリ
4
6
1
4
4
東京
3
7
7
3
5
ブリュッセル
15
3
11
12
6
ロサンゼルス
10
16
10
7
7
シンガポール
6
13
18
8
8
北京
9
4
22
16
9
トロント
17
20
3
11
10
ベルリン
23
12
2
15
11
シカゴ
12
19
15
6
12
ワシントンDC
31
1
12
10
(※)イギリス不動産大手のナイトフランクとアメリカのシティプライベートバンクが平成23年4月に公表。
世界の主要40都市(大阪市は含まれず)を評価対象として、上記の4項目の総合評価によって順位付け。
≪諸外国の大都市の行政区域と人口密度について≫
● 世界の大都市の集積と広がりの指標としては、様々なものが考えられるが、ここでは「人」に着目し、
公表されている人口密度で比較
● この人口密度と面積だけで必ずしも行政区域をどう設定するのかを論証することは難しいのではないか
・ パリ:面積105㎢,人口密度20,476人/㎢
・ ロンドンGLA:面積1,572㎢,人口密度4,679人/㎢
● 都市域は、歴史的・地理的特性、人口・面積・事業所等の集積、生活圏など様々な要素から
形づけられるもの。むしろ、面積と人口の大小だけで、行政区域を決定することは出来ないのではないか
● 例えば、パリについて見ると、世界の大都市と比較して小規模
● しかし、パリ市だけではなく、周辺3県を含めて広域的に都市戦略を考えるべきとの議論もなされている
ところ
⇒ 「グラン・パリ」:面積762㎢,人口622万人,人口密度8,152人/㎢
● インフラ面でも、パリ市を越えて、地下鉄網は広がり、新たに周辺の集積地域を結ぶ交通網が計画
● また、ロンドンについてみると、 GLAで大阪府と面積、人口、人口密度が同程度。
外延部の環状道路までGLAを拡大との意見もあり
◆諸外国の大都市の概要
ロンドン
①面積
②人口
③人口密度
①1,572㎢
②735万人
③4,679人/㎢
パリ
東京23区
東京都
①105㎢
②215万人
③20,476人/㎢
①622㎢
②880万人
③14,157人/㎢
パリ市
東京都
大阪市
行政区(20)
特別区(23)
行政区(24)
①2,187㎢
②1,299万人
③5,940人/㎢
大阪市
①222㎢
②267万人
③11,985人/㎢
大阪府
①1,898㎢
②886万人
③4,668人/㎢
GLA
自治の
形態
人口集積
状況
大都市圏
計画
備考
シティ・オブ・ロンドン
(1)
ロンドン区(32)
シティ・オブ・ロンドン
2,479人/㎢
インナーロンドン
8,980人/㎢
アウターロンドン
3,582人/㎢
ロンドン大都市圏
→「ロンドンプラ
ン」
ポパンクール
40,627人/㎢
~
ルーヴル
9,228人/㎢
パリ大都市圏
→「グラン・パリ」
「グラン・パリ」エリア
・面積:762㎢
・人口:622万人
・人口密度:
8,152人/㎢
中野区
19,925人/㎢
~
千代田区
3,589人/㎢
武蔵野市
12,817人/㎢
城東区
19,705人/㎢
~
~
檜原村
28人/㎢
※島部除く
東京都に広域的
視点が必要な23
区内の都市計画
権限
此花区
3,996人/㎢
守口市
11,512人/㎢
~
能勢町
118人/㎢
※堺市 5,615人/㎢
<府域トータルの統一戦略はなし>
「人口密度4千人/
㎢以上市町村合
計」エリア
・面積:637㎢
・人口:1,206万
・人口密度:
18,932人/㎢
「人口密度4千人/
㎢以上市町村合
計」エリア
・面積:811㎢
・人口:679万人
・人口密度:
8,374人/㎢
◆諸外国の人口集積の状況等~ロンドン~
【ロンドン】
≪人口集積状況≫
●シティ・オブ・ロンドンの人口密度は2,479人と少ない(商業地の集積が極度に高い)。
●シティ・オブ・ロンドンに接し、放射状に広がる7区の人口密度が特に高い。これらの区の周辺からイ
ンナーロンドン境にかけて人口密度が高く、アウターロンドンにまで広がっている。
≪大都市圏の計画≫
●ロンドンを持続可能な世界都市として発展させるための戦略的ビジョン『ロンドンプラン』を策定。①経済成
長②貧困解消③環境配慮を同時に実現。経済的・社会的課題を抱えるロンドン東部を中心に、交通インフ
ラの整備と都市再開発を推進。
●GLAの外延部に整備されている環状道路(M25)にまでGLAの区域を広げてはどうかとの意見もある。
シティ・オブ・ロンドン
インナーロンドン境
【ロンドン区の人口密度】
面積
人口
人口密度
シティ・
オブ・
ロンドン
2.90㎢
7,185人
2,479
人/㎢
インナー
ロンドン
319㎢
286万人
8,980
人/㎢
アウター
ロンドン
1,253㎢
449万人
3,582
人/㎢
計
1,572㎢
735万人
4,679
人/㎢
≪ロンドンの公共交通網(イメージ)≫
鉄道
高速道路
アウターロンドン
M25
M25
インナーロンドン
◆諸外国の人口集積の状況等~パリ~
【パリ】
≪人口集積状況≫
●パリ市自体の人口密度が2万人を越えており、一番低いルーブル区でも9,000人以上(次頁参照)
の人口密度。大阪市と比較すると、おおよそ面積は2分の1であるが、人口密度は1.7倍。
●旧セーヌ県域も8,000人程度の人口密度があり、このエリア位まで、都市の広がりを見せている。
≪大都市圏の計画≫
●世界の大都市と比較すると際だって小規模であるパリの市域内だけではなく、周辺を含めた首都圏としてフ
ランスの経済を牽引し、世界間競争に競いうる大都市を実現するため、パリ市及び隣接する3県を廃止し、
「グラン・パリ」という特別の地位を持つ地方自治体に統合しようという議論が行われている。
●具体にはパリとイル・ド・フランス地域圏のポテンシャルのある地域を結ぶ公共交通網構想等が示されている。
県名
8
7
4 1
2
3
人口
(万人)
人口密度
(人/㎢)
1
①
パリ
105
215
20,467
2
②
セーヌ・サン・ドニ
236
138
5,855
3
③
ヴァル・ド・マルヌ
245
126
5,125
4
④
オー・ド・セーヌ
176
143
8,137
762
622
8,152
旧セーヌ県域①~④
5
6
面積
(㎢)
⑤
ヴァルド・ド・ワーズ
1,246
111
887
⑥
エソンヌ
1,804
113
629
⑦
イヴリーヌ
2,284
135
593
⑧
セーヌ・エ・マルヌ
5,915
125
212
12,011
1,106
921
イルド・フランス州①から⑧
【パリ市の行政区の人口密度】
行政区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
行政区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
1
ルーヴル
1.83
16,888
9,228
12
ルイリー
6.37
136,591
21,443
2
ブルス
0.99
19,585
19,783
13
ゴブラン
7.15
171,533
23,991
3
タンプル
1.17
34,248
29,272
14
ロプセルヴァトワール
5.64
132,844
23,554
4
ロテル・ドゥ・ヴィル
1.60
30,675
19,172
15
ヴォジラール
8.48
225,362
26,576
5
パンテオン
2.54
58,849
23,169
16
パッスィー
7.91
161,773
20,452
6
リュクサンブール
2.15
44,919
20,893
17
バティニョル・モンソー
5.67
160,860
28,370
7
パレ・ブルボン
4.09
56,985
13,933
18
ビュット・モンマルトル
6.01
184,586
30,713
8
レリゼ
3.88
39,314
10,132
19
ビュット・ショーモン
6.79
172,730
25,439
9
ロペラ
2.18
55,838
25,614
20
メニルモンタン
5.98
182,952
30,594
10
ランクロ・サン・ロラン
2.89
89,612
31,008
11
ポパンクール
3.67
149,102
40,627
計
105.4
2,125,246
20,164
≪パリの公共交通網(イメージ)≫
部分環状道路
バス
高速鉄道
地下鉄
部分環状道路
バス
◆諸外国の人口集積の状況等~ニューヨーク~
【ニューヨーク】
≪人口集積状況≫
●マンハッタン、ブルックリン、ブロンクスの3区は、人口密度が1万人を超える。マンハッタンを中心に、
ブルックリン、クィーンズ、ブロンクスに都市が広がっている。
≪大都市圏の計画≫
●ニューヨーク都市圏(ニューヨーク州、ニュージャージ州、コネチカット州の一部)では、地域計画協会
(RPA)というNPOが広域計画を策定、推進。広域計画の重要性を認識したのは、相互の政策の違い等
によって協力するシステムを構築することができない政府よりも、効率的な経済・社会活動を行うためには都市
圏レベルの計画及び経済開発が必要であると考えた民間であったということ。
4
1
行政区名
3
2
5
【ニューヨーク市の行政区の人口密度】
面積
(㎢)
人口
(万人)
人口密度
(人/㎢)
①
マンハッタン
59.5
154
25,835
②
ブルックリン
182.9
247
13,479
③
クィーンズ
282.9
223
7,880
④
ブロンクス
108.9
133
12,237
⑤
スタテン島
151.5
44
2,929
ニューヨーク市①から⑤
785.7
801
10,192
ニューヨーク大都市圏
17,405
1,875
1,077
◆諸外国の人口集積の状況等~ソウル~
【ソウル】
≪人口集積状況≫
●ソウル特別市の各自治区の人口密度は、低くても約7,500人/㎢(次頁参照)であり、パリの行政区
と同様に、市域全体が都市化している状況。
≪大都市圏の計画≫
●高い国際競争力を備え地方と共存する首都圏を目指して、首都圏整備計画法を制定。首都圏であるソ
ウル特別市及びその周辺地域が対象。首長はこの計画に符合しない土地利用計画等を樹立及び施行する
ことはできない。北東アジアのゲートウェイを担うため、空港・港湾施設の整備促進により、首都圏内の連結交
通網を確保。
自治体名
面積
人口
人口密度
1
ソウル特別市
603㎢
1,057万人
17,551人/㎢
4
仁川(インチョン)
広域市
989㎢
271万人
2,746人/㎢
8
京畿(キョンギ)道
10,186㎢
1,173万人
1,151人/㎢
11,778㎢
2,501万人
2,123人/㎢
計
【ソウル特別市の自治区の人口密度】
自治区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
自治区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
9.96
141,083
14,165
1
トボン
20.70
369,816
17,866
14
チュン
2
トンデムン
14.20
379,964
26,758
15
チュンナン
18.50
431,029
23,299
3
ドンジャク
16.35
414,855
25,373
16
マポ
23.88
401,879
16,829
4
ウンピョン
26.69
496,792
18,613
17
ノウォン
35.44
610,527
17,227
5
カンブク
23.61
349,354
14,797
18
ソチョ
47.00
438,473
9,329
6
カンドン
24.58
501,942
20,421
19
ソデムン
17.60
328,640
18,673
7
カンナム
39.51
577,205
14,609
20
ソンブク
24.56
497,395
20,252
8
カンソ
41.43
579,288
13,982
21
ソンドン
16.85
313,333
18,595
9
クムチョン
13.00
264,880
20,375
22
ソンパ
33.88
692,676
20,445
10
クロ
20.12
453,911
22,560
23
ヤンチョン
17.40
502,946
28,905
11
クァナク
29.57
549,803
18,593
24
ヨンドンポ
24.57
447,488
18,213
12
クァンジン
17.06
388,347
22,764
25
ヨンサン
21.87
259,659
11,873
13
チョンノ
23.91
178,779
7,477
602.24
10,570,064
17,551
ソウル特別市
【大阪市の行政区の人口密度】
自治区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
自治区名
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
12.64
172,040
13,611
1
城東区
8.42
165,914
19,705
14
淀川区
2
阿倍野区
5.99
106,570
17,791
15
東住吉区
9.75
130,711
13,406
3
東成区
4.55
80,234
17,634
16
東淀川区
13.25
176,629
13,330
4
都島区
6.05
102,619
16,962
17
平野区
15.30
200,080
13,077
5
住吉区
9.34
155,660
16,666
18
港区
7.90
84,935
10,751
6
西成区
7.35
122,020
16,601
19
北区
10.33
110,405
10,688
7
生野区
8.38
134,059
15,997
20
中央区
8.88
78,790
8,873
8
西区
5.20
83,106
15,982
21
大正区
9.43
69,521
7,372
9
旭区
6.30
92,538
14,689
22
西淀川区
14.23
97,537
6,854
10
天王寺区
4.80
69,830
14,548
23
住之江区
20.77
127,331
6,131
11
福島区
4.67
67,285
14,408
24
此花区
16.41
65,581
3,996
12
浪速区
4.37
61,753
14,131
13
鶴見区
8.16
111,223
13,630
大阪市
222.47
2,666,371
11,985
【府内市町村の人口密度】
≪①大阪市+周辺10市≫
・面積:623.29㎢
・人口:5,643,936人
・人口密度:9,055人/㎢
≪②人口密度が4千人/㎢以上≫
・面積:811.02㎢
・人口:6,791,668人
・人口密度:8,374人/㎢
≪可住地面積≫
・①:601㎢
・②:769㎢
・府域:1,319 ㎢
面積
(㎢)
人口
(人)
人口密度
(人/㎢)
大阪市
守口市
豊中市
門真市
吹田市
寝屋川市
東大阪市
松原市
藤井寺市
大東市
八尾市
枚方市
泉大津市
摂津市
堺市
高石市
大阪狭山市
池田市
忠岡町
羽曳野市
茨木市
高槻市
四條畷市
交野市
富田林市
柏原市
岸和田市
箕面市
熊取町
和泉市
貝塚市
泉佐野市
島本町
田尻町
阪南市
泉南市
河内長野市
太子町
河南町
豊能町
岬町
千早赤阪村
能勢町
222.47
12.73
36.38
12.28
36.11
24.73
61.81
16.66
8.89
18.27
41.71
65.08
13.26
14.88
149.99
11.35
11.86
22.09
4.03
26.44
76.52
105.31
18.74
25.55
39.66
25.39
72.32
47.84
17.23
84.98
43.99
55.03
16.78
4.96
36.10
48.48
109.61
14.17
25.26
34.37
49.10
37.38
98.68
2,666,371
146,554
389,359
130,368
355,567
238,244
509,632
124,400
66,174
127,203
268,652
407,997
77,564
83,696
842,134
59,523
58,238
104,171
18,119
117,702
274,832
357,423
57,561
77,710
119,454
74,840
199,172
129,777
45,072
185,017
90,531
100,830
28,922
8,084
56,663
64,416
112,518
14,215
17,032
21,976
17,509
6,015
11,659
11,985
11,512
10,703
10,616
9,847
9,634
8,245
7,467
7,444
6,962
6,441
6,269
5,849
5,625
5,615
5,244
4,910
4,716
4,496
4,452
3,592
3,394
3,072
3,041
3,012
2,948
2,754
2,713
2,616
2,177
2,058
1,832
1,724
1,630
1,570
1,329
1,027
1,003
674
639
357
161
118
府全体
1898.47
8,862,896
4,668
市町村名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
■諸外国の中核都市の概要①
◆ミラノの面積は堺市より少し大きく、人口は京都市程度。マンチェスターとデュッセルドルフは人口50万人を擁する都市。ストラスブールは茨木市レ
ベルの都市
◆世界都市としての位置づけを表す資料を見ると、ミラノは基本的にランク対象。ストラスブールは、いずれにおいても圏外
◆行政区域を超える広域的取り組みは、単なる連携にとどまらず、広域連合や都市圏共同体自体が、権限や財源を持ち地域の独自
性を発揮できるシステムが構築されている地域も見て取れる(デュッセルドルフ、マンチェスター、ストラスブール)※ミラノはロンバルディア州と役割分担
⇒広域的取組みの詳細は裏面以降に記述
マンチェスター(英)
デュッセルドルフ(独)
ミラノ(伊)
ストラスブール(仏)
面積(㎢)
116
(堺市150)
217
(大阪市222)
182
(堺市150)
79
(茨木市77)
人口(人)
458,100
(枚方市407,997)
588,735
(東大阪市509,632)
1,303,670
(京都市1,474,473)
272,500
(茨木市274,832)
3,815
(茨木市3,592)
2,710
(箕面市2,713)
7,191
(大東市6,962)
3,374
(高槻市3,394)
人口密度(人/㎢)
世界都市としての
位置づけ
〇森記念財団「世界の都市総合ランキング」⇒大阪15位、ミラノ27位
〇マスターカード「世界のビジネス都市度ランキング」⇒大阪19位、ミラノ20位、デュッセルドルフ34位
〇グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク「世界都市格付け(第1級世界都市++~第3級世界都市-)」
⇒デュッセルドルフ:第2級世界都市+、マンチェスター:第2級世界都市、ミラノ:第1級世界都市、大阪:第2級世界都市-
■諸外国の中核都市の概要②
マンチェスター(英)
・“1”がマンチェスター
・グレーターマンチェスター(GM)のほぼ
中心に位置している
・イギリス第2の世界都市
地理的ポジション等
GM
デュッセルドルフ(独)
・黒い部分がデュッセルドルフ
・ライン・ルール大都市圏のほぼ中
心に位置している
・州の政治や経済の中心地
ミラノ(伊)
・ミラノはイタリアの北部に位置
・ロンバルディア州に属する(州の
西部に位置)
・イタリア第2の世界都市
ストラスブール(仏)
・ストラスブールはフランスの北東部に
位置。アルザス州に属する(州の
東部に位置)
・商工業が盛んな都市
ノルトライン
ヴェストファーレン州
ライン・ルール
大都市圏
ミラノ
マンチェスター
地方圏
自治制度の概要
・マンチェスター市はGMに属する大
都市圏ディストリクト
・大都市圏ディストリクトはカウンティ
(県)とディストリクト(市町村)の
権能を併せ持つ
※田園地域を中心に教区を基
礎とする草の根レベルの準自治
体としての「パリッシュ(法人格あ
り)」が存在
※議会or住民総会を持つ
※パリシュが大都市へ拡大の動
きもあるがマンチェスターの詳細は不
明
・デュッセルドルフ市はノルトラインヴェス
トファーレン州に属する郡独立市
・郡独立市はクライス(郡)とゲマンテ
(市町村)の権能を併せ持つ
・デュッセルドルフ市には10の行政
地区
・行政地区は直接公選の評議
員で構成される地区評議会を
持つ(市議会から独立)
・区長は評議員から選出
・ミラノ市はロンバルディア州に属す
るコムーネ(市町村)
・コムーネの人口規模に応じて区を
設置
・ミラノ市には20の行政区
・公選による区議会を設置、区
長は憲章または条例により選
出
※中二階の県(プロヴィンチャ)の
廃止論あり
・ストラスブール市はアルザス州に属
するコミューン(市町村)
・コミューンの数(37,000)が著しく
多く、その規模が極めて小さい。
約9割が人口2千人未満
※大都市であるパリ、マルセイユ、リ
ヨンには区を設置。公選の区議
会、区長は議会の互選
■諸外国の中核都市の概要③
広域行政主体・
取組み
東京23区
・面積622㎢
・人口880万人
・人口密度14,157人/㎢
東京都
・面積2,187㎢
・人口1,299万人
・人口密度5,940人/㎢
大阪市
・面積222㎢
・人口267万人
・人口密度11,985人/㎢
大阪府
・面積1,898㎢
・人口886万人
・人口密度4,668人/㎢
構成団体との関係
マンチェスター(英)
デュッセルドルフ(独)
ミラノ(伊)
ストラスブール(仏)
●グレーターマンチェスター
(City-Region政策)
・大都市圏における行政区域
を越えた連携を推進
・マンチェスター市は周辺自治体と
グレーターマンチェスターを設置
・経済発展機能(経済開発、
交通計画の策定、地域再等)
の強化を目指す
グレーターマンチェスター(面積1,276
㎢、人口255万人、人口密度
1,997人/㎢)
●州(ラント)
・州が警察行政、地域経済政
策、地域交通政策を実施
→実際の交通事業はライン・ルール
運輸連合が実施。約30の
事業者で連合を組織
ノルトラインヴェストファーレン州(面積
34,082㎢、人口1,806万人、
人口密度530人/㎢)
●州(レジョーネ)
・州が州全域で土地利用、面
的開発、交通インフラ網の計画を
策定
ロンバルディア州(面積23,861
㎢、人口943万人、人口密度
395人/㎢)
●大都市共同体
・ストラスブールでは28市町村で大
都市共同体(CU)を形成(面
積316㎢、人口47万人、人
口密度1,487人/㎢)
・環境、文化をキーワードに地域
再生(LRTが普及)
※構成する10自治体から選ば
れた議員で統治
※単なる連携ではなく、広域的
取組みに必要な権限(公共交
通、開発許可、住宅整備、都
市・地域再生等)を有する地方
自治体
※郡や郡独立市より区域の
広い広域連合は存在
※自治権は認められている
※統治機構は議会の他、執
行機関としての合議制の理事
会
※大都市圏内の中心都市(ロー
マ、ミラノなど9都市を想定)とその
周辺コムーネの間で、県の事務に
加えコムーネの事務のうち大都市
行政に関係するものを所掌する
「大都市」を形成する動きはあ
るが実際には未設置
※都市計画、都市交通、道路
等の権限のほか、課税権も有
する
※構成コニューンの代表による大
都市共同体議会を持つ
・グレーターマンチェスターは人口46万
人を擁するマンチェスター市を中心に
10の自治体で構成
・マンチェスター市以外の自治体の
人口規模は8万人から23万人
・デュッセルドルフはライン・ルール大都
市圏の地理的中心
・ケルン99万、ドルトムント59万人
など人口数十万規模の都市と
合わせ一大経済圏
・デュッセルドルフが属するノルトライン
ヴェストファーレン州は、31の郡と
23の郡独立市で構成
・ストラスブール大都市共同体は
28の自治体で構成
-
・ストラスブール以外の自治体の人
口規模は1,308人から
26,368人
◎ 海外における広域自治体機能の概要分析
比較項目
名称
GLA (イギリス)
仁川広域市 (韓国)
グレーター・ロンドン・オーソリティ
(GLA)
仁川経済自由区域
面積
国 244,820㎢
GLA 1,579㎢
人口
GTA (カナダ)
KAN (オランダ)
グレーター・トロント・エリア
(GTA)
KAN(Knooppunt Arnhem-Nijmegen)
国98,480㎢
仁川987㎢
オンタリオ州108万㎢、 GTA 7,124㎢
現トロント市630㎢、 旧トロント市97㎢
国 41,526㎢
ヘルダーラント州4,972㎢ 、 KAN 990㎢
国 6,157万
GLA 751万
国4,833万
仁川271万
オンタリオ州1,269万 、GTA423万、
現トロント市228万、 旧トロント市64万
国 1,659万
ヘルダーラント州197万、 KAN 70万
都市の抱
える課題
と
課題解決
に向けた
取組み
(課題)
広域自治体を廃止した後、広域行政
に関する権限が国、基礎自治体など
に細分化され、責任の所 在が曖昧で
執行力に欠ける問題が顕在化。
(取組み)
国、基礎自治体との役割分担を明確
にし、広域的・戦略的課題のみを担当
する広域自治組織を創設。
(課題)
アジアの都市間競争を勝ち抜くため、
都市に外国投資企業を呼び込みた
くても、法的制限や煩雑な手続き、外
国人定住環境づくりが 課題。
(取組み)
経済自由区域の指定を受けた都市に
は 外国投資企業の誘致をワンストップ
で主導的に行う権限を付与。同時に、
その市は、定住外国人政策を義務化
(課題)
都市の発展によって経済・ 社会圏が
一体的になっているにも関わらず、 小
規模自治体の水平連携で対応していた
(取組み)
経済社会的に一体の圏内で「一つの
広域自治体」の設立を目指したが、中
心部だけの合併と広域協議機能創設に
留まった。
その広域協議機能は暫く維持さ れたが
、財源調整などの問題から4年で廃止。
(課題)
広域的な課題に同格の多数の自治
体が、自発的な水平連携で対応して
いたが、 都市圏を中心に、自治体同
士の自主的協力関係づくりでは限界
があった
(取組み)
大都市圏域の発展を促すため、都
市圏の自治体に広域行政関連業務
の相互協力を国が義務付け。
概要
○ 1986年にサッチャー政権がグレー
ター・ロンドン・カウンシル(GLC))を廃
止後、ロンドンは32のロンドン区とシ
ティ(City of London)からなる一層
制の自 治体となった
○ GLC廃止後は、広域的な開発計
画や環境問題などへの対応が十分で
ない等の問題点が次第に表面化。民
間やNPOが参画するパートナーシッ
プも多用されたが、曖昧な責任の所在
や執行力が課題。
○ GLAは、ロンドン全域に係る計画や
調整のみを司る行政体として2000年
にブレア政権下で設立。
○住民の直接選挙によるガバナンスの
効いた組織。
○ 韓国は、中国と経済大国日本との
狭間に埋没する危機感を背景に、経
済自由区域(全6地域)を設立。
○ 2003年に経済自由区域に指定され
た仁川広域市では、経済自由区域庁
を設置し、与えられた権限を生かして
各種法的制限の撤廃・緩和や各種優
遇措置等によって、外国人投資企業
の誘致に積極的に取組み、仁川国際
空港を中心に、知識情報産業団地や
バイオ産業団地を開発。
○ 旧トロント市と隣接5市は、周辺4広
域政府とともに経済・社会政策の一
体性、国際競争力の強化等のためグ
レーター・トロント・エリア(GTA)の広
域行政府を検討。
○ GTA設立は合意できず、旧メトロ地
域の旧トロント市と周辺5市だ けが合
併して現トロント市(1998年) が成立
○ 州政府は、1997年に広域政府の市
長・議員で構成される協議組織である
GTAサービス委員会を設置して、
GTA地域全体の長期的な基盤整備
の戦略づくり等について検討。
○ しかし、GTAサービス委員会を構成
する広域政府と協議が整わず2001年
廃止
(GTA内の広域調整は州政府が担当)
○ オランダでは、1950 年に制定され
た「共同規約法」で地方自治体間の
自発的な協力関係を促進。
○ 「大都市圏7地域※」において 自
治体が周辺の自治体と協力関係 構
築を義務化する行政改変枠 組法を
1994 年制定(都市州の設立可能性
を調査する ことも 目的)
※対象地域:アムステルダム、
ロッテルダム、アーネム・ネイメー
ヘン地域など
○ KANはヘルダーラント州のアーネ
ム及びネイメーヘンを中心に、 他
州の市も加えて構成された
基礎自治体の広域連合
○ 都市州が設立されないまま、行政
改変枠組法は時限立法期限を経過
(アーネム・ネーメーヘン広域公共団体)
大阪府自治制度研究会資料
◎ 海外における広域自治体機能の概要分析
比較項目
GLA (イギリス)
仁川広域市 (韓国)
GTA (カナダ)
KAN (オランダ)
階層
国 ― GLA ― 区
国
― 経済自由区域指定広域市(仁川等)
オンタリオ州 ― [GTA]
― 現トロント市 ― [旧トロント市]
国 ― 州(ヘルダーラント等)
― 広域公共団体(KAN等)― 市
憲法・法
律上の位
置づけ
「GLA法」(1999年)
「経済自由区域の指定及び運営に関す
る特別法」(2002年)
「メトロ・トロントの現在の7つの都市政
府を1つの市にする法律」(1997年)
共同規約法の特別法である「行政改変
枠組法」(1994年)
〔2005年1月1日までの時限立法〕
広域自治
体の
権能と責
務
(GLAの担当業務)
GLAは、ロンドン全域にわたる戦略
計画の策定、総合調整を担当。
⇒ 交通戦略、ロンドン開発戦略、土
地利用計画、市区町村ごみ処理
戦略など
(4つの実務機関)
GLA傘下の4実務機関(交通局、経
済開発公社、首都警察局、消防・緊
急時計画局)が実際の行政サービス
を提供。
(運営管理権限のワンストップ化)
市長直属に設けられた経済自由区
域庁において、各種の許認可権限と
租税・負担金の免除等の特例措置、
都市開発等をワンストップで行う。
(外国人へのサービス義務)
指定広域都市等は、公文書を外国
語により発刊等する等、外国語サー
ビスを提供しなければならない。
(GTAサービス委員会の構成)
現トロント市及び周辺広域4政府(ダ
ーラム、ハルトン、ピール、ヨーク)の
市長・議員で構成。委員は人口区分
により選出される。
(GTAサービス委員会の任務)
GTAのために長期的な基盤整備調
整戦略を立て、地域内交通、ごみ処
理施設等の課題処理を図ること。
(KANの構成自治体)
州を超えた 20自治体で構成。
(通勤圏等でエリアを決定)
(KANの業務)
各自治体から、経済開発、住宅政
策、環境、広域計画、交通・運輸の
5 分野をKANに集約
(達成目標例)⇒2015 年までに
57,000 件の住居の建設
1,000 haのビジネス・パークの創設
2,000haの自然環境・レクリエーショ
ン施設 等
国・州や
市・区と
の関係な
ど
○ 国は、GLAの権限行使に対して指
示を行うことができるほか、GLAが作
成すべき戦略・計画を作成しない場合
は、GLAにその作成を命じることがで
きる。
○ ロンドン区はGLAの作成する計画・
戦略に沿って計画策定や施策推 進す
る義務あり。
○ GLAは直接的な税金の徴収を行わ
ず、課税徴収権を有するシティ及びロ
ンドン区から賦課金を徴収。
○ 国は、経済自由区域庁の運営に要
する経費の一部について支援義務あ
り。
○ 国は、指定広域市等が外国人投資
企業を誘致するために行う住宅、医
療、教育等の基盤施設の整備に係る
資金支援を行う義務あり。
○ 2009年1月、経済自由区域開発事
業実施計画の承認という国の権限の
うち、実施計画の承認等を指定広域
市等に委任。
○ 地方自治に 関する権限は州政府に
ある。州法で市町村や州内広域自治
体構成を決めることができる
○ オンタリオ州政府の主導により、
GTAサービス委員会を設置。
○ GTAサービス委員会の執行委員は
現トロント市及び周辺4つの広域行政
府から人口按分で選出
○GTAサービス委員会の主要な決定
は3分の2以上の賛同が必要
○ オランダでは、自治体の予 算総額
の90%以上は国 財源に依存。
○ KANも運営予算総 額6400万ユー
ロのうち、 95%を国に依存、残りは
構成自治体の負担金
○KANの議会は各市の市長、副市長
議員の中から構成(人口按分)
○KANに委ねている業務以外は各市
で実施
大阪府自治制度研究会資料
ダウンロード

世界の大都市・中核都市の概要 [PowerPointファイル/4.4MB]